« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

女性が最終的に求めているものは

山本敏晴氏(元国境なき医師団理事、医師)のTwitterで読んだ下記ツィート、結構うなずけた。

「女性が最終的に求めているものは、金でも、地位でも、容姿でもなく言葉。大切なことをきちんと言葉にすること。その上で、一発KOを狙うのでなく、10発捨てて11発めを当てるつもり。フラれてこそ男。相手の女性が自信を持てるなら、それが男の本望。そんなあなたには、いつかきっと」

山本氏はどこぞの人生相談で読んで、興味深い言葉として、紹介したみたい。僕も納得するなぁ。芸能人のように、恋のために結婚するような地に足ついてないアホどもは除外するが、一般的に女性って自分にとって役に立つ男をよく見てるな、と思う。特に僕が親しくしている女性は、筋の通った、自立した人が多いしね。

「相手の女性が自信を持てるなら、それが男の本望」、それなら僕ぁ100点満点だ(^_^)v。かみさんの自尊心の大きさは宇宙並みだもの(^_^;)。けど別にそれ、僕がいようといまいと、もとからだから変わらんのだが(笑)。

かみさんに「これ、どう思う?」ってメールしたら「そこまで真剣に思ってくれたら本望だね」とのこと。「僕もそこまで真剣に思ってもらえたら本望なんですが…」とメールしたら、返事ありませんでした(ToT)。






※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

文句を言う権利

原発から250km離れた僕、
ひたすら自分と家族の身を案じている。

山本敏晴氏のツィートから。

「東京電力のお陰で、雇用とか、(多額の法人税等の納入と、国からの補助金による)福祉の改善とか、たくさんの恩恵を、うちの村は受けてきた。それを忘れて、今回のことで、東京電力を一方的に非難する気にはなれない。原発を無くせば良い。そう単純に考える問題ではないと思う。」 福島の避難所の方

「東京電力はまだ良い。費用対効果を考えマグニチュード8にリスクを設定し原発を作った。それにより安い電気を使っていた我々に文句を言う権利はない。対して資本主義は最悪。市場の拡大により資源の枯渇が起きても、新技術により新しい資源が見つかるだろうという何の根拠もない楽観論だけで動いている」

とにかく「どうするか」を言うことなく、
文句ばかりを言う気には、僕はなれない。
ただ「人類に節制は不可能」とは、思っている。

僕はひとつひとつ自分の仕事をし、家族と一生懸命生きるのみ。






※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メリーゴーランド

3/28に行ったよみうりランド
次男坊とかみさんがメリーゴーランドに乗った。

しかしメリーゴーランドってなんであんなに哀しいんだ。回ってるの眺めてると、自然にウルウル(;o;)してきそうになる。しかも、回ってるときにかかってた曲が「ビートルズ/イエスタディ」(((^_^;)。次男坊に引っ張られ、アトラクションを回るひとやすみにかみさんとも話したけど、これで「ニューシネマパラダイス、愛のテーマ」なんかかけられたら、ホントに泣く(笑)。

ところでウチに帰って母のアルバム見たら、僕が次男坊より小さいころによみうりランドに行った時の写真が出てきました。当時のアトラクションはもうどこにもない。子どもは飽きるもの、ずっと同じアトラクションでは遊園地はやってけないものね。

唯一残ってたのはこの門(下の写真上)。この前で亡くなった父と僕が並んで、この右の石仏の前で撮った写真がありました(下の写真下)。この門の向こうは現在、オープンシアターの「よみうりランドEAST」です。「LIVE UNDER THE SKY」、一度は行きたかったなぁ。

Dscf0706_2
Dadme_2

※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

クラスタは守りたい

クラスタとは国分寺にある生ギターライブ専門のライブバー。自分のライブや普通に飲みに行く、など大変お世話になってきた。

ここのところの自粛ムードがこのお店にどう影響を与えているかは知らない。関東は計画停電はあるが普通の動きを取り戻して来ている。だったら普通に暮らして経済を回すべきだと思う。決まってるライブも普通にやっていいはずだ。ましてらここで行われている演奏は生ギター、電気が止まっても音は聞こえる(^_^)v。指板が見えないから弾けませんなんてヘタクソ、このお店のレギュラー出演者にはいないし。

なのでこれから飲みに行きます。え? 「ただ、飲みたいだけだろ」って? はい、その通り。「いつも通り」です。ほんとライブのない「静かな日」にたまに飲みに行くだけで、大変申し訳ない。僕にできることってこの程度。だけど僕にとって大切な、貴重なお店です。






※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

はじめてのゆうえんち(次男坊との約束)

はじめてのゆうえんち(次男坊との約束)
「ぼく、ゆうえんちで観覧車とメリーゴーランドに乗りたい!」。次男坊にこう言われた時、僕もかみさんもひどく申し訳ない気持ちになった。夫婦二人とも遊園地が好きではなく、結婚前にデートなどでも行ったことない。最近もお兄ちゃんのサッカーの試合などもあったりで、休みの日も近くの公園へ遊びに行くくらい。子どもに手がかからなくなってきたのをいいことに、僕も休みに調査やら入れまくってる。まともに遊園地に連れていくことなく、6歳になってしまった。長男は亡くなった僕の父が連れて行きたがったので多摩テックやらに行ってるのだが。
あまりに次男坊がかわいそうなので、2月くらいから「3月28日には行こうね」と約束していた。でもこの地震。一時はあきらめようかと考え、次男坊にも「いけないかもしれないよ」と言って理解はしてた(エエ子や(T_T))。だけど被災地ではないこちらは、計画停電以外は普通に動きはじめている。「ここでしっかり次男坊との約束を守ろう」ってことで、よみうりランドへ行ってきました。

絶叫系の大型アトラクションは節電のため運休。だけど次男坊が乗れそうなものはみんな動いてる。おまけに月曜日で空いている。まさに「次男坊のためのゆうえんち」。ほとんど待ち時間などなく、存分に遊園地を楽しんできました。

今日は完璧次男坊が主役。乗りたいものは全て奴に決めさせて、二回乗ったアトラクションもありました(^O^)。
興奮しすぎで次男坊の奴、今晩うなされるかも。明日以降熱出すかもしれませんわ(^_^;)。

※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

裏方のお手伝い(^O^)

Dscf0674

自転車&音楽仲間のdog_song_jackさんが、ハーモニカデビューを果たすショートショートコンサート。dog_song_jackさんはこのコンサート音響機材を提供&オペレートもしているんだけど、僕ぁ裏方が趣味なので、演奏を聞くのだけでなく、機材の積み込みから楽しませてもらいにいってきました。Mさんというクラシックギターの先生が主催してるこのコンサート、クラシックギターの愛好者を中心に8人ほどの演奏を聞いてきました。愛好者同士で和気あいあいと聴き合うライヴ。クラシックの人は大体練習のしっかりした人が多いから、落ち着いて楽しめた。

dog_song_jackさんはボサ2曲(カリオカ、フェリシダージ)に「星に願いを」、カリオカはリズムのキメがいまいちのところが大変もったいなかったけど、「星に願いを」はしっかり歌っててよかったなぁ。

裏方手伝いはいい。大学時代のステージハンズのアルバイトや、いままで有志ライヴのセッティングからやってきた経験の余力とバカヂカラだけでできる。やりたがる奴も少ないから、安易に(^_^;)喜んでもらえる。演奏だと僕の実力と存在感じゃこうはいかない(笑)。かなり練習しても聞き流してもらえて御の字だもの(笑)。企画段階や舞台デザインからの裏方だとさすがにできないが、スポット的お手伝いならでき、趣味でもそうご迷惑にならずに舞台の緊張感のそばにいられる。

舞台という異空間の近くにはいたい。これは僕のビョーキです。まともに生きたいのなら、あまり知らない方がいい世界かもしれません(笑)



上の写真は、拡大しても顔がわからないぐらい縮小してあります。もし問題があるようでしたら、ご連絡ください。削除します。






※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

ギターは役立つか?

僕の住む相模原市には、被災地から一時避難して、市の施設においでの方とか、いるのだろうか? 明朝確かめに行ってみよう(今日は僕、仕事で出勤中)。まずは現場担当者に必要なものを聞くことだな。

絵本などを送る支援もあると聞いた。こういう時こそ「気晴らし=文化」って大切な部分もあると思う(まずはメシだが)。
僕の持ってるギターでも役に立つのか? 当然「聞かせる」ような、ふざけたマネはしない。ただ弾ける人は他人の演奏聞かされるより、自分で弾いたほうが遥かに癒されるはずなんだよね。必要なくなったらまた持ち帰るってことで置いとく意味ってあるのかな。
だけど楽器って、音楽をあまり好きではない人には、騒音凶器でしかないんだよね。

どちらにせよ、いらんもの・いらんことは相手にとって迷惑でしかない。出来ることがないなら、黙って節電してようと思う。





※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

Google Person Finder

大学時代地理学教室の友人、演劇もやってた、現在仙台市泉区在住の「O」、下記のサービスで「無事だ」というメッセージが残ってた。

Google Person Finder(消息情報):2011東日本大震災

しかも地震当日の22時ころに。よかった。まずはひとつ安心できた。

これ、名前の一部やその人の携帯電話番号を入れることで調べることが出来る。通信インフラの負担をなるたけかけずにね。

ほんとにほんとに。。。よかった。







さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウルトラマンデリン&包丁研ぎ

ウルトラマンデリンワイルドコーヒーに入荷したので注文した。マンデリンはデフォルトでいろいろやってみるつもり。先日のマンデリン・ラスナは3日ほど前、残る180gを一気に焙煎したが、ほんの少しムラが出る。ウチのコンロだと150gがちょうどいいのかもしれない。

24日の晩は、また中砥から使って、包丁研ぎもした。この数ヶ月、大祐作舟行包丁を使って思うこと。刃が固い。他の包丁に比べて刃こぼれが起きにくい。だんだんその味がわかってきた気がする。この包丁にほんの少し起きた刃こぼれを中砥で早速直した。いい買い物だったなぁ。





さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

すべてのアートは鎮魂歌

鎮魂歌(レクイエム)、文字通り「魂を鎮める歌」。

だけど大半は、想いを吐き出さざるを得ない、我欲なる「業」の鎮めに過ぎない。ただ「自ら」の魂を鎮めるのみ。他人様も鎮められるアートは、一握どころか指先の砂粒程度のものだろう。当然このブログとて同じこと。

そして「祈り」。単に自分の痛む心の鎮め、まさしくオナニーpray(^_^;)に過ぎない気がするので、僕は祈りません。その分、節電や日常生活への具体的注意に心したいと思います。

大した発信などできなくても「社会の土」として生きることのほう、まず家族の喜怒哀楽の中でふり幅いっぱいに生きることこそ、僕は大切だと思うし、誇りも持っている。小さいことでもできるようにやる。気を引き締めていかないとね。





さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

声の力(長男の卒業式)

長男は今日、卒業式だった。
よくやる「別れの言葉」、学校行事の思い出の文章を文節ごとで切って、子どもたちにめいめいにわけて大声で伝える、アレ。「学校行事がいい思い出になってない子もいるし、しらじらしいなぁ」とか、心の片隅で感じつつも…(長男もある日の晩飯時のおしゃべりでそう言ってた)。
だけど『わたしたちは、忘れない!』とか六年生全員がフォルテシモで張り上げると、、、ぐっと来ました。うるっと来た。声の持つ魂、パワーってすごいもんです。

「蛍の光」も「仰げば尊し」もなし。子どもたちが式で歌ったのもポップスが中心の音楽なんだけど、ちょっとそれはいまいち。やはりポップスって、こういう式支えるには、詞が浅いし、言葉が軽いわ。

長男の小学校の6年間、早かったなぁ。でも続いて今度は次男坊が入学する。まだ折り返し点なのよね。足かけ12年小学校と付き合うってすげえな(笑)。



さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

剃毛処女かぁ…(爆)

これ、かみさんのツブヤキ(((^_^;)。
僕が今朝ヒゲ剃ってたら、隣でボソッと。びっくりしたな、もう(-o-;)。ヘンな広告やらトラックバックやらたくさん付きそうだなぁ。

この言葉、あるおしゃれな自転車雑誌の編集長の言葉。この編集長さん、江東区時代、長男の保育園の親御さん仲間だったのね。その人がロードレーサーにレーパン履いて初めて乗ることになったときの気持ちを誌面に 綴った。そこにあった言葉を、かみさんがボソッと(((^_^;)。今中大介と走ろうなんて企画もあったなぁ。

かみさん、語彙がヘンなので、ほんとオモシロイ奴です(^O^)





さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

古着を被災者支援に活用する方法は、ないのか?

阪神淡路大震災の教訓で、こう言われている

救援物資を送ろうとしてる人へ! 「こんな物資は送るな」→着古しの衣類(誰も着ません)

僕のブログにもこの教訓は記事の中に取り上げている。そこに5001stellaさんから「今回は阪神淡路と全然被災者の規模が違う。古着も必要とされているようです」というご意見をいただいた。僕もかなり着古しても着る人間だから(着るものに無頓着というのも多々ある^_^;;)、そう思う。だが、どの被災地支援物資の受付も、古着は受け付けていない。
そこでmixiボイスやTwitterで「古着を活かす方法ないのかな」って書いてたら、福祉関係の仕事をしている友人から、下記のようなアイデアをいただいた。たいへん興味深かったので、友人の許可を得て転載します。情報を拾いやすくするために、Tonが見出しを加えました。

* * * * * * * * *

今回の震災の現状

今回の震災は被災地の範囲が阪神淡路とは比べものにならないくらい広いので、(避難所の数も1000以上多い)全ての被災地のニーズを拾い上げる事は非常に難しいです。 しかも、「古着でもいいから欲しい」人の所には多分物流のルートが届いていません。公的な支援物資が届く=物流のルートが確保されている、はずですから「古着でもいい」にはならないと思うのですね。 なので、「古着でもいい」場所には個人レベルで支援物資を送る事はまだ無理だと思います。

古着需要

ですが、先日とあるボランティアグループのバザーを手伝ったのですが、え?こんな古着でも??と思うような服が一着100円で次々売れていくんですよ。 これはびっくりしました。
そういえば、施設に勤めていた時にも、パートさんが別の施設に入居するので、服を処分したい、というお年寄りから山ほど古着をもらってきたんですね。
利用者さんは嫌がるだろうから、ボロ切れにするか、毛糸物はほどいて手芸サークルで使うか、とテーブルに積んで相談をしていたら、デイサービスのおばあちゃんも特別養護老人ホームのおばあちゃんも集まってきて、つぎつぎ洋服を身体に当てて洗いざらい持って行ってしまったんですね。

てっきり嫌がるとばかり思っていたのに、大変驚きました。

なので、古着を活かす手段はあると思います。
たとえば、神奈川でも被災者を受け入れますよね、その避難住宅の集会場でバザーを開くとか。被災者は支援の対象者ではありますが一方的に受け取る者、ではありません。 一円でも十円でも、被災者さんがお金を出して買っていく事も、日常を取り戻すという意味で大切なことです。 で、売り上げは全額寄付に回す、と。
特に子供服はすぐに汚れるし着れなくなるし(男の子なら特に)古着で充分!と考えるお母さんも多いと思います。お年寄りも、もったいない精神で古着には抵抗が少ないのかも。

何故古着がダメ?

今回支援物資に古着が含まれていないのは、余りに非常識な古着(被災地に正絹の着物とか洗濯してない服とか)を送りつける輩が多くて、使えない古着の処分に億単位の費用がかかった、という悲しい過去があるからだと思います。
その轍を踏まないように「物資は段ボール単位で」とか「箱の表に誰用のどんな衣類か書く」など、仕分けする相手の立場を考えた配慮が求められているのは当然と言えば当然ですよねえ。
なので、どうぞお手許の古着は大切に保管してください。 私も、先日のバザーには頂き物のタオルとか新品しか献品に持って行かなかったのですが、古着でも商品になるなら捨てなきゃ良かった~と、激しく後悔しました。

遊び道具や本の読み聞かせも大事

遊び道具、絵本は本当に必要みたいです。 さいたまスーパーアリーナでも、読み聞かせボランティアが既に活躍しているそうですし。災害支援は長期的なスパンで、自分は何が出来るか考えた方がいいと思います。 仮設住宅の孤独死防止の訪問ボランティアなんて、何年間も必要でした。

* * * * * * * * *

以上です。






さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

入学・入団準備で奔走中

入学・入団準備で奔走中
朝から長男・次男の入学準備。かみさんと手分けしてます。僕が橋本まで長男の中学制服を受け取りに行って、写真のコーナンに併設のスポーツデポで合流。長男のサッカークラブチームの入団準備(シューズの購入etc)、それと次男の足りない文房具の準備。長男の靴選びの最中は次男は飽きちまう。なのでおもちゃ売り場に行って付き添い中っす。ダブル卒業・入学なもんで忙しいわい。かみさんは軽い頭痛がしてるって。今晩あたりマッサージが必要かもな(エッチな意味なしでね)。

午後は、市立博物館市民研究室か野点ポタリングに行きたいなぁ。

さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

献血結果

Kenketu_result

先日の献血の結果が届いた。「すけべ度」は計測不能なほど高いみたいで記載はなかったが(ソンナ項目ナイッテ^_^;)、異常ないそうだ。ちなみに前回の献血は平成7年、その時の記録もちゃんと残ってて驚いた。それは独身時代、住所は当時住んでた恋ヶ窪。今回変更してきました。

これいいなぁ。血液検査がタダで出来た上に、他人様の役に立つ(すけべな僕の血ではありますが)。健康上の理由で献血できなくなるまで趣味にしちゃおうか。早速結果通知ハガキ保存用のはがきホルダー、100円ショップで買って来ちゃいました(笑)。次、献血できるの、いつだべさ〜。

※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援関連および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

福島原発の情報、Tonはここで…

NPO原子力資料情報室

これまで紹介してきたUSTREAM映像は全て、このNPOの記者会見を、岩上安身氏Twitterで紹介されていたものを紹介してきました。記者会見USTREAMが全てまとめられているので、ここに載せておきます。

またいままでの載せた情報ももう一度こちらに再掲します。

【被災地支援関連】

「遠くからでも出来ること、すべきでないこと」

山本敏晴氏

【計画停電関連】

計画停電エリア検索システム

  …福島第一第二原発からの距離計算もできます

【原発事故関連】

岩上安身氏(フリーランスジャーナリスト)

【ためになった「つぶやき」】

山本敏晴氏 on Twitterより

「震災へのボランティアをしたい方へ。援助経験のない人が現場に行っても邪魔になるだけ。よって今回はどのような活動を各団体が行っているかの情報を集め、次回、災害があった時、そのどれかの組織に入って、一人よがりではない組織としての活動をすることを勧める。人を助けるには日頃からの準備と訓練」

「阪神大震災で被災した当事者の一言。「助けに来てくれて一番ありがたいと思ったのは、自衛隊の人たち。一番めいわくで邪魔だったのは、自称ボランティアの人たち。こちらが必要とすることを言っても、できるはずもなく、逆に自分たちのために残り少ない食品や飲料水をコンビニで消費していく始末」」

僕の義従兄のリツィートから

「救援物資を送ろうとしてる人へ! 「こんな物資は送るな」→着古しの衣類(誰も着ません) →水・飲料(重くて大変なのです) →なまもの(論外) というわけで下世話な話ですが、物資よりも信頼できる筋から義援金で送るのが一番です。以上、阪神大震災で物資仕分けした者より。」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

これから次男坊の卒園式

これから次男坊の卒園式
僕の着ていったコートはおじいちゃん(僕の父)の形見。写真のかみさんのコートはおばあちゃん(僕の母)が若い頃のもの。おばあちゃんは地震以来足が痛くてこれないけど、こうした形で二人とも来ています(おばあちゃんはちゃんと生きてんぞぉ(^_^;))。

これで息子たちはもう幼稚園時代は全て終わり。ただ小学校とは足かけ12年付き合うことになる。こちらはまだ折り返し点っす(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

個人からの被災地支援物資受付

東京都で、個人からの被災地支援物資受付も始まったようです。まず僕は職場の関連の方での支援物資供出にに応募したいと思います。おばあちゃんのほうから送れそうなものが出てきたので。都道府県、市町村のホームページにいろいろ案内があります。僕の場合、義援金は相模原市から行こうかなと、いまのところ考えています。

福島第一原発事故および東北関東大震災関連を、ひとつのカテゴリーでまとめました。あくまで僕の狭い知見で引っかかった情報に過ぎません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

立呑屋、混んでます

こんなに混んでるのみたことないくらい。
不謹慎ですか? 僕はそうは思いません。
回せるお金は元気に回す。そこから元気になります。

キッと飲んでスイッチ切り替えて、
元気取り戻して発つ。
立呑屋は「粋」です。

おとうさんたち、元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでもうひとつ買ってこないの?

昨晩の停電予定時間あけ間近(申し訳ないがウチの周辺の停電はなかった)、かみさんがこう言った。

「今日、パンを1斤予約して買ってきたらね、おばあちゃん(僕の母)に『なんでもうひとつ買ってこないの?』って言われた」って。

自分の母であるからこそ、僕は不快を露わにした。被災地のことを考えたら貪るべきではない。「ダメだ、それは!」とも口にした。しかしまたかみさんに言われた。

「でも、おばあちゃん、思うようには動けないでしょう。私たちはこうと思えば、動いて形にできる。こういう時だからこそ食べたい量を少し我慢してもいるみたいなのよね、おばあちゃん。不安にもなるのかも」

なるほど。

一緒に住んでいられてよかった(支えてくれるかみさん・息子たちにに感謝)。おばあちゃんが2年前の立川のあのアパートで今度の地震に遭ったら、たまらなく不安だったろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島原発空撮映像

岩上安身氏のTwitterアカウントで紹介されていました。

東京電力で配られた福島原発空撮映像だそうです。散水するヘリからどなたかが撮ったのか。決死の任務だと思う。僕らはこの電気で得られたソドムorゴモラな享楽の世界に生きていた。危険な放射能を浴びつつ任務をこなすこの方たち、そしてこの方たちたちの愛する人々の、ごく普通の幸せすらをも踏み台に、僕らはこれから生きて行かなくてはならないのかもしれない。重たい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

福島原発で起きつつあること(その2)

もうUSTREAM画像を追加しにくくなったのでその2にしました。やはり元東芝で原子炉格納容器を設計・実験していた、後藤政志さんの説明はとてもわかりやすい。

フリージャーナリスト・岩上安身さんのTwitter(3/15のつぶやきの中から探してみてください)に見える、この会見の要約が僕にはわかりやすいです。

遠くからでも出来ること、すべきでないこと

こういう震災時に、僕らが被災地に対して「遠くからでも出来ること、すべきでないこと」(←クリックしてください)がまとめられていて、よかったです。

僕の義従兄のTwitterアカウントです。知の巨人です。尊敬してます。

Free live streaming by Ustream

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島原発で起きつつあること(その1)

計画停電エリア検索システム(←クリック)を個人で作られた方がいます

「手が空いてる人は、住所入れて正しく出るかテストお願いします」とのこと。そのサイトにあった注記をそのまま下に転記します。この検索システムの情報はTwitterで知りました。

※なるべく最新の発表情報を反映するようにしますが、正確かつ最新な情報は詳しくは東京電力、報道機関、地元自治体のサイトをご覧ください。
※この検索システムは実験的に個人が開発したものです。信ぴょう性のある最新データは東京電力のサイトを御覧ください。
※公式の検索システムが公開された場合はそちらをご利用ください。
※サイトや記事などで紹介していただいて構いません。事前の承諾は不要です。

何が起きていて、何が最悪の事態なのか。いまのところ、NPO原子力資料情報室のUSTREAM(下に貼った画像)がいちばんわかりやすかった。最新のものは下ではなく上に貼り付けていきます。

20分過ぎから、原子炉格納容器や原子炉圧力容器の設計者の話がある。政治家の説明は基本的に「善処しています」だけ、この報告、仕事でやったら0点だわ。

Twitter上で、福島原発の件に関して冷静に判断していると、さかた(Ton)が感じる人。別にTwitterをやってなくても、どういうことを発言しているかは読めます。クリックしてみてください。

岩上安身氏(フリーランスジャーナリスト)

ためになった「つぶやき」

山本敏晴氏

「震災へのボランティアをしたい方へ。援助経験のない人が現場に行っても邪魔になるだけ。よって今回はどのような活動を各団体が行っているかの情報を集め、次回、災害があった時、そのどれかの組織に入って、一人よがりではない組織としての活動をすることを勧める。人を助けるには日頃からの準備と訓練」

「阪神大震災で被災した当事者の一言。「助けに来てくれて一番ありがたいと思ったのは、自衛隊の人たち。一番めいわくで邪魔だったのは、自称ボランティアの人たち。こちらが必要とすることを言っても、できるはずもなく、逆に自分たちのために残り少ない食品や飲料水をコンビニで消費していく始末」」

ある方のリツィートから

「救援物資を送ろうとしてる人へ! 「こんな物資は送るな」→着古しの衣類(誰も着ません) →水・飲料(重くて大変なのです) →なまもの(論外) というわけで下世話な話ですが、物資よりも信頼できる筋から義援金で送るのが一番です。以上、阪神大震災で物資仕分けした者より。」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

18:20から停電予定

停電中は戸締まりしっかりしてリビングに家族皆でいようと思う。でないと火(ローソク)の管理ができない。

まずは家族で馬鹿話してようと思うが、いろいろ飽きたら勉強すべーか? ポメラの電池は充電済み。ローソク一本あれば本は読めるし、記録もできる。
ギター弾いてもいいな。これならローソクもいらん。ひたすら自分の手の感覚で、音探しすればいい。

先は長い。楽しもう(^O^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電区域をミクロにプロットしたら…

今晩(18:20〜22:00)自宅付近が、第4グループで計画停電予定。昨日は同じ時間帯で国立の職場付近や、八王子駅周辺が停電していた。ついに本気できたな。経済の血流たる鉄道を動かしてるしなぁ。

同じ町でも停電するとことしないとこがあったりする。東京電力も行政区画ごとに電線敷設してったわけじゃない。そして「町・丁目」単位の行政区画も、明治以来ずいぶん線を引き直してるところもある。ひょっとしたら、この停電区域をミクロに地図上にプロットしてみたら、東京電燈(東京電力の前身)以前のたくさん電力会社があったころの敷設エリアが見えたりするんじゃないかとか、思ったりもする。以前、大正期敷設の谷村線鉄塔を追いかけた時、現在の送電網に踏襲されてるのか確かめたくて、送電系統図を見られないか調べてみた。でもテロ対策で無理なのね。

同じことは電話の市外局番区域の変遷にも感じちゃう。現在の市町村域ではなく敷設の歴史が見えるようだ(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

普通に戻っただけでは…

相模原のウチ周辺の人たちは、もう少し歩くことと自転車に目を向けてもいいんじゃないかと思う。クルマ使って昔ならリヤカーで買い物に行くような量を貪るように買い物する。だからガソリンも米やパン類も払底するんじゃないかと思う。手に持てる分しか買っていかなければ、これほどまでならないんじゃないか。

以前、どこもかしこも24時間営業化して夜がなくなってきてるのはおかしい、って書いたことある。いままで24時間営業していた店が節電で19時ころまでには閉まるようになった。別に普通に戻っただけかもと思う。その分雇用が減って不況化してしまうのだろうか?

しかし、たったいま僕が「普通にもどっただけ」などとヌカした日常生活も、江戸時代までの(もっと以前の遺跡から出る縄文などの)自然の循環サイクルの中にあった暮らしからは、かなり贅沢すぎるもの。普通じゃない^_^;;。人間の「貪るほどの欲望」が造り上げてきたものだよなぁ。よりよい暮らしを創り出すのも人間の欲望。とはいえそれで自らをも滅ぼしてゆく。諸刃の剣。救いはないなぁ。

【また追記です】
糸井重里さんのTwitterでいいツィート見つけました。
「買い占めの件、ほんとうに同意です。スーパーでバイトしてるんですが、ほとんどの人は悪意なく最低限の買い物をしていかれます。ただ人数が増えただけ。責める人の声が大きくて、なんか辛いです。」
僕も責めた人間の一人だな。でも、この群がりようは、異常だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

「頑張れ」なんて言えません

同じ立場にいるなら「頑張ろうよ」って言える。だけどこっちゃとりあえず、食うものにも危機的なほどは困らない。そんなぬるま湯な立場から観客よろしく、「頑張れ〜」「体調に気をつけて」などと言えない。被災地はそんな甘い環境じゃないもん。

こちらにできることは、貪らずに日常生活を淡々と回していくこと。ただ祈っても何の解決になりません。

計画停電での横浜線運休、明日もあるんだろうか? いつまで続くんだろうか? 今日は職場の車を借りた。これまでの自転車通勤は交通費もらってるサラリーマンにしては、いらぬ危険を抱えこむ「フザケた遊び」だったけど、これなら大義名分が立つ。横浜線運休が続く間は、雨じゃなけりゃ自転車通勤にしようかな(^_^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕に出来る具体的行動を続けます

仙台市泉区に大学時代の友人がいる。安否はまだわからない。心配は心配。だが敢えて安否伺いの携帯メール等は送らない。もっと命がかかって助けを必要としてる人のために、僕程度の人間の小さな自粛でも、被災地の情報通信インフラの負担を減らしたい。

幸いにも被災地のだいたいの友人の安全はわかった。だからもういい。現在で数千の人は亡くなっており、映像を見れば胸は痛む。が、僕は冷たい人間なので、余計な悲しみに浸るつもりはない。僕がこの震災をネタにチンケな曲作ったり歌を歌ったり、単に手ぇ合わせて祈ったりだけなんぞしてる間に、誰かが運悪く死んでいくだけだ。

だから、うわさでなく僕がまっすぐと感じるものを見つめ、できることをやり、こちらの日常を守ろうとし、被災地の人、そこで組織的に援助のノウハウを持って働く人たちの負担を減らそうとするだけっす。そのためにも寝ます。おやすみなさい。

【追記】
記事タイトル変えました。あまりにこの哀しみを詩的に語る文章に出会って、「ネタにしてんじゃねぇよ。そんなんじゃ救えんわい」ってつい思って、「もう友人の安否は大体わかったからいいや」なんてタイトル、付けたくなっちまいました。「祈る」だけでなく出来ることをする。買い占めたりしてむさぼらず、日常生活を守るだけでも、立派な被災地貢献だと、僕は思ってます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

ヘンタイ、はじめて役に立つ(^_^;)

ヘンタイ、はじめて役に立つ(^_^;)

奇しくも今日(毎週月曜日)、職場は休み。計画停電による鉄道運休の影響はなかった。ただし明日もそうなると、家にクルマのない僕は出勤できなくなる。なので上司に相談して、職場のクルマを貸してもらった(今晩から天気崩れる予報、雨のジテツーは危険で風邪ひくからナンセンス)。当然横浜線は運休なので、職場への往路は自転車で。帰りは上の写真のとおり、前輪だけ外して、荷室に載せてきた(^_^)v。

今回の地震、思いのほか自転車や長距離散歩のノウハウが役立っちまった。職場(国立)-相模原間(20.7km)の地震当夜の帰宅も、過去に相模原・立川間、町田・国分寺間を歩いた経験から時間予測がかなり正確に立った。いつも長距離散歩用の靴で通勤してるし(職場で履き替える)、自転車通勤で最短経路は地図など見ずともわかる。ハンガーノックを起こさぬよう補給には気をつけ、無理なく歩いてこれた。停電地域の真っ暗な場所も、日常通勤帰宅散歩で使ってる懐中電灯が常時仕事カバン(リュック)に入ってるので、全く問題なし(^_^;)。今日の職場車引き取りも自転車で無理なくできた。日頃のヘンタイが初めて役に立ちました(^_^;)。

幸い、クルマにもガソリンは満タン近く入っている。スタンドの長蛇の列に並ぶ必要はない。この給油行列見ていて思ったのは、別に乗らずとも暮らせそうな家も備蓄で給油しに来てんじゃないかな、ってこと。営業車ならまだしもね。被災地救援に必要なの分を、まだまだ問題のない、この辺りのつまらない贅沢で食い尽くさないといいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなときこそつま弾くギター

今日、僕は元から休み。八王子で予定されてた資料撮影会はあったが、中央線(立川以西)と横浜線の運休で日延べになった。僕もちょっと気が抜けて眠い。そんな状態の中、久々にサンタクルーズをつま弾いた。

key=Eで鼻歌的にミニミニ作曲を味わう。最近これが楽しい。別に誰かに聞かせるワケじゃない。お客さんは僕一人、プレイヤーも僕一人(笑)。改めて、いい職人さんに作られたいいギターだなぁ、と思う。仕事や家のことの傍ら、僕の弾いてる時間じゃ、これからまともに音楽を鳴らそうとするだけで一生つきあえる。いいものに出会えた。そして荷物倒壊で、これが失われなくてよかった。むろんこんなギターより家族の方が大切ですが。それとやはりレギュラーチューンで弾くKey=Eは好きだな。

つま弾く隣でカミさんが、買い物の準備して出てった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

献血しました

献血しました
写真のとおり、立川modi地下1階にある献血ルームにて。この東北関東大震災で血は足りなくなるのは間違いない。まずは自分にできることとして。同じことを考える人も大変多い。職員の方に伺ったら、いつもの日曜日より60〜70人は多く、閉室直前などにいらした方には、申し訳なくもお帰りいただいたこともあったとか。

僕として申し訳ない(^_^;)のは、ドスケベどころか「ミ」スケベ・「ファ」スケベくらい、スケベな僕の血が入ったヒトが、極めてヤラしいヒトになっちゃいそうだってこと(^_^;)。おじいちゃんやおばあちゃんに輸血されたら、若返ってその晩ガンバっちゃって、きっと子宝授かっちゃいます。そうそう、「桃太郎」って「桃から生まれた桃太郎」って言われてる。けどこれ、不老不死の薬である「桃」を食べたおじいちゃん・おばあちゃんが、若返って&ガンバっちゃって念願の子宝を授かっちゃう、が元のお話らしい(^_^;)。

献血後、気分の悪くなる人もおられるようですが、そんなこともなく(^_^;)。針刺す時も、優しい看護師さんの手のぬくもりが伝わってくるし、鼻血が出るほどタマってるアマってるボクには、400ccくらい血ぃヌカれたほうがちょうどみたいです(^_^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

昨日からの日本列島とかけて…

「ウチの奥さん」ととく。
そのココロは「自信(地震)に満ちあふれています」^_^;;
ほんと、『自分が大好き』な人だからなぁ(笑)。

ウチに関してはガスがメーターの感震装置で止まっただけで、なにも被害はありませんでした。

まず大黒屋さんやあゆっちさんをはじめとする音楽の友人、大学時代の友人、そしてこの家の売り主さん。心配な人が仙台・いわき・福島にたくさんいる。
なにか出来ることはあるのだろうか。その具体策を僕や周りの人々で考えつつ、そして日々の暮らしをたんたんとこなそうとしつつ、心からの祈りを込めて、事実をしっかり見つめようと思います。

こういうときこそ生きる力となるユーモアを大切にしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

坂田は無事です

お知らせまで。
だが国立から相模原へ電話は繋がらない。ちょっと心配。
パンクさせてはいけないから控えることにする。

電車は止まってるし、こりゃ歩きかな(笑)。


五時間弱歩いて帰宅しました。
家族皆無事です。
ご報告まで

| | コメント (5) | トラックバック (0)

酒席の沈黙

一緒に飲んでてふとやってくる沈黙。
気まずい場合もある。
でもその時、お互いほったらかして飲めると楽。
今晩はいい酒だった(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

どんな距離まで自転車利用?

ウチにはクルマがない。
地方なら別だが相模原のウチの周辺だと、さして不自由していない。生協も利用してるし、安いOKストアも近くにある。旅行などで必要な時はレンタカーを借りてる。

なのでちょっと離れたホームセンターとかにも、ウチは自転車でホイホイ行く。離れてるといっても直線距離で5キロ程度。ウチ的には離れているうちには入らない。

だけどこれ、かみさんが幼稚園や小学校のお母さん仲間に話すと、「エエっ! あんなとこまで自転車で行くの~!?」って言われちゃう(^_^;)。僕らの親の世代みんなやってたじゃない。そんなに驚くことですか?(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

また今晩も焙煎予定(^_^)v

3月7日焙煎のマンデリン・リントン・ラスナは、試飲して僕なりには美味しいと思った。なので、Cafe d'O-Tonマーク付きの便箋も自慢したいばっかりに友達に勝手に送り付け(^_^;)、もうなくなっちゃった(笑)。
音楽も始めたての人間は弾けるだけで気持ちイイから、とにかく聞かせたがる(まともな人なら録音して聞くと大概あまりの拙さに愕然とする(笑))。それとおんなじ^_^;;。メーワクなアマチュアで、誠にすま~ん。

今度は自分が飲みたいので、今晩また焙煎するつもりでいます。ウチは普通の家庭用コンロ。業務用に比べて火力は弱い。だけどその分、2ハゼはゆっくりと推移してくれるみたい。だから焙煎止めるタイミングにかなり幅がある。焙煎時間がかかっちゃうことで、豆によっちゃウチの道具じゃその旨みを飛ばしちゃって「ボツっ!」な時もあると思う。いまのところ酸味の作り方に苦手感がある。しかしそこはこだわり過ぎずにいきたい。こだわって家事投げ捨てて研究始めたら、趣味を突き抜けて、家族の迷惑。そんな迷惑は仕事の部分だけで十分。安く、それなりに美味しく飲めればいい。じ~んわり、まずは続けていきたいわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

携帯電話大活躍(^O^)

現在僕は以下のページを管理している。

【ブログetc】
Ton's Tones
  …Ton's mixiページはこれの日記アップを反映

Ton's Tones支店(2004〜2006年記事、その他)

薩摩派 説経節の会ブログ(仕事関連)

【Twitter】
Ton Sakata(Cafedton)

薩摩派 説経節の会(仕事関連)

記事のアップに、携帯電話はかなり重宝している(パケット放題にしてある)。「記事にしたい」と思ったらすぐ携帯で書いてアップしちゃう(この記事もそう)。写メール使えば写真付きの記事もアップできるようになった。特に仕事関連のものはできるだけ速報性を大切にしたいし、あまり後に宿題を残したくない。活動報告&PR記事は移動中の電車・バス内で携帯で書いて即座にアップしちゃう。移動時間がすごく有効活用できてる。で、後で見直して必要あれば訂正や写真の差し替えをいれてゆく。
いや〜本当に便利だわ〜(^O^)。

音楽はやってるけど、僕の生活の中に、詞にして音楽に載せて伝えたいことなんて、ないっ(笑)。音楽は音楽、こういったとこで書いてる内容にメロディなんか着いたら、しらじらしくってやってられん(笑)。
それとライブのように、お客さんを逃げだしづらい状態で座らせて聞かせるなんてのも、僕の大した時間もかけてない中途半端な芸じゃ、どうにも恥ずかしく、申し訳ない。ブログなら読むも、一度読んでバァロ〜で二度と読まないも、読み手の勝手だ。積極的にPRしてゆくのは、それなりに時間をかけてやっている、仕事の部分だけで十分っす(笑)。

ただ僕にも、こうして発信したい欲ってのはあるんだね。記事の内容によってはあからさまに友達の顔、思い浮かべつつ書いてるし。だけど上記の通り、読み手が読む・読まないは勝手にできる分、気安い。だからこんなに書き散らせんのね(笑)。楽しいっす(^O^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

マンデリン・ラスナを焙煎【感想追記】

ワイルドコーヒーから仕入れた仕入れた「マンデリン・リントン・ラスナ」をフルシティで焙煎。僕の少ない焙煎経験でも、結構マンデリンはクズ豆が多いという印象があるが(石が入ってたときもあった・笑)、ワイルドコーヒーの商品紹介にもあるとおり、実に少なかった。ちなみに僕が買ってすぐにこれ、売り切れになっちゃった。ほんと最後の最後に残ったものを買ったみたいだ。
マンデリンを焙煎していて思うのは、焙煎時に出るチャフの量が少ないこと。今回もそう。タンザニアやブラジルなんかだとドバドバでるのに。また、1ハゼが若干静かだなぁ、って印象があった。

明朝以降、試飲して、どんな味になるのか。楽しみ。味見したら追記します。これからマンデリンはデフォルトにしていろいろやってみるつもりです。それともう一つ、先日南蛮屋で味見して気になったのが、「エルサルバドル温泉コーヒー」とか名前がつけられたもの。結構個性的な味がした。マンデリンデフォルトに並行して試してみたい豆っすわ。

焙煎はじめて、そろそろ1年になる。もうそろそろコーヒーに関する本、読み出してみようかな。まずはカミさんが大学時代に買った、ハーバート G ベイカー著、阪本寧男・福田一郎訳『植物と文明』(東京大学出版会)からにすべーか。

まずはメモ代わり。

【感想追記】
こ、これ、ウマいっす! 細かく挽いて淹れたんだけど、優しい苦み・いいコクと甘みがあっていいっす~(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容院のサービスとカミさん

昨日、カミさんは美容院に行き、さっぱりして帰ってきた。店は昨日は空いていて、すぐやってもらえたみたい。
美容院だと、その人に合いそうな雑誌を、店員さんが持ってきてくれるみたいだけど、まだまだ入りたての男子店員さんが、迷いつつ雑誌を選んでたそう。カミさんも「この子、わたし向けの雑誌選んでるのかな?」と思ってたそう。すると彼は『esse』をカミさんのもとに持ってきた(^_^;)。

『esse』は料理や生活に関する情報誌。他の女性は知らんが、カミさんは「生まれつき母親的な愛情」に溢れる人間ぢゃ~ない(^_^;)。どちらかと言えば、自己の世界を徹底的に追及したい、学者orアーティスト的キチガイをかな~り持ってる(僕の方がカミさんより、つまんねえ一般人だと思う^_^;)。その奔放な爆発を、カミさんが育ってくる時に受けてきた愛情が引き留めているだけだ(笑)。せっかく主婦・母親としての役割を演じることが周りから要求される職場である「家」から離れ、「ひとりの人間」としてここにいるのに、そんな雑誌なんか読みたか~ない。家に帰って、母になるためにもね(^-^)。なので手に取ってすぐ店のマガジンラックに戻しちゃったそう(^_^;)。で、自分で選んだ『ELLE japon』ほかを手に席へ。だけどその若い店員が気になり、夜、僕にこの経緯を語ってくれたのでした。

当然、その子、心にちょっと痛みは走ったろう。人間だもの。でもプロである以上当たり前。こうした経験をどういい形で積み上げていけるか、だものね。僕もお客さまへのレファレンスでずいぶん学ばせてもらってるもん。この子もいい糧にしてくれるといいな~。
ウチのカミさんなんかの場合だと、ほ~っとくのが結構正解だったりすんだけど、それも人それぞれだしなぁ。気遣い・サービスって難しいっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

嗚呼むさくるしき野点d'O-Ton

Rimg0091

今日僕はまぁ、ずいぶんたくさんの記事をアップしてるが、朝から次男坊を公民館祭りに連れて行ったり、勉強したり、晩の結婚14周年記念「酒が飲めるぞ!」の準備をしたり、いろいろだった。
そんなこんなが落ち着いた14時、野点セットにガラパゴス・フルシティローストを仕込み、K藤に携帯でメールを送った

Ton'sメール「外出中か? これからあの公園に野点セット(ガラパゴス)持っていこうと思うが…」

そしたらすぐさまK藤から電話があった。

サ、サカタ、俺の行動、見てたのか^_^;;? まさにいま玄関を出て、自転車に乗ろうとしてたところでおまえのメール、ビックリしたぞ!

って^_^;;;。

津久井道を僕は東京方面へ、K藤は淵野辺方面へ走り、まぁ落ち合ったところで適当なとこみつけて野点しよう、ということになった。途中、休日出勤中のマイミクReal Manさんにもお誘いのメールを送ったが、仕事は終わらず来れず(運がいいのか悪いのか^_^;;)
落ち合ったのは、大体予想通り鎌倉街道と津久井道の交差点。薬師池公園に行ったがコンロ使用不可でアウト。で、小汚い水の流れる(川のせいではない、我々人間のせい)鶴見川のほとりで野点と相成った。

ガラパゴス「んまい! いい甘さぁ!」とのこと。嬉しい。あまり豆のジャマはせずに焙煎できたようだ。
コーヒー飲みながら30分ぐらい、当然最近焼いてるコーヒー豆のこと、焙煎の仕方、見つけた生豆屋さんのこと、音楽のこと、楽しく話した。だが40すぎの中年男が2人、川のほとりで話してる(T_T)。な・ん・と非生産的なことだ(笑)。楽しかったけどさ(^O^)。しかもお互いクルマでなく自転車でやってきてるというのもいい。出会った高校の頃のよう(ほんとウチのカミさんも、K藤も、同じぐらいの頃に出会ってるんだものね)。

やたらこのガラパゴスが美味いと言っていたので、この豆を手に入れたウチの近所の南蛮屋で、この帰りがけにガラパゴスの生豆買って、「手っ取り早いから今買った。送るよ(^_^)」と、K藤にメールを入れた。
そしたら…

ま、また俺を見てたのか?
今帰って、自転車降りたところだぞ!

だってさ^^;;。
狙ってやったら、このタイミング、絶っ対に無理だわ^_^;;

業務連絡、K藤へ
ガラパゴス、ついさっき送ったよ。
焙煎豆でなく生豆だから、メール便でも普通便ね。
「次会ったときでいいよ」って、おまえさんが言うのに
ムリに送ったのは、
この便せんを自慢したいだけです(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アンテナタワー

アンテナタワー
こういうの見ると、ふと疼くなぁ。
またアマチュア無線始めたいな、って。

やれるなら、HF(短波帯)のCW(モールス通信)がいいなぁ。あれ、ある意味「打楽器」でしょ(^_^)。だけど集中して受信能力鍛えないとできないしなぁ。6m(50MHz帯)もいいなぁ。アンテナ小さいし。野点 d'O-Ton絡めつつ、ポータブル運用中心にやるのもも面白そう。

と、妄想だけ(^_^;)は拡がります(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公民館まつりに行ってきた

おばあちゃん&次男坊と(^O^)。
いま仕事の関係で、戦後の公民館活動について勉強している。なので、今、自分の住んでいる地域では、住民にとってどのような場所なのか、肌で感じるのにもいい機会だった。水彩画、俳句、短歌、料理、音楽などの学習サークルの発表。また、地域自治会などが焼きそばや焼き鳥などの店をだして、かなり盛況だった。

* * * * * * 

ところで自分が育った神奈川県海老名市では、公民館とよべるようなコミュニティセンターが出来だしたのは、1980年代に入ってから。自治会と子供会の活動はあったが、公民館は縁遠い存在だった。どれほどの活動があるのか、地域にとって近い存在なのか、疑問に思うところもあった。

だが、子供が出来、小学校などを通して、子供の安全を守るという意味で、本当に利害のある、地域のコミュニティとの関わりが生まれる。そうなってみて公民館に触れると、それなりの核となっていることを感じる。ましてや今住んでいるところは、戦前は単に本村上溝のから出作りにくる畑地でしかない。これほどの住宅地になったのは、昭和20年代半ば以降のことだ。こうしたある種、神社の寄り合いを基本にしたような明治以前からのコミュニティが存在しなかった場所には、核となる場所としての機能を十分に果たしているように感じる。
だけどヒトリモンには、自治会活動は自由な自分の遊びを阻害するものとして鬱陶しくしか感じないんだよね。僕もそうだった。ただし家族として地域に住んでみると違う。住環境も含めて共に守りあう場になる。この意識も人それぞれで、自治会活動に参加したがらない世帯も、あるにはあると思う。だが、ゴミの少ない気持ちよい住環境も、協力し合って守りあうモノだと、僕は思う。それが身体でわかったという意味で、ぼくは家族が持てて良かったと思う。また福祉行政を、具体的な施策で支えるのが、自治体福祉課であるなら、それを、福祉について学習する講座などで住民の意識面から支える施設と言えるのではと感じる。

* * * * * * 

僕は公民館祭りで、ギターサークルの演奏を聴いてきた(下の写真)。聞いてるお客さんは地域の高齢者が多いかな。映画「サウンドオブミュージック」から「My Favorite Things」とか、しっかりアレンジ&練習されてて聞きやすく、とてもすばらしかった。こういうお客様の集まるとこで、自分とお友達以外ダァレモも知らないようなオリジナルとかやる奴ぁダメだな。やっても5曲のうち1曲程度でいい。そんなの聞いてくださるお客さんのこと、何も考えてないオナニープレイヤーだと思う。
110306_110701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の朝コーヒー

久々の朝コーヒー
こんな写真で記事スタートっすが、
コロンかあさんのmixiページじゃございません(笑)。

お腹こわして以来、久々の朝コーヒーっす。コーヒーはガラパゴスのフルシティロースト。カップはおばあちゃんの(左)と僕のウエッジウッド(右)。カミさんは美容院の予約があってで時間がなく、今朝は飲まず。

ウエッジウッドは僕ら夫婦のお気に入り。僕の仕事でお世話になった近世女性史研究者から、僕らの結婚の時にペアでいただいた。華美でなく気品があって好き。もうその先生は鬼籍に入られたが、これを使うといつでも思い出せる。

母も体調のいい時は、朝、食器を洗ってくれる。さてもうすこししたら、おばあちゃん・次男坊と公民館まつりへいくかな(^O^)。(長男は既に友達と遊びにでちゃいました(笑))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

ダンス下手だなぁ

昨日電気屋でAKB48が大画面テレビで目に入っちゃったけど、ダンス下手だねぇ。全然キレがない。ほんと学園祭そのままを写してるだけだわ。会いにいけるアイドルがコンセプトなんだから商売的には正しいんだろうけど。僕にはいらんわ。
何の才能もない一般人に過ぎないんだから、ヌードで売ることだけはなく、将来幸せにおばさんになってほしい。もう完璧に「親の視点」ですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

Cafe d'O-Tonマーク、作ってもらっちゃいました(^O^)

Dscf0386
シンドウアツコ番長命名の僕の素人焙煎コーヒー「Cafe d'O-Ton」シンドウさん作のシールに引き続き、今度はマークまで作ってもらっちゃいました(上の写真)(^O^)。ねもさんが原案で、それをねもさんのお友達であるプロのデザイナー・キメラさんが具現化。こんなかわいらしいマークに(^O^)。コーヒー送り付ける時に、一筆添える(ゴメンナサイする(^_^;))便箋のマークに使わせていただくつもりです(いちばん下の写真)(^O^)。

いやもうほんと、肝心のコーヒーより周りだけが立派(笑)。完全に大いなるシャレ(笑)。時にシンジラレナイような「ボツ!」コーヒーを送り付けているのに(^_^;)、「エビでタイを釣り」続けております。すいませ~ん。
コーヒー、一応送っていいかは尋ねるけど、正直ことわりにくかろう。音楽がそうだが「始めたてのアマチュア」ってつくづくメーワク(笑)。なのにこんなよくしていただいて、感謝してもしきれません。

でも、煎って数日・挽きたて・淹れたて、って美味しいんだよね。ほんとそれだけ。ピンポイントで豆に合った味に持っていく調師匠焙煎の境地は無理でも、日用飲み向けなら僕やK藤ができるんだから誰でもできる。好きならぜひみんなやって欲しい。コーヒー価格も高騰してるし安く飲めます(^_^)v。まぐれ当たりで豆の邪魔せず焙煎できたら美味しい時もあります(^_^;)。あまり他人がやらないから珍しいだけなのよ。

飲んでくださった皆様に感謝申し上げます。



また贈るので覚悟しといてください(笑)
(↑反省シテナイジャン)

Dscf0387

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小言

ウチの長男、片付けが苦手。昨日も僕が帰ったらリビングにランドセルや脱いだ靴下が放りっぱなし。かみさんが、宿題やれ、歯を磨け、布団をしけ、と言ってもやりゃしない。メシだと呼べば、電気つけっぱなしで降りてくる。絶えず僕やかみさんの小言でやり直し。

思い立ったらすぐに次に意識が移って、前のことを忘れちゃう。それはわかるが、それでは世間に出て仕事にならない。またかみさんに対するガキっぽい反抗には僕はこういう。「反抗するからには、与えられた仕事(僕も家事手伝った上で自分の勉強してるので文句は言わせない)を別のやり方でこなす代案があるんだな。ないならくだらない反抗だ。実のない反抗してんじゃねえ」って。
でも、このだらしなさへの小言。僕もかなり母(いま同居してるおばあちゃん)に言われたこと(笑)。母からしたら僕が言ってるのが、可笑しくてしかたない部分もあるみたいだ。

いま僕が片付けできるのは、精神の運動量が息子どもに比べて、不自由で小さくなってるからってのもあるだろう。そして社会で痛い目にあって、身体にやっと染み付いたのもあると思う。

息子どもへの小言は、疎まれようが効き目ないと感じようが、伝え続ける。結局こちらがヨボヨボになったころにしか、言われた当人に意味を持たないのは、人類の常なんだもの。小言こそそれが足かせとなる一時期はあれ、最大の贈り物かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

包丁研ぐかな(^O^)

包丁研ぐかな(^O^)
お腹がまだ本調子じゃないのでコーヒー焙煎をする気にはならない。だから気分転換は包丁研ぎ(^O^)。

かみさんから、菜切りスタイルの三徳包丁(いちばん手前)の切れ味が落ちてきたと申し出があったので、中砥から出動。手前2本は写真に写ってる中砥から。大祐作舟行包丁(いちばん向こう)は仕上げ砥だけで良さそう。さすがに固い刃だなぁ。

【追記】
一生懸命研いでました、そしたら……
♪わ~たし~、指も研ぎましたぁ~^_^;;♪
(「さだまさし/追伸」のメロディで(T_T)。
110303_221901_2



この曲知らない人は下のYouTubeをどうぞ^_^;;。
1分35秒過ぎに出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒、やめちまおうか

整腸剤(ビオフェルミン)飲みつつ酒抜いて三日目。下腹の痛みはほぼなくなった。やはり飲み過ぎだったのか。

酒飲まないとメシも早い。しかも量も少なくなる。だけどたいして息子やかみさんたちと話さずに、パパっと食ってすぐ史料読みとかに入っちゃうから、家庭的にはいいことなのかどうか。

節制しつつ飲むって下手なんだよな~。飲み出すとまたしっかり飲んじゃう自分がわかる。いっそのことやめちまおうか。もうすぐ相原駅。身体のどこかはあの立呑屋に呼ばれている(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

今日で結婚14年

今日で結婚14年
職場で話題にしたら、シンガーな上司がササッとググってくださって、「象牙」婚だとか(^O^)。ギターのナットかサドルだな(笑)。でも今晩は説経節の会の会議(笑)。

この春、長男は中学に次男は小学校に上がる。子育ても、三歳くらいまでのような手のかかりかたはなくなってきた。カミさんも長男の勉強を看ること兼ねて、自分の学問を開始した(ついに爆発開始かな(^_^;))。僕も意識的にワガママに(カミさんとの会話はしっかりしつつね)、仕事と仕事に関する学びにしっかり力を注ぎたいと思う。音楽同様たいして才能ないんだから、ちゃんと時間を注いであげないことには、仕事に失礼。音楽からもそれは学んだ。力を分散させてたら、絶対にセンスにはならんのよ。
この10年で自分の音楽スタンスは見えてきた。創作などにこだわらず(それは仕事ですべきこと)、愛する曲を愛するなりに自分で弾いて楽しむ。不特定多数に聞かせるような無分別なマネさえしなければ、迷惑はない。

結婚の時の自分の決心は「家の分岐点では絶対逃げずに、しっかり話しあって自分が決断・行動する。決断が間違ったら、家族みんなに思い切りあやまる(^_^;)」。これだけはこれからもそのまんまでいきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

下腹シクシクでお休み

先週末から下腹シクシク。今日は休んで医者行きました(でも史料読みもしてる(^_^;))。飲み過ぎもあるかな。仕事帰ってメシ食って食器洗い機仕掛けて史料読みを終えた後、缶ビール飲んだりしてるし。

あまり節制する気がない。不摂生して親父のようにポックリ逝ければ、団体信用生命保険で家のローン、チャラにできるかも(^_^;)とか思ったり。だが僕の場合、そう上手くは行かず寝たきりになって、も~っと家族の負担になりそうな気がする(笑)。

さっきおばあちゃん(母)から「おじや作ろうか」と言われたが、「いらない」と言って今は整腸剤飲んで寝てます(頭休まったらまた本読も)。「うん、作って」と言って、おばあちゃんを「母」にしてあげたほうが「思いやり」だったか…。でも、いまはいいや。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

思考に気をつけなさい

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。(マザー・テレサ)
Twitterのリツイートで読んだ言葉。いい言葉だと思うが、気をつけだしたら、僕、自殺する以外なくなるわ(笑)。「清濁含めてあるがまま」をある程度諦めていかないと、意地汚い一般人としてはおめおめと生きてられません(笑)。いろいろぶつかって、そこでやっと気づいて、「ごめんなさい」で生きていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ton's Tonesバックナンバー、引っ越し終了

昨年廃止したホームページ版「Ton's Tones」。今日思い切って、最終的に必要と思える記事を選び、支店への引っ越しを全て終えた。
なので、とってあったhtmファイルは全て削除。いろいろ整理しつつ、集中していかないとな(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »