« 先輩方がやってた曲 | トップページ | 長男の冒険ソロサイクリング »

2010年9月26日 (日)

高校時代の思い出曲

さだまさしとサイモン&ガーファンクルは除外。
これは僕にとって特別だから。あげきれない。

中3の4月に誕生祝いで、12500円のフォークギターを買ってもらってハマったアコースティックギター。いろいろコード覚えていちばん楽しくなってた高校1年。フォークソング愛好会の存在は知ってたけど、何故かすぐには入らなかった。そんな中、文化祭というときではなく、校舎の中庭でイス並べて歌って聞かせてた先輩、B田さんがいた。当時バンドとかは結構不良的で先生方から毛嫌いされていた。だから生でギター弾いて歌っている。それだけですごく素敵なことに思えた。そのとき歌っていて印象に残っているのが下にYouTubeであげた曲、「甲斐バンド/東京の一夜」。

Am→G→F→E7の典型的コード進行でシンプル、その先輩歌もうまいしストロークもソフト。ものすごくパフォーマーの才のある人だから、とても印象に残っている。

その後、高校1年の文化祭で、フォークソング愛好会のライブ会場である教室に足を運んだ。たまたま歌ってた女の子、それがカミさん。そのとき歌っていた歌がこれ。「井上陽水/カナリヤ」。

とても歌とギターの総合力が印象的だった。結局高校2年直前の1月に、僕はフォークソング愛好会に入会した。カミさんはその後数曲、オリジナルを作って歌ってた。オープンハイコードの使い方も上手いし、ストロークの音が綺麗。何より詞や曲のセンスがよかった。結婚していろいろ話するようになって、やっとその歌の背景にあったものが理解できた。
当時のカミさんのオリジナルをたまに弾いてみせることがある。

「♪巨大な~舟になって~ 沈み~そうだよ~」とか^_^;;
「♪私は今日も学校から帰り
   チャンネルガチャガチャ回すのよ
    だっていつもあたしテレビの前では真剣よ
     何にも知らない あたしを~救って欲しいから」
とか^_^;;;

そのたびに「よく覚えてるね。でも、ハズカシイからやめて」と言われる。本人はもう弾けない&歌えないらしい。もったいない。歌上手いけど、カラオケ以外では歌うこともないだろう。たぶん次何か「表現」するときは「文章」に行くんじゃないかと思う。
音楽って思い出といろいろ絡みついて、心の中に層をなしているのがわかるな~。

|

« 先輩方がやってた曲 | トップページ | 長男の冒険ソロサイクリング »

コメント

さかたさんが褒めるんですから、奥さんは才能がある人なんですね!

そのうち、余裕ができたら、夫婦ユニットなどされてみてはいかがでしょう。

私の周りでは、夫婦ユニットって、案外少ないんです。

夫婦そろって音楽ができるって、すごく素敵なことだと思えます。

投稿: だんぞう | 2010年9月26日 (日) 12時47分

>だんぞうさん
カミさんもその時間があったら本読みたいから最近やらなくなったけど、家ではたまに僕が伴奏してカミさんに歌ってもらうってこと、やったりしてましたね。歌にテンポ感があり情感ののせ方が上手い人とやるのは、本当に気持ちがいいです。

だけどカミさんも言います。「家で愉しむ分にはいいけど、人様に聞かせるのはやりたくない」って。半年ぐらいはみっちり練習しないと、ステージで開き直って突き抜けられない。それが出来ない半端な状態ではやりたくないって。息子らやおばあちゃんかかえた主婦やってそんな時間、絶対とれません。いまはカミさん、音楽より、信仰ではなく「人間を読みとる」意味で聖書の世界に取り組んでます。主婦でばかりいたら息が詰まるので、カミさんは10分でも自分の時間とるようにしてますが、そういうときは本に向かってますね。

仮に音楽の方に行くことはあっても、何も僕がギタリストでいなきゃいけない、とも思ってません(思わないようにしてます、かな・笑)。自分がそこまでキャパシティや才能のある音楽人間とは思えませんし。そりゃなにより夫婦で出来れば幸せな時間ですが、僕が必ずカミさんの音楽を活かすギタリストであるとは限らない。生活上の伴侶であることと音楽は別ですもん。この人とプレイしてみたいっていう人がいれば、ぜひその人とやって欲しいですね。もしそこで生活面でも僕を捨てようとなれば、それも縁でしょうね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月26日 (日) 14時24分

#ストロークの音が綺麗。

男らしいダイナミックな、でも繊細なストロークだったよね。

#そのたびに「よく覚えてるね。でも、ハズカシイからやめて」と言われる。

♪同心円に[ぱーん(ハーモニクス)]動いてる♪

こんな感じ?(^^

#「甲斐バンド/東京の一夜」。

「スカルマン」というアニメ(特撮)のオープニングテーマが甲斐バンド風で、あ~、こーゆーベタなのかっこいいなぁ♪と思ったら作詞・作曲「甲斐よしひろ」さんでした。

http://www.youtube.com/v/SUwB0UzdWo0?fs=1&hl=ja_JP&rel=0">http://www.youtube.com/v/SUwB0UzdWo0?fs=1&hl=ja_JP&rel=0" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="640" height="385">


投稿: 近藤 | 2010年9月26日 (日) 23時10分

さすがにオブジェクトは貼れないみたいだね。

http://www.youtube.com/watch?v=SUwB0UzdWo0&NR=1>TOKIO ひかりのまち

投稿: 近藤 | 2010年9月26日 (日) 23時16分

>近藤
すごい。ほんと「甲斐節」がある。

>男らしいダイナミックな、でも繊細なストロークだったよね。

うん。今もそうだが、当時こそ女をあまり感じなかったね^_^;;;。
だけどホント上手かったと思う。

>♪同心円に[ぱーん(ハーモニクス)]動いてる♪

よく覚えてたね~。でもこれ、本人完璧に忘れてたよ(笑)。
いまこの記事見せたら、睡眠前に読むのは精神衛生上悪いから寝る、って、あっち行っちゃいました(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月26日 (日) 23時54分

#すごい。ほんと「甲斐節」がある。

井上陽水さん、奥田民生さんとか個人を感じさせる作曲家ってなんかいいよね。長瀬くんも甲斐よしひろさんの熱い雰囲気をいい感じに歌ってると思う。ついついジャニーズってことで軽く見てしまうけどアイドルの歌っていい曲多いんだよね。

http://www.youtube.com/watch?v=JLUxFdDjWKw&feature=related>特撮バージョンの映像も(冒頭の鈴木亜美ちゃんのおとぼけ顔を除けば)シン・シティを思わせるアメコミ調でかっこいいな。未だに観てない。なんかスカルマンの着ぐるみが見た目重視でまともにアクション出来ないシロモノだったらしいので興味はあるのだが。

http://www.youtube.com/watch?v=5bKOZZxnDlo&feature=related>フルコーラス版のイントロのアコギからエレキへのリレー等ギターアレンジがカッコいいなぁと思ったらシングライクトーキングのギタリストさんのアレンジらしい。

#だけどホント上手かったと思う。

♪私は今日も学校から帰り♪

とかは、左手ミュート、右手のカッティングストローク?等、様々なストロークパターンを使い分け、凡人とのセンスの違いを感じささせる演奏だった。。。(遠い目^^;)

投稿: 近藤 | 2010年9月27日 (月) 23時33分

>近藤
>アイドルの歌っていい曲多いんだよね。
全く全く。山崎まさよしなんかもそうだもん。歌では中島美嘉のよさ、僕ぁさっぱりわかんないんだけど(素人カラオケにしか聞こえない、好きだったらゴメン)、「桜色舞う頃」はすごくいいもん。これは作曲者自演(川江美奈子)で聞いた方が遙かにいいです。逆もまた真。「中島みゆき/海よ」は作曲者よりシンドウアツコの方が好き。

>特撮バージョンの映像
>フルコーラス版

シンプルなだけにアコースティックでも出来るかもね(^^)

>様々なストロークパターンを使い分け

聞こえてる人には出来る、聞こえてない奴は一生できない、
音楽ってそれだけなんだよね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月28日 (火) 23時33分

#中島美嘉のよさ

言っちゃいましたね。中島美嘉さんはドラマにもわりと良く出てるよね。あの仮面のような化粧が醸しだす妖(怪)しげな雰囲気がいいんですよ。きっと。。。おそらく。。。、ハイっ

#逆もまた真

「明日に架ける橋」はやっぱポールよりアーティだよねぇ。

KANさんは他人に楽曲提供はしないと断言してた。理由はみんな自分よりうまいからだって言ってたのがなんとも正直だ。。。^^;

投稿: 近藤 | 2010年9月29日 (水) 23時04分

>近藤
>あの仮面のような化粧

あの化粧も「身体どっかわるいの?」って言いたくなる。あれやらなきゃごく普通に綺麗な人だとは思う。だけどそんな差異のない美しさじゃ、あの業界じゃ商品にならないものね。しかもその役どころを演じ切らなくちゃいけない。仕事ってたいへんだなぁ。

>「明日に架ける橋」はやっぱポールよりアーティだよねぇ。

僕もやっぱり素直にそちらの方が好き。
でもポールじゃなきゃ聞けない曲もあるな。「I do it…」もそうだし、「Duncan」やら「Somethin' so right」やら。

>KANさんは他人に楽曲提供はしない
>理由はみんな自分よりうまいからだって

ほんと、魅力のある人は声一発ですでにドラマが伝わってるからね~。「ある奴はある、ない奴はない」。でも、たとえ何の魅力もなかろうが、伝えたい奴は伝えなきゃいられない。芸事ってほんと哀しいと思う。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月29日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校時代の思い出曲:

« 先輩方がやってた曲 | トップページ | 長男の冒険ソロサイクリング »