« pomeraを買った | トップページ | 自爆^_^;;; »

2009年12月 7日 (月)

兵器のそばで暮らしてる

今日は休み、午前中はいろいろ仕事関係のアイデアを多摩の景色から感じながら、遠回り気味にポタリング。都立多摩図書館までしらべものに行った。
行きがけの9:30JR矢部駅を過ぎたあたりで、相模原市消防本部のレスキュー車が放送しながら走ってる。聞いてみると。

「こちらは相模原市消防本部です。本日午前9:30~午後4:30の間、相模原補給廠において、
焼夷弾の処理作業が行われます。大きな音がするかもしれません………」

へぇーーーーっ、と思いつつ、立川へ向かった。こっちへ帰ってきたのは14時ちょい前。補給廠北裏の細い道を走ってる時だった。

ドズン~・・・・

ほんとに大きな音がした。エッ!!と思って補給廠の中を見やる。しばらくすると遠くの方から煙が上がってきた。補給廠北西部のだだっぴろい場所でやってるようだ。帰ってカミさんに聞いてみたら「ウチでも聞こえたよ。2回ぐらいドン!って」。ニュース見たら4日にもやったらしく非通知だったとか、これだけの音がするのにそれはない。今日は通知の上の作業だが、ウチは知らなかった。市内放送で通知して欲しいもんだ。焼夷弾はこの中に新しく建設される戦闘指揮訓練センター建設作業中に見つかったとか。おそらく第二次大戦中、ここが日本陸軍造兵廠だったころにアメリカ軍が投下したものだろう。80本見つかったとか。ばらけず束のママ落っこちて信管も作動しなかったのかな。しかしこういう爆破処理が、こんな住宅地周辺の基地で行われるのがかなりビックリだった。


兵器のそばで暮らしてることを実感した。

|

« pomeraを買った | トップページ | 自爆^_^;;; »

コメント

米軍から国に通知があれば市でも周知のしようがあるんだけど、内緒でやられちゃうとどうしようもない。それにしてもこわいもんだね。
普天間のことも人ごとじゃない気がします。

投稿: Real Man | 2009年12月 7日 (月) 22時12分

なんだか物騒だなぁ(^^;)
しかし、関東はあらゆる所に不発弾が埋まってるんでしょうね。

投稿: papa | 2009年12月 7日 (月) 22時31分

怖いっすね(@_@;)
内緒でだなんてありえんですねぇ...。

投稿: gin | 2009年12月 8日 (火) 19時28分

>Real Manさん
ほんと連中は爆破処理するんだよね。日本だったら信管抜いて別の所持っていくんだろうけど。小さい頃から基地のそばでジェットエンジンの爆音聞きながら育ったけど、こんなとこで爆発音を聞いたのは初めてでしたわ。

>papaさん
>関東はあらゆる所に不発弾
いやぁ、関西だってそうよぉ。戦後米軍が撮影した空中写真や作戦任務報告書でどこに落としたかわかるから、結構見つかると思いますよ。

>ginさん
>内緒でだなんてありえん
軍に対する考え方が違うんですよね。
ところで今日は真珠湾攻撃の日、職場最寄りの駅前で、そのことを前フリに「憲法9条を大切にしよう」って活動が行われてました。単にイイ子して憲法9条を守ろうっていう論法を感じて、ガキの論理を感じた。国防もアメリカから自立した上、専守防衛(一発目は必ず相手に打たせ、自国民の犠牲は必ず出る)を貫く武徳(外交政策)を覚悟した上でその主張をしているのかがハナハダ疑問で。。。今回の非通知も、日本はナメられたコドモに過ぎないのかなとも思ったりしますわ。

投稿: さかた(Ton) | 2009年12月 8日 (火) 23時47分

相模原補給廠は以前毎年駅伝があって行ってましたが、そんな事が日常茶飯事で行われているのですかね?

基地の外でもちょっと掘ると出てくるのかな?
怖い、怖い!

投稿: 奥武蔵爺! | 2009年12月 9日 (水) 08時54分

>爺!殿
日常茶飯事ではないです。ニュース続報によると、見つかったのは日本軍のものだとか、戦車の焼夷てっこう弾かなぁ。やはり昭和10年代以来の軍都であること、再認識しましたよ。
村上龍じゃないけど、僕はずっと基地のそばで育ってるんですよね。

投稿: さかた(Ton) | 2009年12月10日 (木) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵器のそばで暮らしてる:

« pomeraを買った | トップページ | 自爆^_^;;; »