« 疲れた | トップページ | 先輩方がやってた曲 »

2010年9月24日 (金)

家、帰りたくねえなぁ

どっかの坂バカさんじゃないけど

帰っても、寝床で電気消したら叫びだしそうで。
カミさんの安眠妨害でしかない。

|

« 疲れた | トップページ | 先輩方がやってた曲 »

コメント

雨降ってきたから、家にいます。ただリビングに布団おろした。ここなら叫んだって、おばあちゃん耳悪いから、それほどよく聞こえねぇしね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月24日 (金) 23時22分

叫び出したいほどとは…

家に帰りたくない理由が「家族に迷惑掛けたくないから」というのがさかたさんらしいですが。

投稿: dog_song_jack | 2010年9月25日 (土) 09時29分

解っちゃいるけど…帰れない訳ないね。

投稿: italica | 2010年9月25日 (土) 20時54分

>dog_song_jackさん
>叫び出したいほどとは…
『菅原伝授手習鑑』ではないですが、「すまじきものは宮仕えじゃのう」とは感じなくもないです。一人っ子の自分の、気の弱さも感じます。もっと反射的にやりあっていければいいんだけど、身体にそういう感覚がない。考えてるうちに遅れていきます。もう42になっちまいましたし、根本的にはそんな自分とつきあい続けていかなくちゃならない。誰も悩みは抱えてますが。
一つ決断はしました。まずはそう進みます。

>itaちゃん
家はいちばん安く夜を越せる場所だからね。
女性って(僕のカミさんだけなのかもしれないが)、不思議な存在だ。僕なんかだと、自分の仕事を通しての社会的な自分の存在価値、給料の高い低いで家族に対する自分の存在価値とかを計りがち。だけど、カミさんにとってはそんなとこにあまり価値はない。お金が足りなければ自分で稼ぎに行くし、何馬鹿なこと言ってんの? って。善悪含めて全身全霊で生きられる、つまりは「愛のある環境」であれば、ものすごく自立した存在でいられるんだよね。息子たちもそんな感じ。まずは僕は生きていればいいんだろうね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月26日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家、帰りたくねえなぁ:

« 疲れた | トップページ | 先輩方がやってた曲 »