« 揺れたって揺れてるだけじゃん | トップページ | BGMが邪魔な時 »

2011年4月13日 (水)

ウチを建てたご家族が…

2年前、いま僕の家族が住む、派手なものはないが「住む道具」として考え抜かれた、住まうことへの愛が溢れる素晴らしい家を、会社の転勤のために売って引っ越していった先は「仙台」でした。

不動産屋での売買契約の席上、向こうのご主人がふと漏らされた言葉、「この家の居間はね、日当たりがよくて暖かいんだよ。朝方だけエアコンをちょっといれれば、あとはいらないんだよ(^_^)」。これが地震の被害が明らかになってきてから時折、頭の中をリフレインします。住めば住むほど、このご家族の家を建てるときにかけた愛を感じる。

仙台のどこに越されたかまでは、聞いてはいない。無事にお住まいなのか。無事を祈るしかないのがもどかしい。かといってもうこの家を明け渡すわけにもいかない。きっとこの家の隅々を思い出しておられるのではないか。思ってもしょうがない申し訳なさを感じてる。




※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

|

« 揺れたって揺れてるだけじゃん | トップページ | BGMが邪魔な時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウチを建てたご家族が…:

« 揺れたって揺れてるだけじゃん | トップページ | BGMが邪魔な時 »