« 高校時代の思い出曲 | トップページ | Ton's Tone »

2010年9月26日 (日)

長男の冒険ソロサイクリング

今日の晩ご飯は水餃子だった。テーブルに餃子の皮を並べ、カミさんが具を盛ってゆく。僕もいったん史料読みを止め、宿題終えた長男と包むのを手伝う。長男はすでに3年生でこれくらい包める腕前はあるので安心。次男坊は発熱に苦しみつつ、テレビの部屋でねんね。
ところで宿題やる前、長男は自分で約束した帰宅時間を大幅に遅れて帰ってきた。「お帰り! オオウソツキ^_^;;」と言ってやった(息子ニソレ言エル資格、俺ニアルノカナ^_^;;)。大幅遅刻の理由は、なんと長男の野郎、

JR横浜線成瀬駅周辺まで友達と自転車で行ってやがった。カシミール3Dで計ったら直線距離でおよそ10km。道に迷ってウロウロしたろうから、往復で30km近く走ってんじゃないか(笑)。この、愛すべき大馬鹿者めっ!!

町田付近まで行って道に迷い、道を聞いたらなんと長津田方面を教えられたそう。で、たどり着いたのが成瀬^_^;;。JR横浜線沿いに行けば帰れると思ったが(いい知恵だ!)、線路沿いに帰れる道などない。さすがに焦って大人に道を聞きまくった(素晴らしい!)。聞かれた大人もどこに帰るか聞いて呆れたろう(笑)。友達とも「どうしよう」と口論になる(笑)。そのうち境川にたどり着いた。そこで長男は「境川は淵野辺の辺りから江ノ島の方まで繋がってる」って僕の言葉を思い出した。そこからは境川沿いに走って帰ってこれたそうだ。これ、餃子の皮包みながら、長男が話してくれた。

僕も自転車好きの男の子として、はっきり痛快だ! 「よくやった」とも言ってやった。長男の通う小学校には「学区以外に自転車で出てはイケマセン」なんて校則があるが、ク・ソ・ク・ラ・エ・と思う。そんなもん守ってたら、バカにしかならん。だから「とにかく車や歩行者に気をつけろ!」と言って、あえて止めはしない。だけど、事故のこと考えると、たしかにた・ま・ら・な・く・心配。むろん怪我だけでなく(もっと重大な心配は文字にすらしたくない)、いろいろなものを傷つけた場合の補償。父親である僕自身が、先日大失敗してる大馬鹿者だもん。しかし知恵というものは切羽詰まらないとつかないのは、大人も子供も関係なく誰しも同じ。長男はいい経験したと思う。餃子の皮包みながら、上記の賞賛から親としての不安までは全部、包み隠さず^_^;;;長男に言った。

僕も自転車ではやんちゃだったから、同じように走り回って知恵をつけてきた。地図の読み方も身体で覚えた。心配は心配。めっちゃくちゃに心配。だけど哀しいかな男の子は30歳まで無事に生きながらえるなんてのは奇跡なのだ。母親の包み込む愛情はカミさんに任せる。父親としてはそのあたりいい意味で諦めて、わかってやらないと、ホントに息子がバカになってしまう。自分の失敗したときのこと含め、保険にはちゃんと入っておこうと思う。何かあったとき、誠意がまず第一だが、とりあえず実効力を持つのは哀しいかな「お金の力」だ。

|

« 高校時代の思い出曲 | トップページ | Ton's Tone »

コメント

「もう帰れないかもしれない…

っていう絶望感と戦うのがいいんだよな~。
子どもにとっては真剣勝負だもん。(@_@;)

投稿: JIRO@迷子人生 | 2010年9月27日 (月) 09時57分

こういう時に褒めてあげれる父親って・・・

ステキ!

爺!もガキの頃自転車乗って新宿あたりまで行って訳判らなくなったこと思い出したぜ!

投稿: 奥武蔵爺! | 2010年9月27日 (月) 11時10分

境川に辿り着いてラッキーでしたね。

自分も小学生の頃、思いっきり迷ったことがあります。今思うと古淵付近で目と鼻の先なんだけど。

自分の場合は町田街道に出て、それで何とか暗くなる前に帰って来れました。

しかし、これ、嫌な思い出です。

というのも、自分は叱られなかったんですが、一緒に行ってはぐれた友達の方が、なんで一緒に帰らなかったんだと叱られたらしい。それで、後で嫌みを言われて苛められました。

誉めてくれるような父親もいなかったですしね。

投稿: dog_song_jack | 2010年9月27日 (月) 11時30分

僕らの頃とは車環境が全然違って、交通量が多くなってます。同じ考えではきっと危険。でも、この環境の中で息子どもは将来一人で生きて行かなきゃならない。いい経験積んで欲しいと思います。

>JIROさん
>「もう帰れないかもしれない…」
ほんと真剣にそう思ったろうね。学校のテストなんかと違って、本当に危険がある。正しい答え出さなきゃ事実として帰れない。だから、他人にも本気になって「尋ねる」よね。これ「味しめそう」だよなぁ。走った後は知恵になってるから、その先行かないと面白くない。どんどん遠くなっていくんだよ。こっちがいい子離れしてやらないとね。

>爺!殿
自分が約束した時間に大遅刻したことは叱りました。でも、僕も自転車に関しては正真正銘の男の子。そこまで行って僕を電話で呼び出したりもしないで、自力で知ってることを総動員して帰ってきた。そのうれしさの方が勝っちゃいました。しょうもない親父です。

>ガキの頃自転車乗って新宿あたりまで行って
そうだ。爺の子供の頃だとまだ新宿副都心でなく「淀橋浄水場」なんですよね。路地が多いから、方向感覚なくすのはうってつけの場所ですものね。

>dog_song_jackさん
この友達は、お母さんにバレたら間違いなく叱られます。というのも、先日同じ友達と下九沢方面に行って、友達はお母さんに叱られたんだそうです。長男がそのお友達に聞いて、お母さん(僕のカミさん)に報告してました。それでもその友達は、またパートナーにウチの長男選んで、もっと遠いところに行ってしまう。男の子の好奇心って止められないんですよ。止めただけ火に油注いでしまう。女から見たらバカ。でも、それが男気質の人間の、知恵の付け方なんだと思います。本や言葉からではなく、やってみて知恵にする。僕はそっちの方がたまらなく好きですね。

ほんと早いとこ、保険入っておかないとなぁ。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月27日 (月) 18時19分

うん!素敵だなぁ
女の子じゃこういう冒険しないですもん
母になってもアドバイスもできなくっておろおろ心配してるだけです。
息子は。。そういう自転車の乗り方しなかったけれど
でも高校の修学旅行の自由行動でひとりで長崎の島原までいってきました

どうしても見たいものがあったそうでよく先生も許してくれたなっておもいます。

ときどきふらっとそういう旅をしています。
男の子って・・ほんと・・・考えるより行動しちゃうのねぇ!

でもいい体験してますね
頼もしいな!!

そう、、親は。。万が一の保険を検討するくらいなのかしら。

投稿: ねも | 2010年9月28日 (火) 19時07分

>ねもさん
>女の子じゃこういう冒険しないですもん
でも、感情の発達では女には敵わないなとも思います。僕が中学から高校時代に好きだった女の子、ふと電話で話しているときに聞いた「理性は感情に負けるよ」って言葉。18でこの言葉を言えるってのは、やはり女性だなとは思いますね。この子のこと、カミさん全部知ってます(^_^)。心のやりとりでは一日以上の長が女性にはあります。はっきりまだぼくは、今も、お馬鹿さんです。

>母になってもアドバイスもできなくって
心や無条件の許しじゃ敵わないけど、こういうときのために父親っているんでしょうね。

>どうしても見たいものがあったそうで
>よく先生も許してくれたなっておもいます。

「本当の好き」って「人を動かす力」がありますね(^^)。
長男のサッカーもしかり、何とかしてあげたくなる。

>考えるより行動しちゃうのねぇ!

ついてるものの性別でなく、男的・女的。
男的な人間はこうなるのかなと思います。

>親は。。万が一の保険を検討するくらいなのかしら。

ほんとそうですよね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月29日 (水) 00時04分

#もう帰れないかもしれない・・・

成瀬とは随分と遠くまで行ってしまったもんだね。自転車はそこそこ遠くまで行けてしまうからね。境川の話をしてるとことかは坂田らしいなぁ。それを〇〇が思い出したってのも父親としてはさぞかし感動しただろう。

#境川

なんか、高校時代に2人で川沿いを上ってるつもりで下ってた事があったねぇ。俺達は小学生の〇〇以下だったってことだ♪

投稿: 近藤 | 2010年9月29日 (水) 23時20分

>近藤
>父親としてはさぞかし感動しただろう。

うん。何より嬉しかった。
これ言えば怒らないだろう、って計算でもいい。
バカ親です。

>高校時代に2人で川沿いを上ってるつもりで下ってた

僕は橋の上から流れを見間違えたのっ!^_^;;
夜だったしさ^_^;;;
なんでわかってて教えてくんないの(笑)? アホ~っ(笑)。
いやほんと、あれはウチの長男坊以下でした(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月30日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長男の冒険ソロサイクリング:

« 高校時代の思い出曲 | トップページ | Ton's Tone »