« 海辺のカフカ… | トップページ | 疲れた »

2010年9月22日 (水)

指板を見ないで弾く

「音楽は耳がするもの」とテメェで書いておきながら、自分がそういう練習をしてなかったことに気づかせてもらえた。

ギター弾くとき、指板や弾き手(右利きなら右手)のピッキングポイントを見て練習してちゃダメなんだ。まずいい型を目で見て確認し身体にたたき込んだら、あとは見ない。耳で自分の出す音を聞いて、それを「目の力を借りずに指の感覚だけで、『自分がどういういけない動きをしたから中途半端な音になっちまったか』を判断し、指の感覚だけで改善する」工夫をしていかないと、サウンド・メロディ・リズムと身体の動きが一体化しない。

たしかに自分のレパートリーを弾いてみても、自信のない箇所は目をつぶった瞬間に弾けなくなる(笑)。視覚の力を借りすぎて、音楽と指や身体の動きが一体化してないことがよくわかる。

「指板を見ないで弾け!」

上記のことを教えてくれたのが、トモ藤田『ギター・マガジン 耳と感性でギターが弾ける本』(Ritto Music)だった。実はまだ立ち読みしかしていない(笑)。だけど、印象的な言葉がたくさんあった。「練習の時は、TVやPCのあるような空間ではやらないこと。携帯の電源は切る。電話線も電話機から抜く。とにかく気を散らすような環境は自分から出来る限り排除すること。楽器は常にチューニングの微調整のみで弾けるような状態にして、やる気をすぐに練習に還元できるようにすること」なんかね。仕事であっても同じだわ。

僕はこの程度のクオリティで、お友達以外の人前で弾くようなご迷惑なマネは、当分しない。だけど、これまでの自分のレパートリーを「できるだけ指板を見ずに弾けるようにする」お遊びは、家事や持ち帰り仕事の合間にやってみようと思う。

まだ立ち読みだが^_^;;;、いい本に出会えた。どうせ買ったって、買っただけで上手くなった気になるのがオチ。そんなに時間かけることなんかできないし、いままで持ってる教則本を活かせば済む。ならば「指板を見ないで弾く」「物事に集中する環境を作る」だけを実践してやろうと思う。

|

« 海辺のカフカ… | トップページ | 疲れた »

コメント

よしっ! ワタシは


「道路を見ないで走る!」(。_+)☆\(-.-メ)アブナイッチューニ!

投稿: JIRO@サイクリスト | 2010年9月23日 (木) 12時25分

>JIROさん
よし、僕は、カミさんに触れずにカミさんを…(混信)

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月23日 (木) 20時18分

よし!
爺!は息をせず・・・生き長らえる???

投稿: 奥武蔵爺! | 2010年9月24日 (金) 14時13分

>爺!殿
僕は、迷惑かけずに人糞製造機・単なる呼吸機として生きるのが夢です。植物状態がそうだけど、そうなると家族に迷惑だから死にたいしなぁ。ありえねえわ(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2010年9月24日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指板を見ないで弾く:

« 海辺のカフカ… | トップページ | 疲れた »