« いい「No」を出してくれる友人たち | トップページ | The NOLANS »

2010年11月 8日 (月)

地下足袋デビュー(^_^)

Dscf0107 この夏から、立川市の農業体験講座に参加させてもらっているのですが、ある先生に「地下足袋にしなさい!」と諭され、11月7日に地下足袋デビューしました(^_^)。履いて畑に入ってみると意味がわかった。いままでは長靴で入っていたのですが、足下の土の様子が足の裏でよく感じられない。ところが地下足袋だと素足に近い感覚で、足下の土の状況がわかる。耕した大切な土に無造作に入るようなヒドい真似が出来なくなるように感じました。

11月7日は麦の収穫でした。刈り取って、ひもでまるけ、「はざ」(稲架)にかけてゆく作業。プロの農家の方々に一つ一つの作業の持つ意味、天候や季節の流れをどう感じ、作業に反映させてゆくかなどを習いながらの講座。「農の職人」の持つ知恵は、深いです。晴耕雨読、たしかに意味のあることだと思います。
Dscf0110

|

« いい「No」を出してくれる友人たち | トップページ | The NOLANS »

コメント

孫姫達は残念ながら「長靴」で作業してます。

爺!も別宅建てているときは使いましたぞ!
滑らなくて「サイコー!」

投稿: 奥武蔵爺! | 2010年11月10日 (水) 09時18分

>爺!殿
足裏を「もうひとつの掌」にしてくれる感じがありますね。サルじゃないですが、「つかむ」に近い感じがある。滑らないのもわかる気がします。
ところでこれ履いてみて、左右の足って太さが違うんだ、って気づきました。左はコハゼがすんなり入ったのに、右は苦労したんす(^_^;)。ジテツー、再開しようかなぁ。生協で保険、入りましたよ。12/1から発効です。

投稿: さかた(Ton) | 2010年11月10日 (水) 19時55分

まぁーーー!似合いすぎてます♪

投稿: ねも | 2010年11月10日 (水) 20時21分

>ねもさん
次は作業着が欲しいです。親父が工員だったもので背広なんかより、よっぽど作業着の方がかっこよかった。酒の飲み方は綺麗じゃない、職人的な人間。倉庫マンとしてフォークリフトの腕前はかなりのもんでした。僕もいまだにそちらの方があこがれます。

投稿: さかた(Ton) | 2010年11月10日 (水) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下足袋デビュー(^_^):

« いい「No」を出してくれる友人たち | トップページ | The NOLANS »