« 入学・入団準備で奔走中 | トップページ | 剃毛処女かぁ…(爆) »

2011年3月22日 (火)

古着を被災者支援に活用する方法は、ないのか?

阪神淡路大震災の教訓で、こう言われている

救援物資を送ろうとしてる人へ! 「こんな物資は送るな」→着古しの衣類(誰も着ません)

僕のブログにもこの教訓は記事の中に取り上げている。そこに5001stellaさんから「今回は阪神淡路と全然被災者の規模が違う。古着も必要とされているようです」というご意見をいただいた。僕もかなり着古しても着る人間だから(着るものに無頓着というのも多々ある^_^;;)、そう思う。だが、どの被災地支援物資の受付も、古着は受け付けていない。
そこでmixiボイスやTwitterで「古着を活かす方法ないのかな」って書いてたら、福祉関係の仕事をしている友人から、下記のようなアイデアをいただいた。たいへん興味深かったので、友人の許可を得て転載します。情報を拾いやすくするために、Tonが見出しを加えました。

* * * * * * * * *

今回の震災の現状

今回の震災は被災地の範囲が阪神淡路とは比べものにならないくらい広いので、(避難所の数も1000以上多い)全ての被災地のニーズを拾い上げる事は非常に難しいです。 しかも、「古着でもいいから欲しい」人の所には多分物流のルートが届いていません。公的な支援物資が届く=物流のルートが確保されている、はずですから「古着でもいい」にはならないと思うのですね。 なので、「古着でもいい」場所には個人レベルで支援物資を送る事はまだ無理だと思います。

古着需要

ですが、先日とあるボランティアグループのバザーを手伝ったのですが、え?こんな古着でも??と思うような服が一着100円で次々売れていくんですよ。 これはびっくりしました。
そういえば、施設に勤めていた時にも、パートさんが別の施設に入居するので、服を処分したい、というお年寄りから山ほど古着をもらってきたんですね。
利用者さんは嫌がるだろうから、ボロ切れにするか、毛糸物はほどいて手芸サークルで使うか、とテーブルに積んで相談をしていたら、デイサービスのおばあちゃんも特別養護老人ホームのおばあちゃんも集まってきて、つぎつぎ洋服を身体に当てて洗いざらい持って行ってしまったんですね。

てっきり嫌がるとばかり思っていたのに、大変驚きました。

なので、古着を活かす手段はあると思います。
たとえば、神奈川でも被災者を受け入れますよね、その避難住宅の集会場でバザーを開くとか。被災者は支援の対象者ではありますが一方的に受け取る者、ではありません。 一円でも十円でも、被災者さんがお金を出して買っていく事も、日常を取り戻すという意味で大切なことです。 で、売り上げは全額寄付に回す、と。
特に子供服はすぐに汚れるし着れなくなるし(男の子なら特に)古着で充分!と考えるお母さんも多いと思います。お年寄りも、もったいない精神で古着には抵抗が少ないのかも。

何故古着がダメ?

今回支援物資に古着が含まれていないのは、余りに非常識な古着(被災地に正絹の着物とか洗濯してない服とか)を送りつける輩が多くて、使えない古着の処分に億単位の費用がかかった、という悲しい過去があるからだと思います。
その轍を踏まないように「物資は段ボール単位で」とか「箱の表に誰用のどんな衣類か書く」など、仕分けする相手の立場を考えた配慮が求められているのは当然と言えば当然ですよねえ。
なので、どうぞお手許の古着は大切に保管してください。 私も、先日のバザーには頂き物のタオルとか新品しか献品に持って行かなかったのですが、古着でも商品になるなら捨てなきゃ良かった~と、激しく後悔しました。

遊び道具や本の読み聞かせも大事

遊び道具、絵本は本当に必要みたいです。 さいたまスーパーアリーナでも、読み聞かせボランティアが既に活躍しているそうですし。災害支援は長期的なスパンで、自分は何が出来るか考えた方がいいと思います。 仮設住宅の孤独死防止の訪問ボランティアなんて、何年間も必要でした。

* * * * * * * * *

以上です。






さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

|

« 入学・入団準備で奔走中 | トップページ | 剃毛処女かぁ…(爆) »

コメント

とりあえず自身の所属する自治体または関連する自治体に相談して、指定された手段、地域に送る事ですね。
善意が受ける側や関係者にとって善意になっていない結果になってしまう恐れもあります。

しかし洗濯物やゴミ同然を送る…ってのも人間じゃないな。
遊ぶ金欲しさに募金箱を襲ったり盗んだり…はたまた詐欺に震災募金を名乗ったり……鬼畜生にも劣るな。

投稿: italica | 2011年3月22日 (火) 07時52分

NHKの番組で、津波の被害に遭われた商店が後片付けに追われている時に、泥だらけになった商品(衣類)を無料で配っている様子が写ってました。津波に呑まれたものなので無残な状態なんですが、それでももらっていく人がいました。それほど困ってるんだと思います。

子供向けの紙芝居ボランティアとかいいですね。今更ながら何も芸がないのが悔やまれる…

投稿: dog_song_jack | 2011年3月22日 (火) 08時07分

>itaちゃん
ご迷惑なく、必要なものを、できることから、が基本だよね。
人間は畜生よりは確実に劣ります。
畜生はむさぼりませんもの。
むさぼることで得た文明ではあるんだけどね。

投稿: さかた(Ton) | 2011年3月22日 (火) 09時03分

>dog_song_jackさん
芸などなくても、ただ話を聞くだけでも違うようにも感じます。とにかくできることから、できるように、長い目で、なんでしょうね。

投稿: さかた(Ton) | 2011年3月22日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古着を被災者支援に活用する方法は、ないのか?:

« 入学・入団準備で奔走中 | トップページ | 剃毛処女かぁ…(爆) »