« 改めて、霊峰 | トップページ | 今日、カミさんの誕生日っす »

2010年12月 7日 (火)

ギリギリまで…

長男は来年の4月に中学に上がるが、サッカーは部活でなく、地域のチームを選ぶことになりそうだ。ほんとにサッカーの好きな長男。もっともっと上手くなりたい。それでこの数ヶ月、いくつかのチームの体験練習会に参加してきた。

だが、中学に入れば勉強もかなりハード。僕ら夫婦も甘やかすつもりはない。正直「おまえはサッカーだけじゃ将来食えない」ともはっきり言う。芸術とスポーツははっきり才能の世界だ。「面倒なこと(勉強)をどうアタマ使って片付けて、好きなことする時間を作るかのいい練習。勉強もちゃんとやれ」ともいう。なので、帰ったら寝るまでにやることをメモに書きださせてる。でないと、サッカーの自主練後(これをほぼ毎日やってるのは敬服に値する)、TVの前でのんべんだらりと過ごすことになる。時間の無駄。そして書き出したことをもとに、お母さんや次男坊、おばあちゃんの動きを一緒に考えながら、どう時間を使っていくか、一緒に考える。
この「やるべきことの書き出し」、長男だけにやらせるんじゃ説得力がない。僕もポメラ使ってやるべきことを書き出し、終わったことを一つ一つ消しながら、家でも事を進めてる。ほんと無駄にしてる時間など一切ない。子どもが生まれてから、疲れてぼーっとせざるを得ない時間はあるけど、「時間をつぶした」「ヒマだぁ」なんて時間は1分もない。

だが12/6に、ブルーレイ&HDDレコーダーのダビング作業をしてるときに、長男坊がプロテクトディスクで手慰みしてるうちに穴から指が抜けなくなり、ディスクを壊して外すハメになった。外してやりながらも、僕ぁ怒り狂った。

「おまえ、さっきおとうさんのやらなきゃいけないことのメモ見たろう。おまえのメモに書いたやらなきゃいけないことの量とどっちが多い。おとうさんだって勉強する時間作りてぇんだ。余計な仕事増やしやがって、ふざけんじゃねぇ。このバカヤロー!!」

お教育学の専門家が聞いたら、攻撃されそうな罵詈雑言。学者の考えた理想論なんかクソだ。かまわんわい。全身でぶち当たる。包みこむ愛の存在としてはカミさんがいてくれる。僕は「社会のイヤミな部分の役割」を担ってやろうと思う。それにはっきり、子どもらのために自分たちを犠牲にするつもりは毛頭ない。まっぴらごめん。カミさんにも自分にもやりたいことが山ほどある。以前は、僕程度の才能では自分の達成的快楽だけ、家族には騒音やハイテンションを浴びせかけるだけで何の役にもたたん音楽で、こんなこともしてたけど、もうそれはしない。申し訳がない。ほんと時間を作るためには協力しあうしかない。

長男坊は、大好きなサッカー・家事協力(これは学問や芸事、スポーツなんかより人としての基本、絶対はずさない)・勉強を上手く回すことについて、破綻直前まで追い込もう、とカミさんと僕で話している。命に関わる直前では、今まで親やってきた感覚で止める。ギリギリまで行ったところで見極めないと、つまらない非現実な夢を見続けることになる。

|

« 改めて、霊峰 | トップページ | 今日、カミさんの誕生日っす »

コメント

うーん、厳しいですねえ。オレはさかたさん家の子供にはなれそうにないな…

うちは、包み込む愛の担当は私の方で、嫁が厳しいから、一応バランスは取れているのかと思います。

まあ、自分が一生懸命勉強したことも必死にスポーツしたこともいまだかつて一度もないから、子供にも厳しくできないですね。ゆとり世代だし(嘘)

しかし、それだけ打ち込めるものがあるのってむしろ少数派で貴重だと思うから、サッカーは大事にさせてあげたいですね。

以前、町田のサッカーチームに関わっていたから、Jリーガーになるなんて、ましてそこで活躍するなんていかに大変か、分かってますけどね…

投稿: dog_song_jack | 2010年12月 7日 (火) 09時42分

>dog_song_jackさん
厳しくないっす。本気なだけです。でも、息子たちの成長ってすごいですね。ナマハンカなことしてると怖いなと、マジで思います。

>打ち込めるものがあるのって
>むしろ少数派で貴重

変わった親に生まれて、かわいそうだなと
ちょっと思います。

>以前、町田のサッカーチームに関わっていたから、

今度お話し聞かせてください。

>Jリーガーになるなんて、
>ましてそこで活躍するなんていかに大変か、

ほんと芸術とスポーツは惜しみなく奪いますからね。それがわかっているからどんな芸事やスポーツ見てても手放しで賞賛する気になりません。表彰されるべきは支えた周りの人間であるのが本当だ!と、僕の心のどこかはいつも叫んでいます。

投稿: さかた(Ton) | 2010年12月 7日 (火) 23時24分

#正直「おまえはサッカーだけじゃ将来食えない」ともはっきり言う。
#芸術とスポーツははっきり才能の世界だ。

可能性はゼロじゃないから、否定するのはどうかと個人的には思う。もっとも、親に否定されたくらいで諦められるのならその時点で才能無いと言える気もするな。

#つまらない非現実な夢を見続けることになる。

生半可に才能がある人ほど陥りやすいかもしれないよね。つまらない非現実的な夢を追うのもそれはそれでいいとは・・・気軽には言えんなぁ。

投稿: 近藤 | 2010年12月18日 (土) 21時08分

>近藤
否定はしてないよ。今日も試合だったし。僕は息子どもの運動会観戦とかは、「ビデオ記録派」ではなく「肉眼派・応援派」だけど、今日はできるだけデジカメの動画機能つかって記録に徹してました。試合後の反省材料収集にね。音楽もそうじゃん(^_^)? 録音して客観視もしないで練習してる奴は絶対聞ける代物つくれないし。さっきも一緒に風呂入りつつ、どうやったら強くなるか、って話してたし。奴なりに一生懸命考えてるのがステキだよ。

でも「好き」って人を動かすね。ユル~いサッカー教室から始めたあいつが、いいコーチに出会って、ほんとにサッカーが好きになってきた。こんな自分勝手な僕ら夫婦が、それなりに協力して、自分らに出来る限りの息子のサッカー環境を作ろうとはしてるもん。

もし、もし万が一プロになれたにしても!?、サッカー以外の仕事って意外にあるはず。そのためにも生活・勉強(ヤな部分)をどう頭使って、時間短くクリアするか? その耐性やノウハウを身につけておくかは大切に思う。サッカーを一生懸命頭使って回転させるようには協力してるよ。

とにかく奴、集団の中で生きるって意味では、すごくいい経験、今してると思う。これは僕ら夫婦、長男だけでなく、息子どもを尊敬してます。一生懸命やらせてはやるつもり(イチローの父のようには僕も小市民なので狂えません)。絶対人生に生きるとは確信してます。

投稿: さかた(Ton) | 2010年12月18日 (土) 21時55分

素人の意見と断っておきます。

私が町田のサッカーチームに少し関わらせてもらっていた時は、まだJリーグはなかったのですが、トップチームに来るような子達ですから、皆プロを目指してましたね。

その中で実際にプロになれた選手を見てみると、なんといっても第一条件はフィジカルだよなあと思います。当たり前ですが、アスリートの絶対条件ですよね。

ただ、それは天与のものであって努力ではどうにもならないですから、球扱いは天才的なのに怪我しがちな選手には声をかける言葉もないですね。フィジカルが弱ければ、努力しただけ故障しやすくなる訳ですから。

しかし、逆に言うと小・中で平凡な目立たない選手でも、全然可能性はあるってことです。

とはいえ、高校の選択は重要だと思います。これは野球をはじめ、日本のスポーツ全般に言えることかも知れませんが、さすがに高校では目立たないとね。全国大会に進める高校でレギュラーを獲れれば可能性が高くなるのは間違いないんで。

クラブチームなんて全然駄目だろうし。ちょっと悲しいけど。

門外漢なのに、昔の経験だけでエラそうに語ってしまった。ごめんなさい。

投稿: dog_song_jack | 2010年12月19日 (日) 09時38分

>dog_song_jackさん
近くで本物を見られてた人の意見、貴重です。

>フィジカル

そうですね。うちの子は小さいですが、まだ気にしていません。男の子だし、伸び出すのは中学入ってからだと思ってますんで。中村俊輔や本田圭佑なども、小さくてカブスリーグの方に上がれずに、サッカー強豪校に出たって話ですし。

>全国大会に進める高校でレギュラーを

最近、高校サッカーのレベルはひところより落ちているなんて話は聞きます。Jリーグチームに附属するのカブスリーグチームの方に目立った才能が行くなんて話らしい。こちらの方はものすごく狭き門。長男の友人(長男よりはるかにフィジカルがしっかりしていて、技術もある子)が落ちる。だけれでも、そちらでも目立てなければ、「使えない」わけですしね。恐ろしく狭き門ですが、まずは「よく『考えて』、たくさん練習する」「よく食べる」が基本でしょうね。とにかく無駄に使ってる時間はないと思ってます。親が出来ることは、まず愛すること、しっかり食べさせること、現実的努力をし(あきらめるということではない)、時間を充実させようとする背中を見せること、かなぁ。

投稿: さかた(Ton) | 2010年12月20日 (月) 06時56分

なるほど。僕が見てた頃はなんといってもJリーグはまだなかったからなあ。

読売対全日空佐藤工業の試合で、北澤のことを誰も気付かなかったくらいですから。きっと、観客のほとんどは会社の命令で嫌々応援に来てただけなんだろうな。

サッカーはマイナースポーツでした。

ご長男のこと、影ながら応援しております。

しかし、お父さんが真面目人間すぎるのがちと心配。もうちょっと肩の力を抜いても…

投稿: dog_song_jack | 2010年12月22日 (水) 10時33分

>dog_song_jackさん
ひねくれてるので、マイナースポーツの方が僕は惹かれますね。自転車もいまポピュラーでしょう。僕が自転車雑誌のパーツを目ぇギラギラさせて眺めていた26年ぐらい前からしたら、信じられないです。だからこそ敢えて「鈍亀派、旅情派」でいる部分はありますね(笑)。いまやってる人たちが飽きて淘汰された頃、その年齢なりの本気の坂バカ、やってるかもしれません(笑)。

>お父さんが真面目人間すぎる
「マジメなフリ」の、ズボラな人糞製造器ですわ。ビシッと決めても、ズボンのチャックが開いているような粗忽者ですから、大丈夫です(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2010年12月22日 (水) 12時13分

明日のサッカーの自主練習のトレーニングメニューは、午前にランニングで午後には技術練習(ドリブル、リフティング、シュート、トラップなど)をやるつもりで~す。よ~し、心、技、体を鍛えて最高のサッカー選手になってやる!!。

投稿: tonの息子 | 2010年12月25日 (土) 20時36分

おっ、tonの息子さん、初メッセージかな? いつの間にかしっかりした少年になってしまって…

僕がサッカーを間近で見ていた時期はJリーグの前で相当古いのですが、もちろん、基本は変わりないと思います。練習に耐える身体がなければ、思うように練習出来ないですからね。

心は攻撃的に、でも、パスは受ける相手の気持ちを考えて優しく。

頑張ってください。期待してます。

投稿: dog_song_jack | 2010年12月27日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリギリまで…:

« 改めて、霊峰 | トップページ | 今日、カミさんの誕生日っす »