« 包丁研ぐかな(^O^) | トップページ | Cafe d'O-Tonマーク、作ってもらっちゃいました(^O^) »

2011年3月 4日 (金)

小言

ウチの長男、片付けが苦手。昨日も僕が帰ったらリビングにランドセルや脱いだ靴下が放りっぱなし。かみさんが、宿題やれ、歯を磨け、布団をしけ、と言ってもやりゃしない。メシだと呼べば、電気つけっぱなしで降りてくる。絶えず僕やかみさんの小言でやり直し。

思い立ったらすぐに次に意識が移って、前のことを忘れちゃう。それはわかるが、それでは世間に出て仕事にならない。またかみさんに対するガキっぽい反抗には僕はこういう。「反抗するからには、与えられた仕事(僕も家事手伝った上で自分の勉強してるので文句は言わせない)を別のやり方でこなす代案があるんだな。ないならくだらない反抗だ。実のない反抗してんじゃねえ」って。
でも、このだらしなさへの小言。僕もかなり母(いま同居してるおばあちゃん)に言われたこと(笑)。母からしたら僕が言ってるのが、可笑しくてしかたない部分もあるみたいだ。

いま僕が片付けできるのは、精神の運動量が息子どもに比べて、不自由で小さくなってるからってのもあるだろう。そして社会で痛い目にあって、身体にやっと染み付いたのもあると思う。

息子どもへの小言は、疎まれようが効き目ないと感じようが、伝え続ける。結局こちらがヨボヨボになったころにしか、言われた当人に意味を持たないのは、人類の常なんだもの。小言こそそれが足かせとなる一時期はあれ、最大の贈り物かもしれない。

|

« 包丁研ぐかな(^O^) | トップページ | Cafe d'O-Tonマーク、作ってもらっちゃいました(^O^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小言:

« 包丁研ぐかな(^O^) | トップページ | Cafe d'O-Tonマーク、作ってもらっちゃいました(^O^) »