« 鼻血 | トップページ | 爺!務執行妨害中(^_^)v »

2011年1月24日 (月)

このギター、すごくいい!

Blueridgeとかいう会社の廉価版ギター「BR-40」、73500円なり。トップがスプルース、サイドがマホガニー系の合板ギターなんだろうけど、すごく素直に音が出る。ネックも細くて弾きやすい。最近、いろんなお店で「サンタにもしものことがあったなら、どのギターを選ぶ?」をテーマに試奏させてもらう。こないだまではこれが一押しだったけど、いまはこのギターっす。ほんとこれ、いい仕事してます。

このギターに出会ったのは茅ヶ崎のフォーク系ライブレストラン&バー「Botchy Botchy」。柏原はねみさんのアルバムレコーディングで一緒にプレイさせてもらってお友達になったパーカッショニスト、ちゃぼさんの打楽器教室の新年会にお邪魔させてもらったのでした。20分近くに及ぶ打楽器セッション、参加させてもらってと~~~っても楽しかった。僕ぁギターをオモチャにはしているが、音感やメロディ&ハーモニーのセンスがめちゃめちゃ乏しいので、耳と通してでなく視覚からしかギターを弾いてやれず、またギターはメロディもハーモニーも作り出せるのに、打楽器としてしか弾けてないのね(楽器の魅力を活かし切るだけの能力がない・笑)。もともとやりたかった楽器はドラムだし、ビートは好きなのね(^_^)。リズムアンサンブルのグルーブ、むちゃくちゃ気持ちよかったです。

みんな仕事を持ちつつの音楽。mixiやブログでは繋がってるけど、こうして会うのも久しぶりだったりする。話題に上がった友人たちの、大変な人生の話を聞いたり。。。つくづく健康こそが宝だと思う。僕ぁ心が弱っちいから、思い切り感情を起伏させ、泣き言たらたらだけど、具体的に身体は動かして、おめおめとでも生き続けはしたいと思う。せいぜいそれぐらいでは生命へ感謝し続けたい。

|

« 鼻血 | トップページ | 爺!務執行妨害中(^_^)v »

コメント

俺なら…ロベール・ブーシェ。

この楽器を手に入れたら他は要らない。

投稿: italica | 2011年1月24日 (月) 08時38分

>itaちゃん
僕はいま、サンタ以外は正直いりません(笑)。
つきあいきれん(笑)
ただ、いつ何時、壊れるかわからない。
ウチには怪獣も二匹いるし^_^;;。
そのとき、手に入れられるギターは、ってとこですね?

素材がよく、いいクラフトマンの作ったギターは当然高い。そしてよく鳴って当たり前(あとは弾き手の好み次第)。そこを10万円台までの楽器で、日常弾きに十分な楽器探しておくのが、いま楽器屋でいちばん楽しいですわ。

投稿: さかた(Ton) | 2011年1月24日 (月) 08時52分

新年会参加ありがとうでした。

なんとそこで、そんな出逢いをしていたとは知りませぬでした。うれしいことです。
ギターって、世界中に無数にあって、ギタリストたちはみんなどうやって選ぶんだろうな?ってのが謎でありました。
ひょんな出逢いで気に入る。人の縁と同じ!と考えればよいのかな。

それにしても。
ラテン打楽器の世界は、世界最高峰のミュージシャンが愛用しているトップグレードの楽器でさえ、ひとつ10数万円。
ほんとに庶民的な世界。そこがまた魅力なのです。

投稿: ちゃぼ | 2011年1月25日 (火) 08時02分

>ちゃぼさん
楽しかったです(^_^)。
打楽器って、叩いて音さえ出れば、後はプレイヤーのリズムセンスとイマジネーション次第ですものね。とにかくあのマラソンセッションの場では、叩いて面白い音がしそうなの、探しまくってました(笑)。スルドでアクセント押さえて、グルーヴの根幹を支えるのも、また面白かったです。
いまウチにカホンがあるんです。自宅仕事に疲れた時、リズムパターンと、合理的な手の動かし方(左右のオルタネイトを基本)を考えてますわ。

投稿: さかた(Ton) | 2011年1月25日 (火) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このギター、すごくいい!:

« 鼻血 | トップページ | 爺!務執行妨害中(^_^)v »