« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

今日で僕、42歳(写真追加)

世間的に言われる本厄(数えの42歳)は過ぎた。
でも厄年だな、とは思う。
家を買って母と同居を開始したこと、これに尽きる。
結婚当初ぐらいから、カミさんとも話していた。僕の大厄くらいのころになにか動きがあるんじゃないか、って。まさにその通りだ。

母(おばあちゃん・77歳)も、認知症とまでは行かないが物忘れが若干ひどくなってきてる。こちらも決まっている息子どもや地域関連の予定などを何度も念を押す。そうするとプライドが傷つくのか「もうわかった!」と腹を立ててしまう。だが午後になると、忘れて自分の動きたいように動いてしまう。それもだだっ子のように言い張って。人生経てしまった余計なプライドがあるだけに、子供より始末に負えない。カミさんもたまらないだろう。こないだカミさんをマッサージしながら話したら「思い出すと腹がたつから、Tonちゃんには10分の1くらいしか話してない」という。一緒に暮らしはじめて1年、やっとぶつかり合いが本番になってきた。嫁姑の女の問題ではない。老いるということと、自分たちの人生との対峙。

これからは今以上に、カミさんとも母とも、くだらんことでもなんでも話すガス抜きが大切になるなぁ。仕事を犠牲にしてまではやらんけど(ここが僕の逃げ場になるのかも)、ただ僕がいるだけでもいいのかもしれん。僕もガマンがきかんからブチ切れつつ(母の息子だから出来ること)、自転車などへのプチ逃避なども織り交ぜながらだけど^_^;;。音楽はもう逃避先にはならん。自分の芸のつまらなさに悲しくなるだけ。でもやめない。まずはスケール&アルペジオで遊んで耕します。

この年でこういうこと経験出来てるのは、人としてはマトモだ。40過ぎてただ楽しいことだけ追い求めて生きているよりは、はるかに充実感や自分の存在価値は感じるな。自分の若さに思い上がらずに済む。もうあっという間に自分も老人になるんだしね。
がんばりません^_^;;。ただたくさん話をしよう、それだけ(^_^)。

〈追記〉
Img_4850 今晩は先日の母の誕生日に味をしめて、また岩橋さん、ぢゃなかったお稲荷さんとお刺身にしました(^_^)。手巻き寿司をやろうか、って案も出たんだけど、それだとあんまり次男坊が食べたがらないので、お稲荷さんになりました。写真はお稲荷さんを作る母とカミさんの手元。ここまでの下ごしらえの間、なんと僕は3時間も昼寝をしてしまった^_^;;。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

ヤモリ好きなカミさん

カミさんはヘビは好きではないが、ヤモリは好き(^_^;)。
かわいいんだって。

小学生まで住んでいた杉並の古い借家にヤモリがいて、僕のマイミクさんの、現熊楠(あらくまぐす^_^;)な義従兄と押し入れ入り込んで、二人で観察してたなんて話あるくらい(^_^;)。

ウチにもヤモリが出る。
キッチンの窓に張り付いてたとか。

夏場の草むしりが大変なので(カミさんだけでなく僕もやる)、カミさん、除草剤を撒こうかとか言ってた。僕は反対なのだが。こないだヤモリの話題になった時、こう話した。「除草剤撒いたら、ヤモリもいなくなるよ」って。そしたら「草むしり大変だけど、除草剤撒くのやめよう」ってなった。カミさん、ヤモリは「家守り」とも信じている。

そろそろ草むしりの大変な季節、生えてくる雑草も調べてみると面白いかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

スケール&アルペジオ

うー、ゲラ(校正刷り)読むの、疲れた(。>0<。)
文字の上で、意識が単なる上滑りをはじめた~(笑)。

こうした家での仕事や家事の合間の、最近のギター遊び(あまりに時間が少ないので、間違ったって人前での演奏が自分で許せるだけの練習とは言えません・笑)は、スケール(音階)やアルペジオ(分散和音)と戯れです。とはいえ、スケールといってもまだ、ダイアトニック、ナチュラルマイナー、ドリアン程度。アルペジオは7th、maj7、m7程度。フォーク系のただ指板でコードフォーム押さえて右手でテキトーに弾くアレじゃなくて、コードトーンのフィンガリングを指板上に探して、まずそれを単に上行・下行で弾けるようにした後、ほぼコードトーンだけ使ってどんなフレーズが作れるかのお遊び。

コマギレ時間の気分転換にはちょうどいいかも(^-^)。
あー、早く校正やるモチベーション戻ってこないかな。
その油売りのためだけの、カキコでしたぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

昼下がりの実弾乱射(^_^;)

立川競輪場で仕事(ホントかよ(^_^;))の某隊長がほぼ突然、昼休みに僕の職場にやってきた。当然おばかさんだから「自転車」で(^O^)。

ふざけたことに隊長は、来るなり実弾(どら焼き)を撃ち込んできやがった(^_^;)。実は今日、僕もジテツー(おばかさんで~す)。帰りの補給食として昼に用意した「甘~~いパイ」をすぐさま撃ち返してやりました(^_^)v。

全く電極観測隊鉄塔隊は昼間から何やってんだか(^_^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

マッサージが趣味です

僕はマッサージが「趣味」でもある。
(カミさんに触っていたいだけなんだろうけど…^_^;;)

カミさんだけでなく、サッカーの試合の後など、長男坊にもやることがある。足の筋肉を心臓から遠いところから心臓に向かってやるだけだけど。次男坊もたまに寝付きが悪いときにやると、けっこうすっと寝たりする(次男坊へはカミさんがよくやってる)。

昨晩は久々にカミさんへのフルコースだった。「こりゃ今日は必要だな」ってときは何故かわかる。肩まわり(肩・肩胛骨のとこ・首筋)からはじめて、「こりゃひどいな」と思ったので足裏と膝下のツボ「三里」、掌。くだらんこと喋りながら、30分くらいかけて。今朝は寝起きがよかったそうです。「うー、また今日も一日が始まるぅ…」って憂鬱感がなかったそうな(^-^)。喜んでもらえるのは、素直に嬉しい。

これ、欲しいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

フロリダの海辺にて

ツィッターでは野口聡一さん、山崎直子さん、直子さんの旦那さんの山崎大地さんのフォローもしてる。

さっき読んでたら、大地さんのツィートで、「いまフロリダの海辺で妻と娘が戯れています」なんてのがあった。何故かこれ読んだだけでちょっとウルッと来てしまった。

数日前のSTS-131ミッションの無事帰還、その後の山崎さん家族の自然に寄り添った様子。これまでこの家族が乗り越えてきたものが、自然に心にシンクロしてきちゃって。

大地さんもこう結んでた。
「地球はいいね」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

いまこそ新婚旅行(^_^;)がしたい

最近カミさんがよく口にすること、

「いまこそ新婚旅行みたいな旅がしたい。
あんな素敵なホテルでゆっくりと
スキーや温泉三昧したい」

って。

ほんといまこそあんな旅ができたら、
すごくリフレッシュできそうだよなぁ。

ウチの夫婦の新婚旅行は、こないだまで冬季オリンピックやってたカナダのウィスラースキー場だった。ビレッジのシャトーウィスラーってホテルにいたけど、いいホテルだっただけに、自分みたいな若造がいることがひどく場違い、分をわきまえてない、似合わない服着てる感じがした。でもいまならもうちょっとあの空間に落ち着いていられる気がする。

結婚当初の、お互いの生活上の姿を勘違いした、つまらん恋愛状態(ウチはなかった。かみさんにとって結婚は家を出る口実だったから)なんかで行くより、10年経た後のほうがよっぽど味わいがあるよなぁ。でもその時は子育ても仕事も佳境で、それどころじゃないのだが(笑)。よく「これからその苦労があるからこそ、新婚旅行がある」なんてのも聞くけど、あんな旅行に支えられてるとは感じないわ。日頃の馬鹿話のほうによっぽど支えられている。

結婚25年ではどこか行きたいな。とはずっと話してる。最初はツール・ド・フランスを観戦しつつの南仏だったけど、最近はドイツにバッハの足跡を辿りに行こうとかになってる。
25年かぁ。まだ折り返し点を回ったばかりだ(^_^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

気分転換

母の本棚が入って、リビングがかなり片付いた。空間が増えてさらに落ち着ける空間になってきた。昨晩もご飯食べた後、ずっと母が使ってきたスチール本棚に入ってた小物類を新しい本棚やカラーボックスの空きスペースに入れる作業を、僕がやった。

これ、かなり気分転換になる。1日仕事でいろいろ気を遣った後、集中して片付けたり、包丁研いだり。おまけにきれいになる。

でも、これが気分転換になるのは、ルーチン的にやってないからに過ぎないんだよね。そこをカミさんが支えてるから気分転換になる。最近仕事が詰まってるので、夕食の後片付けもままならない。心を休めることを優先することもあるし。

舞台や研究で賞賛を受ける人がいる。でもいいものであればあるほど、そのわがままを陰で支える存在が必ずいる。僕はそちらに拍手をしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

相模原駅北口で長蛇の列

通勤中の横浜線内から見えた。なんだろう、と思ってツィッターで検索かけてみた。そしたら相模原補給廠内で今日、東日本国際親善マラソンだって。

奥武蔵爺!殿が以前この補給廠で行われた競技で出てたのは、トライアスロンだっけ。

マラソンって人気あるんだなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

恋人と別れる50の方法

ボール・サイモン「50ways to leave your lover」、じっくり聞いてる。冒頭のコード進行。スティーブ・ガッドのドラムプレイはさることながら、ギターとエレピとベースの和声的棲み分けに唸った。これを数時間で片付ける超一流ってなぁ、すげえわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

根本美緒さん

3月20日頃だったか、いつものように布団の中で朝の二度寝を味わいながら^_^;;;、TBS「朝ズバ」の天気予報を観ていた。僕ぁ、このお天気キャスターの根本美緒さんが好きでして(^-^)。

だがこの日はTVの根本美緒さんの顔、
一瞥するなり僕ぁこう言った。

Ton「ん?? 美緒さん、妊娠したか?」
カミさん「え? そお?」

その後、当分「朝ズバ」を観られずにいて4月に入って観たら、なんとキャスターが代わっていた。大変ショック(T_T)。これは好みの問題だし、新しいキャスターさんもその人らしくがんばって欲しいところ。だが、カミさんとも「天気予報のどこを強調するかの視点、根本さんよかったのになぁ」とも話した。で、wikipediaで「根本美緒さん」を調べてみたら。

なんと「妊娠降板」でしたぁ^_^;;;;。

いまこの記事アップしようとして、はじめてしっかり根本美緒さんのブログ見てみたら、写真によっては結構もうお腹大きいのね。だけどこの朝の天気予報では防寒にしっかりコート着てるので、体型からはわからんかった。でも結構僕、こういうカン鋭かったりする(このスケベっ^_^;;)。それと、毎年の年賀状ぽっちからでも、様々な家の家族関係の変化を、かなり感じる。3/3には発表してたというけど、そういう情報興味がないのでぜんぜん知らなかった。年末に結婚して、早いなぁ。きっとしっかり基礎体温記録して「することしてた」ねぇ^_^;;。

妊娠・出産は早い方が絶対いい。産科医学が進んで出産可能年齢はかなり上がっているが、命がけの大事業であることは変わらない。こと体力だけの面では20代前半で出産・子育てするのがベスト。だけれども僕らから下は、いろいろ自制できる大人になるのが本当に遅い。社会出てしばらくたった30歳が本当の成人年齢といっていい。そうでないと「人の親、子育て」なんて「我慢が肝要な仕事」、できないもん。

根本美緒さん、幸せに、いいお母さんになってくれること、祈る。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

カーペンターズ

今更ながらカーペンターズが聞きたい。

昨晩、リビングでぼーっとしながら、夕飯の後片付けをするカミさんと、改めてカーペンターズはすごい、って話しになって。シンプルでしっかり出来た曲にあのカレンの声、これは時を越えるね、って。

ベスト盤、今日にでも買っちゃいそうだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

思い上がらずに済む

Img_4795 ウチのリビング、とうとうここまで片づいた。1年前の状況がこれ。おばあちゃんもがんばった。カミさんもがんばった。そして僕もがんばった。息子どもも成長している。

この食器棚や本棚の納品でもいろいろあった。納品時間がおばあちゃんのもとに連絡が来たのだが、おばあちゃんの伝達ミスで昼飯の時間に納品に来たり(それでも「私はちゃんと伝えた」と言い張る)、本棚の棚板を載せるダボが1棚分見当たらず、おばあちゃんに聞いても「最初からなかった」と言う。追加で家具屋に届けさせたら、仕舞い込んだのをおばあちゃんが忘れていて出てきた^_^;;。だからあったのに家具屋に「ない」ってクレーム入れたことになっちゃった^_^;;。

昨晩カミさんと洗濯物畳みながら、カミさんが言った。
「でも、責められないよね」って。
(こう言ってくれるカミさんにホント感謝)
これも将来の自分像に過ぎないんだもん。

子育てしていてもそう。出会うのは「いかに自分が、キモチヨクこさえた(特に射精すれば済む僕にゃ物理的に産みの苦しみはない^_^;;。出産に立ち会って「痛そーだなぁ」と腰さすりながら他人事で眺めているだけ)子供のことなんかより、自分の快楽や自己実現の満足を求めたがる自分勝手か」という、道徳的(←あー偽善的なヤな言葉だこと・笑)には大変フザケた自分像。

だけど僕は愛をたっぷりうけて育ってきた幸せ者だから、胸を張って言う。こうして年寄りと暮らし、子育てをすることで、「自分に思い上がらずに済む」って。僕ぁ単なる人糞製造器にすぎないが、生きてはいる。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

フォーレのレクイエム

ジョン・ラッター盤。夕飯の後片付けしながらという、大変不謹慎な状況下だけど、いいよお(ToT)。
いいものは何してたって乗り越えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

Paul Simon「Greatest Hits,etc」

アルバムタイトルにtheつかないんだった(^_^;)。
僕ぁ冠詞の使い方めちゃくちゃだ(笑)。

いま聴きつつ通勤中(で携帯で記事書いてる)。このアルバム、浪人時代に100回以上聴いてる。だから一曲終わりそうになると、自然に次の曲のイントロが、耳の奥にだいたい流れ出す(笑)。みんなつながってら~。

それにしても、これ聴いてたころ、僕ぁ暗かったなぁ。失恋と浪人が重なってたからなぁ(^_^;)。失恋って思いっ切り自分像や生き方の考え直しを突きつけられるしね。いまカミさんを大切に思えるのも、いい失恋をさせてもらえたおかげと思う。息子たちも、下手な恋の成就より、いい失恋、してほしいな。

今はこれまでの失恋すべてに感謝してる。僕が好きになった女の子、みなシンの通った内面から美しい人ばかりだったし(僕が意思薄弱だから好きになってたりして(^_^;))。「Still Crazy…」な部分はどこかあるね(笑)。つくづく僕ぁ「名前をつけて保存」な男の子っす(^_^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

自転車通勤、再開

今日、今年初の自転車通勤をした。
朝起きて「この気温だったら行けそう」と感じたから。

僕は「2割の力、歩くように走る」が信条だからほんとトロトロ。やっぱり乗ってみると気持ちいいね。ちなみに78.791km、、これ今年入ってたった今までで、クロスバイクの方に乗った距離。でも、楽しければいいのだ(^^)。明日もやろっかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

自分だけのための時間はないけど…

ウチのおばあちゃんの食器棚が今日納品された。リビングに残った最後の段ボール箱が片付いた(^_^)。明日は新しいダイニングテーブルと母の本棚の納品。さっきまで僕・かみさん・おばあちゃん・息子たちで協力して、本を一旦出したり、スペース空けたりの仕込みしてた。

職場は土曜日から三連休したけど、純粋に自分のために使えたお休みはゼロだったなぁ。持ち帰りの仕事もしてるし。けれども30代はじめのころほど、それがつらくないのが不思議。

いまもホームセンターに家具の地震転倒防止用の突っ張り棒を買いにいくところ。洋服選んだりするのは嫌いで面倒くさいだけなのだが(こんな奴、ステージパフォーマーには絶対向かんわ(笑))、ホームセンターで工具や材料みたりして、あれこれ工作を夢想するのはたまらなく甘美な時間。癒されてきま~す(^O^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

高校の頃のまんま

いま、カミさんは、子供部屋の長男の机で読書。僕はPC部屋&僕中心書庫ととなってる仕事部屋(納戸)で持ち帰り仕事。僕ら夫婦はこうして、各々自分のやりたいことを勝手に深めてるのが好き。お互いほったらかされる方が楽。

この雰囲気、お互いが海老名高校のフォークソング愛好会(いま部になってる)にいた頃と一緒。練習日は互いが別の教室で好きなことやって干渉しない。あの時のまんま。懐かしく、嬉しい。

さて、また、仕事に戻るか。

今月は来月出る雑誌の編集月、そこに今日、幼稚園行事(相模原市桜まつりに幼稚園の鼓笛隊の一員で次男坊が演奏)で休みとっちゃったからね。昨日は祖父母の法事でクルマに母乗せて品川・八王子と走り回り、明日は母の注文した食器棚の納品。そのための仕込みもこの後待っている。でも、ずっと家事や仕事してたらパンクするわい。もうひとしきり仕事したら、ちったー散歩に行こっと(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さだまさし「夢の轍」「風のおもかげ」

この2枚のアルバム「夢の轍」「風のおもかげ」、さだまさしさんの80年代初頭のアルバム。最近の僕にはかなりヘヴィローテになってる2枚。

あくまで私見(芸ごとの評価はそうだろうけど)だけど、妙に明るいところもなく、ひたすら淡々と沁みいってくる。茶碗を洗いながら、持ち帰りの仕事をしながら、じわっとくる。
特に「風のおもかげ」所収曲からは「向い風」「孤独(ソリティア)」を、僕はソロギターアレンジして味わってる。「安曇野」は、シンドウアツコさんの「大糸線の走る町」に比べて、同じ場所を描いているのにまったく色合いが違うことが違和感なことを、以前ブログにも書いてるが、モチーフとなった場所と曲風景との関係など、どうでもよくなった。いい曲(^_^)。

当時好きだった女の子との話題にしたくて、さださんを聴き始めた頃の2枚。でも僕はさだまさしさんで、アコースティックギターに、そしてギターを2本重ねて膨らむギターアンサンブルの方にも、長い長い恋に落ちてしまった。音楽って、聴いていた当時の恋や思い出と密接に結びつくから、当時の心の痛みともリンクしているのかもしれないけど、あのときの歳の倍以上生きて、味わいもかなり変わってきている。

昨日聴いててぐっときたのは、「夢の轍」の方の「片おしどり」。母と同居を開始して聴くと、この曲の色合いは全然違う。母のこれまでの人生は、この歌の主人公のおばあちゃんほどかわいらしくはない。ここまで父のことを芝居じみて愛しちゃいないし。いかにも「男が作った女性主人公の曲」とは、感じないこともない。ただこの曲の一節にある「働くだけの日々を 過ごしてふと気づけば もう自分で歩けないほど年老いてしまった」ってところ。杖をついて歩く現在の母の姿と、これまで僕が息子として見てきた母の人生、孫たちとこうして暮らす日常とが相まった。「あ、生活の中のこの風景か」と思って、ぐっときた。

さだまさしとポール・サイモンは、その詞が、僕の人生経験のいった先で待ち受けてることが多いアーティスト。この二人は僕にとって別格だな。「うた」を聴く上での僕の故郷なんだろう。この2枚のアルバムは、たとえアーティスト本人の評価が低かろうと^_^;;、僕にぁフェイバリット。頼むからポール・サイモン「The Greatest Hits Etc」みたいに、アーティスト本人があまり気に入らなくて廃盤しちゃうなんてこと、お願いだから、しないでちょうだい(笑)。

余談
ポール・サイモン「The Greatest Hits Etc」、こうやって書いて気になったのでAmazonで調べたら、中古版で1440円なんてお値段で、ありましたぁ!! 盤の状態は「良」だけどわかりゃせんだろう。でも承知でポチしちゃいました。ほんとに側に置いておきたい一枚だもの。このアルバムで「Slip Slidin' Away」「American Tune」が聴きたいっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

「まさに俺!」なキーホルダー

Img_4794 これ今日(4/3・土)、中央高速道石川PA(下り線)で発見したキーホルダー。大爆笑して反射的に購入してしまった。まさに銭湯のケロリン洗面器、そしてカミさんをこよなく愛する「俺!」向きじゃないの(^_^;;;)。ほかにもカップ麺のどん兵衛のパッケージをパロった「すけ兵衛」とか、いろいろあって大笑い。3つぐらい買いたかったけど、あえてこれ一つに絞りました(笑)。
他にどんなのがあったかは、「石川PA キーホルダー」でググると、これを記事にしたブログに当たります。なんかリンク張るのが憚られたので、こんな形で恐縮です。売り物の写真を撮るのも憚られたので撮れなかった。。

で、早速、メインギター「サンタクルーズ Model F」のケースに付けました。これでさらに女性は近寄りたくなくなるだろうなぁ。まぁ洗練された知性と美意識の○蛸○りおの中で、僕は唯一痴性派なので、いいのではないかと思いま~す^_^;;。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

ハ、ハズカシながら…、さ、三人目

デキちゃいました(^_^;)

子どもって、かわいいんだもん。

そ、それと…

僕、カミさんのこと、大好きすぎて…
つ、つい気持ちよすぎて(^_^;)、間に合わなくて……

め、メンボクない…(^_^;)。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »