« 20100609焙煎記(これでも飲めらぁ^_^;;) | トップページ | 自転車は転ぶ乗り物 »

2010年6月12日 (土)

「孝行のしたいときには…

親はなし」とかいうけど、俺、もうこれまでに十分に親孝行してるからなぁ。もういいや。親父が死んだときも「こうしてやればよかった」とか思ってないし。その後、無能にも親父がほったらかしにしていた相続も、きっちり片付けたし。

なのになぜ今日、仕事の関連の見学会でなく、母の胃カメラ付き添いなんか選んじゃったんだろう。大人なのに。。つくづく俺ってバカだなぁ。

もっと若いころ、もっと如実に親に迷惑かけとけばよかった。そうすればいま孝行したくもなるけど。もう十分っす。「ヤンチャなこと、したいときには親、老人」だよ。ヤダヤダ。

|

« 20100609焙煎記(これでも飲めらぁ^_^;;) | トップページ | 自転車は転ぶ乗り物 »

コメント

>なのになぜ今日、仕事の関連の見学会でなく、母の胃カメラ付き添いなんか選んじゃったんだろう。大人なのに。。つくづく俺ってバカだなぁ。

はっはっはぁ~
この感覚、同じだぁ~

私も、実、義理、両方の親に尽くしてきたので、もう勘弁ですわ。

実の親には、子供のころ面倒見てもらっていなくて、高校を卒業した18歳以降、経済的な援助もまったく受けていませんし、義理の親にいたっては、彼らがこさえた多額の借金を肩代わりして、完済しましたので・・・・・
それに、病めばそれなりのかかわりはしてきました。
親に対しては、貸しはあっても、借りはないぞ!見たいな感覚ですよ。
孝行してきたので、もう良いって思っちゃいけんのかなぁ~と、常に思いながら、それでも出来ることは出来るなりに、ついつい・・・です。

投稿: 前様 | 2010年6月12日 (土) 12時53分

>前様
僕はありがたいことに、それなりに両親に愛して育ててもらいました。「その恩返しだ」と書けばイイ子なんだけど、もういいや^_^;;。なのにこんなこと書いたら不遜は承知で、あえて書きました。こういうこと書こうが口にしようが、「自分が動くべき」と心が判断したことは、僕は具体的にやりますもん。こういうこと思う自分も含めて「僕」。エエカッコはしません。

>もう良いって思っちゃいけんのかなぁ~
思っちゃうもんは、思っちゃいましょうや(笑)。でも具体的に「やるべき」と思ったことは、しっかりやってんですもん。きれいごとや「べき」論ばっか言って、実際動かない輩とは違いますから。

>出来ることは出来るなりに
前様相手じゃ、Drも素人相手のつまらん言い逃れ、できませんからね。僕も医者は「人体・病が対象の学者の一種」としか思ってませんので、全然怖くありません。
やっぱりムンテラは一緒に聞いてきて正解でした。母にわかるように説明したら1時間はかかりますもん(こういうのって「医者は学者」だから不得手っすよね)。ほかにも患者さんいるし、病院が商売になりませんわ。それにおばあちゃん、すぐ忘れちゃうし^_^;;。
聞いたことその場でポメラでタイプアップして、Drに再確認。ウチでプリントアウトして、長男坊の『人体の図鑑』の消化器の図見せながら、さっきゆっくりと説明しましたよ。

投稿: さかた(Ton) | 2010年6月12日 (土) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「孝行のしたいときには…:

« 20100609焙煎記(これでも飲めらぁ^_^;;) | トップページ | 自転車は転ぶ乗り物 »