« ホームページ「Ton's Tones」閉鎖します | トップページ | 野生のサルに会った(久々の半原越) »

2010年5月31日 (月)

20100531コーヒー初ソロ焙煎(まだら焼けかなぁ…)

Mamezen Mame1 Mame2




コーヒー初焙煎、挑戦してみました。やっぱり「まだら焼け」っぽいでしょうか?(>調さん) 注意したのは最初の2分の豆色の変化と、1ハゼ・2ハゼの音の変化のみ。それ以上は余裕がないっ!(笑) やはり業務用のEMのコンロに比べて、火は近めでよさそうです。

さて、飲んでみました^_^;;。。

「苦味強~っ!!」

調さんのところでホウロク振らせていただいたマラウィ「レイク・マラウィ」のような、奥のほうに感じる甘みがないっ。にしちゃったかなぁ(笑)。いつもより細かめに豆も挽いたんだけど、次飲むときは若干粗めに挽いてみようか。それともう少し浅めの焙煎(2ハゼ入り口ちょっと入ったぐらい)で止めるか。まずはこのリントンマンデリンでいろいろやってみよう。

|

« ホームページ「Ton's Tones」閉鎖します | トップページ | 野生のサルに会った(久々の半原越) »

コメント

左の写真を見る限り、ちょっと焦げてますね。
攪拌が足りないか豆の量が多すぎるか?

家庭用のコンロなので、焙烙の能力いっぱいの生豆250gを焙煎しようとせずに、150~200g程度の量に抑えて、攪拌優先で振りやすくしてやってはどうでしょうか?


苦いのは、豆が焦げてる所為だと思いますよ。

投稿: 調 | 2010年5月31日 (月) 11時46分

たぶん・・・1ハゼ以降の火が強すぎる状態になってて、それで焦げているんじゃないかな?

投稿: | 2010年5月31日 (月) 12時00分

>調さん
写真載せてよかった。弱いと思った火、近すぎたんですね。それで焦がしたな(笑)。

豆は150gでやりました。失敗するのは目に見えてたし^_^;;、焙煎回数こなせたほうがいいかと思って。

ハナから上手くできるわけないので、次の課題ができました。また写真載せますね。すみませんがご指導ください

投稿: さかた(Ton) | 2010年5月31日 (月) 12時38分

職人技的なこと好きだよねぇ~、趣味だなぁ♪コーヒーは主に近所のスーパーのオリジナル商品をお店で挽いてもらってます。大は小を兼ねるってことでエスプレッソ用に細かく、フレンチプレスをメインにしてた頃は粗めに挽いてもらってたりもしたけど、最近はペーパー、エスプレッソ、水出しがメインなので細かめで、これからは水出しコーヒーと思っててたらポットの口を割ってしまった。エスプレッソは職場の後輩の結婚式の引出物で(商品指定通販型)ゲットした奴を愛用している。水出しコーヒーは時間がかかるのでマイナーだけど濃いアイスコーヒーが簡単に作れるのでお気に入りです。もちろん加熱して飲んでも美味。一度、水出しコーヒー用にってお願いしたら「???」って反応をされてしまった。おそらく豆挽く機械にメニューが無いのだろう。タリーズコーヒーでエスプレッソ用に挽いてもらったらとっても滑らかに挽かれていました。チェーン店とはいえやっぱスーパーとは違う♪直前に挽いた方がいいと聞くので何度か買おうと思ったんだけどいまだに買ってません。水出しコーヒーポットが割れてしまった。コーヒーミルって手入れ面倒じゃない?

投稿: 近藤 | 2010年6月 4日 (金) 23時38分

>近藤
ミルはあったほうがいいよ。お店で挽いてもらった瞬間から、酸化速度が速まって、味や香りが落ちていくから。

ウチはミルは手挽きのもの使ってます。一気に淹れても3人分くらいだし。落ち着いて飲むのは週一くらいだから、挽くのが疲れるor大変って感じたことはないです次男坊がおもしろがってクランクまわしたがるね(^^)。

手入れの手間とかも感じてないっす。東急ハンズで試験管掃除用のブラシ買ってきて、上から刃の部分を掃除するぐらいだよ。こんな手入れじゃダメなのかはよくわからんけど。

>職人技的なこと好きだよねぇ~
そうだね。ギターも音楽を愛しているというより、道具としてギターをどうしっかり使うか、ってところが僕には面白いんだと思うわ。照明お手伝いとかもそうなのかも。多分にM町的な部分、僕も持ってるね。彼も下手すっと、知ったらコーヒー自家焙煎、始めそうな気がするわ^_^;;。彼の家のコンロIHだから、七輪買ってきて炭火焙煎とかやりそう^_^;;;

投稿: さかた(Ton) | 2010年6月 5日 (土) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20100531コーヒー初ソロ焙煎(まだら焼けかなぁ…):

« ホームページ「Ton's Tones」閉鎖します | トップページ | 野生のサルに会った(久々の半原越) »