« メリーゴーランド | トップページ | 女性が最終的に求めているものは »

2011年3月30日 (水)

文句を言う権利

原発から250km離れた僕、
ひたすら自分と家族の身を案じている。

山本敏晴氏のツィートから。

「東京電力のお陰で、雇用とか、(多額の法人税等の納入と、国からの補助金による)福祉の改善とか、たくさんの恩恵を、うちの村は受けてきた。それを忘れて、今回のことで、東京電力を一方的に非難する気にはなれない。原発を無くせば良い。そう単純に考える問題ではないと思う。」 福島の避難所の方

「東京電力はまだ良い。費用対効果を考えマグニチュード8にリスクを設定し原発を作った。それにより安い電気を使っていた我々に文句を言う権利はない。対して資本主義は最悪。市場の拡大により資源の枯渇が起きても、新技術により新しい資源が見つかるだろうという何の根拠もない楽観論だけで動いている」

とにかく「どうするか」を言うことなく、
文句ばかりを言う気には、僕はなれない。
ただ「人類に節制は不可能」とは、思っている。

僕はひとつひとつ自分の仕事をし、家族と一生懸命生きるのみ。






※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

|

« メリーゴーランド | トップページ | 女性が最終的に求めているものは »

コメント

常に思うのですが、代替案無き、否定&拒否するだけの主張は却下でございます。

投稿: 調 | 2011年3月30日 (水) 23時45分

NHKのニュースで、原発から避難してきた女の子が「福島の電気が東京に行って、その影で私達のような人間がいることにも関心を持って欲しい」と言ってましたが、本当にそうですね。地方を犠牲にしてきた構図ですね。

もう原発が作られることはないでしょうから、今ある原発をどう収束させるかという問題でしょうが、技術が進んでいるので、太陽光発電ですら、既に原発よりコストは低くなっているそうです。自然エネルギーはもっと低い。

電気料金が上がることはない筈なんだけど。

でも、節電は続けるべきでしょうね。今まで無際限に使いすぎ。

投稿: dog_song_jack | 2011年3月31日 (木) 10時51分

>調さん
それが社会人の最低ルールのはずなんですよね。

>dog_song_jackさん
太陽電池を作るのに必要とされる電力ってかなり大きいと聞きます。そのあたりはどう試算されてるんでしょう。自然エネルギーに頼ると、火力や原子力並みの発電量は無理ですしね。安全と今の贅沢を共存させるのは、エネルギー保存の法則から考えても無理かと思ってます。
どちらにせよ、いまの暮らしを守るなら、地方もしくは他国からどう巧妙にだまくらかして資源を引っ張ってきて、自らの贅沢を維持するか、でしょう。
僕には次のノアの方舟に乗る資格は、間違いなく、ありません。

投稿: さかた(Ton) | 2011年3月31日 (木) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文句を言う権利:

« メリーゴーランド | トップページ | 女性が最終的に求めているものは »