« K藤くんを犠牲に(^_^;)(野点d'O-Ton開店!) | トップページ | 次男坊の腎機能検査 »

2011年1月10日 (月)

時の流れに身をまかせ

「この曲の中に『一度の 人生それさえ 捨てることもかまわない』って詞があるけど、女なら絶対こんなこと言わないと思う。やっぱり男が作った歌だなぁ」

これ、年末の紅白で徳永英明の歌に感動して買ったCD「VOCALIST 4」の一曲目に入ってる掲題の曲を聞いたカミさんの弁。歌舞伎の女形がそうだけど、男だからこそ女を客観できて、美しい部分や理想像を抽出できるのかもなぁ。このCDに収録されてる「荒井由美/翳りゆく部屋」もすごくよかった。僕的には詞の強さをいちばん感じた。

カミさん、台所仕事しながらこの「時の流れに身をまかせ」を何度もリピートして聞いてます。カーペンターズだけじゃなく、これも歌ってみたくなったらしい。ウチの歌謡曲本ひっくり返したら譜面もあったし、カミさんが覚えたころにちょっと合わせてみようかと思ってます。楽しみ~(^_^)

|

« K藤くんを犠牲に(^_^;)(野点d'O-Ton開店!) | トップページ | 次男坊の腎機能検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れに身をまかせ:

« K藤くんを犠牲に(^_^;)(野点d'O-Ton開店!) | トップページ | 次男坊の腎機能検査 »