« 立呑屋がたまらなく好き! | トップページ | 今日の持ち込みコーヒーは… »

2010年11月26日 (金)

スピード違反な「Donna Lee」

一発免許取り消しものですな。。。
すごいおっちゃんだったんだなぁ。。。

|

« 立呑屋がたまらなく好き! | トップページ | 今日の持ち込みコーヒーは… »

コメント

どうでもいい補足です。

この曲、チャーリー・パーカーの作曲っていうことになっていますが、実はマイルス・デイビスの曲だそうです。レコード会社が間違えたんだとか。どうりでアルトサックスでは吹きにくいメロディだって、あるサックス吹きの方のブログで読みました。

当時は、曲のタイトルもアルバムのタイトルもレコード会社が勝手に付けてクレジットも滅茶苦茶というのが結構普通だったみたいですね。

投稿: dog_song_jack | 2010年11月29日 (月) 18時30分

>dog_song_jack さん
そうらしいですね。『マイルス・デイビス自伝』にもありました。ジュリアードを出たあとに、ディジー・ガレスピーとチャーリー・パーカーの許に飛び込んで音楽修行を開始。チャーリー・パーカーは音楽はすごいけど、性と酒と食には本当にメチャメチャだったようですね。この「ドナ・リー」の頃も、バンドの下準備はほとんどマイルスがやっていたみたいなこと、書いてありました。音楽ビジネスの世界はいつの時代もハチャメチャな部分って持ってますよね。
マイルスも僕、好きですよ。最初はあのチーチー言うトランペットが嫌いだったんですが、「Round about midnight」で天啓に打たれました。少ない音で感じさせる色気にぞく~っと来ました。「Once upon a summer time」の退廃もとってもヤバい。。。こんな色気、、、ど~んなに望んでも僕にはつきませんわ(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2010年11月29日 (月) 21時46分

「Virtuoso」等のソロギターものしか聴いたことなかったね。しかし面白いくらいチョーキングしない。ひたすらフィンガリング&オルタネイトピッキング。。。頑固な方だったんだろうな。

投稿: 近藤 | 2010年12月 2日 (木) 23時26分

>近藤
>「Virtuoso」等のソロギターものしか
>聴いたことなかったね。

同上、っす。

>しかし面白いくらいチョーキングしない。

これ、ジョー・パスの教則本だか、インタビューだかで自分でも言ってたの読んだよ。「私は弦をベンドしたことがない」って^_^;;。

>ひたすらフィンガリング&オルタネイト

アル・ディメオラだけじゃなかったのね~。
頑固そうな親父だけど、MCでしゃべり出すと止まらない、さ○ま○しみたいなところもあったみたいね。

投稿: さかた(Ton) | 2010年12月 3日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピード違反な「Donna Lee」:

« 立呑屋がたまらなく好き! | トップページ | 今日の持ち込みコーヒーは… »