« カリスマって言葉… | トップページ | あらすじ »

2010年3月18日 (木)

桜の木の下には…

一度はギターってやつ、習ってみたくもなった。
ちゃんともののわかった第三者からダメ出し&次の指針をだしてもらえないと、人前で演っていい芸にならない、オナニープレイにすぎないなぁ、ってのは最近、切に思う

でも、芸事って、
才能ない奴がいくら金かけても、
ドブに捨てるようなもんなんだよね。はっきり無駄。
とりあえず線路から外れないようになるかも、ってだけ。
センスになるほど没頭出来ないのなら、
それすらおぼつかない。
線路から美しく外れられるのが才能だろうし。

まぁ、こっちがドブに捨てたその金で、
ホントの才能が育つんだからいいんだろうけど。

「桜の木の下には死体が埋まっている」んだなぁ。

|

« カリスマって言葉… | トップページ | あらすじ »

コメント

私の屍だと、背高あわだち草くらいしか育たないかも(^^;)

投稿: papa | 2010年3月19日 (金) 16時19分

>papaさん
セイタカアワダチソウって、あれセイタカアワダチソウだけが抗体を持ってる毒をまき散らして、まわりの草花を枯らしちゃうんですよね。すげぇ生命力だと思いますよ。
僕の屍じゃ、逆に枯れます。初心者がこんな文章読んだ時、根性あって「ふざけんな、ばかやろう。てめぇそれが言えるほど上手いのか」って思ってほしいんだけど(その根性がないと「上がり」を克服できません)、シュンとなってやめちゃう人もいるでしょう。芸事道楽ってハマるとほんと怖いですから、あまり僕は勧めません。まぁ人前で芸やりたがる人間は、大体聞かせたがりが多いから、こんなこと書いたって大丈夫とは思ってるんですが^_^;;;。

投稿: さかた(Ton) | 2010年3月19日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の木の下には…:

« カリスマって言葉… | トップページ | あらすじ »