« 同じ生豆、焙煎度変えてみた | トップページ | 愛と風のように »

2010年11月 3日 (水)

調師匠のタンザニア

調師匠焙煎の「タンザニアAAルブーマ」、
今朝、細かめに豆挽いて、若干温度下げたお湯で落とした。。。


昇・天・す・る・ほ・ど、美味い~~~~!!!!


生豆買ってる行きつけのコーヒー屋でタンザニアを試飲させてもらっても、 この芳醇な酸味はない。「これだ!」って言える酸味。初めて飲ませてもらったモカに近い感動がありました。

ひるがえって今、同じ豆を自分が焙煎したのを飲んでいる。。。


お、同じ豆なのに、む、、、無意味に、苦い。。。^_^;;;

焦がしちゃいないんだけどなぁ。。。

一つ前の記事の写真の、ハイローストのブラジルと調師匠のタンザニア、僕焙煎のタンザニア並べて見比べたら、調師匠のはこのハイローストブラジルより気持ち深い焙煎度。僕のははっきり焙煎止めるのが遅かったのも、原因としてありそうだ。ほんの少しの違いで、これほどの味の差になる。シンプルだけど奥が深い~。

師匠の焼いてる豆はこれとのこと。
http://wild-coffee-store.com/?pid=13850219

これって500gで835円なのかな~。だとするとすごく安い。 このタンザニアで試行錯誤してみたい。 この生豆を正しくやればこの味になる。 そういうものに出会えました。



|

« 同じ生豆、焙煎度変えてみた | トップページ | 愛と風のように »

コメント

少しは『師匠』らしいところを見せらたようでホッとしました。

まったく差がないとか、むしろ不味いでは、単なる『支障』ですからね。

投稿: 調 | 2010年11月 3日 (水) 22時22分

>調師匠
30年で培われた、スキルとセンス、身をもって感じました。
おべんちゃらはキライなのでマジです。

ワイルドコーヒーのこの豆、買ってみます。
送料込み1035円で500gなら安いです。1kgで買ってもいいな。

投稿: さかた(Ton) | 2010年11月 3日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調師匠のタンザニア:

« 同じ生豆、焙煎度変えてみた | トップページ | 愛と風のように »