« 0歳の掌 | トップページ | 嫌いな言葉 »

2010年10月27日 (水)

コーヒー酸味と焙煎時間の関係は…?

僕の焙煎したコーヒー「タンザニア」が、調師匠の「タンザニア」に比べて、焙煎度が同じシティローストにも関わらず、酸味があまり感じられない原因。

同じ生豆を焼いて比較してる訳ではないが、いちばん違うのは焙煎スキルとセンス。豆自体の グレードも違うのか。

ひょっとして、同じシティローストでも、強火で短時間で持っていくのでなく、ゆるゆる持ってってしまうと、酸味成分って飛びやすいのかな、とかも思った。

単なる思いつきだけど、どうなんだろ?

|

« 0歳の掌 | トップページ | 嫌いな言葉 »

コメント

低めの温度で焙煎時間が長いと、水分が飛びすぎて味がなくなることもあるようですよ。

投稿: 調 | 2010年10月27日 (水) 22時41分

>調師匠
ありがとうございます。今度は火に近めで、ガッと焼き上げてみようと思います。失敗しても何かわかりそうだし。ホウロクをウチのコンロに合わせた、もう少し小さめにしてもいいのかなとかも思ってます。でも、それも、もう少しこのホウロクで試行錯誤していろいろ考えてからにしたいと思います。

それと、僕の焼いたタンザニアの生豆、調師匠に送って焼いてもらうのも面白いかも。そうすればスキルのどの部分の違いが、何を僕が感じていないかが、味の違いになるのかが明確になりそう? 師匠には不本意な豆かもしれないけど、それ、ダメっすか?

投稿: さかた(Ton) | 2010年10月27日 (水) 23時16分

生豆が同じでないと当然焼きあがりも違いますからね!

同じ事を考えてたようで、本日タンザニアの焙煎サンプルと生豆をメール便の速達で発送しました。

焙煎豆は多少余分にありますので皆様でお楽しみくださいませ。

投稿: 調 | 2010年10月30日 (土) 15時28分

>調師匠
ありがとうございます。
師匠の焙煎度を参考に僕もやってみます。
楽しみにしています。

投稿: さかた(Ton) | 2010年10月30日 (土) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー酸味と焙煎時間の関係は…?:

« 0歳の掌 | トップページ | 嫌いな言葉 »