« 次男、今日で6歳 | トップページ | 同じ生豆、焙煎度変えてみた »

2010年10月31日 (日)

小山田いくさんの漫画

小山田いくさんの漫画が好きだった一時期がある。『すくらっぷブック』でハマって、『星のローカス』『ぶるうピーター』『ウッドノート』『迷い家ステーション』『むじな注意報』くらいかな。『マリオネット師』はあまり読まなかったなぁ。怪奇ものはちょっと苦手。

数年前、古本屋で『すくらっぷブック』を手に取った時は、さすがに赤面しそうになるストーリーで読めなくなった。中学生の頃はこれでも読めたんだなぁ、俺。だけど、15年くらい前、信州小諸の懐古園に行ったときは、感慨がありました。ああ、ここが舞台だったんだな、って。

ところで『むじな注意報』の先生キャラは、『すくらっぷブック』で頭にヘビ乗せてたキャラ(誰だったっけな)が教員になってる。この『むじな…』の最終巻の方に『すくらっぷブック』の主要キャラが総勢で出てくるのだが(晴ボンが画家になってて校舎かなんかに絵を描く)。

全部『すくらっぷブック』でのカップルそのままで夫婦になってる。

これは怖かった。中学生からお互いその人しか知らないで大人になってしまうって^_^;;(漫画だからしょうがないのだが)。いい失恋がないのはかえって人生の損失だよなぁ。僕もカミさんとは高校時代から女となぞ思えず友達づきあいしてたが、女に見えてしまった、気になってしまった事故^_^;;が起きたのは25歳。それまでは僕の友人たちならよ~~~~く知っている^_^;;、数多の失恋してきたからなぁ(笑)。でも失恋時にもらった「No!」や言葉からずいぶん自分像を学ばせてもらったし、だからこそカミさんがこうしていてくれることをありがたく思える。息子たちには「いい失恋」こそして欲しいなぁ。

|

« 次男、今日で6歳 | トップページ | 同じ生豆、焙煎度変えてみた »

コメント

別れてから、今あの子どうしてるかなあと懐かしく思い出される人と、何故オレあんな最低の性格の奴が好きになってたんだ? バカじゃないのオレと恋愛時代を全否定したくなる人とがいます。

これってどっちが良い失恋か微妙です。

前者の場合、若い時は、失恋すると全人格を否定されたような気がして、何ヶ月も引きずって落ちこんでいたものでした。

それも辛いけど、別れて本当に良かった(あるいは、あいつと付き合わなくて正解だった)と思えてしまう失恋もねえ…

今は、もう一生恋愛なんてないので失恋もしません。

じゃ、今が一番幸せなんだ!! アハハ…(溜息)

投稿: dog_song_jack | 2010年10月31日 (日) 09時18分

>dog_song_jackさん

この話題だと、僕の某相棒にはぜぇ~~~んぶ話が見えるんだな~(笑)。でも書いちゃう(笑)。

>どっちが良い失恋か微妙

両方とも、好きになった人を鏡にして「自分に出会える」んだから、いい恋愛だと思うんですが。僕はほんとオメデタイんだなぁ。後者の例がないんすわ。考えたら前者の例もないのかも。中学2年生以来、カミさんに至るまで4人の女性を好きになってますが、一人除いて、全員年賀状のやりとりしてるし。大学時代のひとり、K美さんだけはどうしてるかなぁ。ほんと「Still crazy…」。「男の恋は『名前をつけて保存』、女の恋は『上書き保存』」って、わかるなぁ。

>失恋すると全人格を否定されたような気がして、
>何ヶ月も引きずって落ちこんでいたものでした。

あはははは、経験あります、これ(笑)。僕の場合、好きが焼けぼっくういになって残ったというより、コンプレックスの形で5、6年引きずりました。好きになった子が本当に好きな人が、自分の親友だった例がまた多いんだ、僕(笑)。その親友のいいところもとてもわかるし、具体的比較対象があっての自己否定はキツかったっすね~。その間の失恋は、ダメな自分の確認作業みたいなもんで(笑)。でも、僕もカミさんと出会って結婚して、長男坊が0歳の時、子育てノウハウでいちばんたよりにさせてもらいましたよ、その人。何度電話して聞いたことか。この夫婦の世話好きさには、頭が下がります。

>今は、もう一生恋愛なんてない

「押し倒したい」「なんとかこう抱きしめたい」って意味では、カミさんに(僕が無理矢理)甘えまくっているのでないですが、ときめくって意味ではまだまだありますね~。シンドウアツコさんなんかは思いっきり惚れまくってます。僕の周りには、ねもさん、ちとせさん、あゆっちさん、チャンさん、前様、、、話が面白い知性あふれる素敵な女性ばっかりですしね。大好きです。結婚するっていいっすね。「好き」って言葉が、あまりヤラしくなく言えるから。

>じゃ、今が一番幸せなんだ!! アハハ…(溜息)

どうなると、幸せなんでしょうね。このブログで僕は暴言吐きまくってますが、均してみたら、胸張って「幸せ」ですね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年10月31日 (日) 22時12分

私はマリオネット師をイチオシしています。(笑)

時代背景の流れもあるかもしれないけど、あのマンガの
人間模様は読んで得る事がありましたし。

投稿: italica | 2010年10月31日 (日) 22時57分

>itaちゃん
「マリオネット師」かぁ、読み直すことあるかなぁ。ちらちらとは読んでるんだけど、ふと思い出す台詞はほかの作品の方が多いなぁ。

投稿: さかた(Ton) | 2010年10月31日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小山田いくさんの漫画:

« 次男、今日で6歳 | トップページ | 同じ生豆、焙煎度変えてみた »