« 昭和の記憶 | トップページ | 調さんのコーヒー模範焙煎 »

2010年6月 5日 (土)

ギターの基礎練習法が知りたい

僕のメインギター、サンタクルーズをケースから出して置くようにした。これから梅雨時、ケース入れっぱなしはよくない。かわりにサイレントギターが、サンタのケースに入ってます(笑)。
次男坊も五歳。変にイタズラして壊すようなことももうないだろうし(こんなこともありました(^_^;))。サンタを常時触れるようにしたい、ってのもある。

出してる部屋は書庫兼仕事部屋の納戸。地震対策はあまりしっかりしていない。地震で荷物が倒壊・落下したら、たぶんサンタは餌食になるだろう。それも覚悟した。
上には上があるのは百も承知だが、ほんとうに僕のサンタはよく鳴る。僕には過ぎたギター。だからタッチや消音が甘いと単なるじゃじゃ馬。常時触れて仲良くなってないと弾けない。サイレントとサンタじゃネックフィーリングがかなり違う。いくらサイレントで運指覚えても、サンタでは左手も右手も、タッチが甘くなってしまう。

いま出来るだけ仕事と家族に、使う時間をシフトした。センスは一朝一夕には決してできない。ちゃんと仕事の方に時間かけないともういかん。でも1日15分ででも、「正しい練習」をして、いい音をこのサンタから出してやりたい。
その正しい基本練習だけでもまずはひとつ、誰かに習えないかなぁ。それ以外は時間作れる自信がない。他人様に聞いてもらおうなどいう、ふざけたことは思わない。
ただ、いまは、このギターからまともな音が出してあげられるよう、耕しておきたい。そのために毎日出来る、まずはたったひとつのことが知りたい。

|

« 昭和の記憶 | トップページ | 調さんのコーヒー模範焙煎 »

コメント

ん~~正しい練習っていう視点自体が既に視野が狭まっていると思うな。

基礎練習の『基礎』って何だろう?
アルペジオ、スラー、スケール?

その人のスタイルや求めている道によって基礎と定義されている物が大きく違う。
例えば伴奏中心だったらアルペジオとストロークが基礎奏法となるし、メロディー奏者だったらスケールがメインとなるし。

Tonさんの求めている道(スタイル)によって必要な基礎が違ってくる。まずはそこを明らかにする事が先決だと思う。

投稿: italica | 2010年6月 5日 (土) 21時26分

>itaちゃん
うん、そのとおりだと思う。自分ひとりでいろいろ考えてやってきたけど、先生に習いつつだべりつつ、それを探してみたいなとも思えてね。自分ひとりで考えるだけじゃなくてね。「もう音楽やる必要もねぇな」って答えも出てくるかもしれないけれど、それはそれでいいかもしれないしね。

ソロギターも面白いし、アンサンブルも面白い。欲張りなんだよな、僕は。でももう、それはできないものね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年6月 5日 (土) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギターの基礎練習法が知りたい:

« 昭和の記憶 | トップページ | 調さんのコーヒー模範焙煎 »