« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

Internet Radio、バッハ専門チャンネル

mixiボイスには書いたけど、インターネットラジオ「AccuRadio」で、バッハばっかりをかける専門チャンネルを発見した(遅いっ!^_^;;)。自宅で英文史料読みながら、本読みながら、かけっぱなしにしてます。ウチはメシ時にもよくバッハかけてます。とにかくカミさんも僕も大好き。

ラジオのいいとこって、自分でCD買ったりしたら好みで偏ってつまんなくなるんだけど、思いも寄らない出会いをさせてくれるところ。このチャンネルだといろいろなプレイヤーのいろいろなバッハ演奏を聴ける。ノートPCで流してるんだから、音質はカス以下です。でも悪魔的領域にいったヤベェ演奏なら、そんな環境もやすやすと乗り越えてくる。カミさんはいままで苦手だったグールドのゴールドベルグ変奏曲と「あ、いいじゃない!」と新たな出会いをしました。

僕が今聴きながら、「お、いい!」と思ったのはこの二つ。

English Suite No. 3 in G Minor BWV 808
Simone Dinnerstein
Bach: A Strange Beauty
Johann Sebastian Bach
Sony Music Entertainment
2011

Magnificat : Suscepit Israel (Soprano, Alt...
Collegium Stuttgart
J. S. Bach, Magnificat D-Dur Bwv
Johann Sebastian Bach
Hanssler Classics
1995

Amazonでポチしたくなるなぁ^^;; あと今鳴りだした瞬間に、ヒラリー・ハーンは一発でわかった。ウチにCDあるからね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20110531Ton's体重その他

体重:80.0kg 体脂肪率:22.7% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1733kcal 体内年齢:36歳 筋肉量:58.6kg 筋肉スコア:2(TANITA体組成計 BC-701で計測)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

体重記録はこっちにします

部分ジテツーをはじめて記録再開。
久々に「音本鍛日記」カテゴリーの記事です。
どこかの誰かさんみたいな書き方だけど、
【5/30の僕】体重:79.2kg 体脂肪率:22.1% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1727kcal 体内年齢:35歳 筋肉量:58.5kg 筋肉スコア:2(TANITA体組成計 BC-701で計測)
Twitterで書いてたけど、あそこに書く内容じゃないや。
個々までの僕は下記です。
【5/29の僕】体重:79.8kg 体脂肪率:22.3% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1737kcal 体内年齢:35歳 筋肉量:58.8kg 筋肉スコア:2(TANITA体組成計 BC-701で計測)
【5/28の僕】体重:79.9kg 体脂肪率:21.3% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1763kcal、体内年齢:32歳 筋肉量:59.6kg 筋肉スコア:2(TANITA体組成計 BC-701で計測)
【5/27の僕】体重:80.0kg 体脂肪率:21.1% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1770kcal 体年齢:32歳 筋肉量:59.8kg 筋肉スコア:2(TANITA体組成計 BC-701で計測)
【5/26の僕】体重:80.3kg 体脂肪率:22.3% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1750kcal 筋肉量:59.2kg 筋肉スコア:2(TANITA体組成計 BC-701で計測)
【5/25の僕 帰宅時計測】体重:79.8kg 体脂肪率:21.0% 内臓脂肪レベル:13.0 基礎代謝:1751kcal 筋肉量:59.3kg 筋肉スコア:2 (TANITA体組成計 BC-701で計測)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母のCT検査

同居の母と、先日のCT検査の結果説明を聞きに行ってきた。母は死産した兄と僕の二人を帝王切開で産んでいるので、下腹の正中部に手術創があり、その部分の腹膜が弱って腹腔内脂肪が飛び出すヘルニアを起こしている(小さいものだけど)。その治療のためのCT検査でおまけがついた。

慢性腎炎を30年以上患ってきた腎臓、その右腎のほうの水のたまった部分に、小さいが腫瘍っぽい影が見つかった。

しかしまだこれは影のみで、良性か悪性かはわからない。なので6月上旬中に、PET-CTという検査で判定することになった。このPET-CT検査、放射性物質なブドウ糖を造影剤として入れ、ブドウ糖を大量消費する性質のある悪性腫瘍(ガン)には大量にその物質が集中するので、その現象を検出する(良性だと集中しないそう)。それで良性か悪性か、そして同時にCTも撮って部位と大きさを判断するっちゅうもの。たまたま1年前にもCT撮ってたので、比較対象もある幸いもあった。良性ならほっとくが、悪性ならさらに精査(生検)して、手術しましょう、ってことになった。
今回、検査結果説明はICレコーダーで録音。これ、帰ってかみさんとも聞き直せるから便利。PCでデータ一括管理できるしね。

ま、どちらになるかは、検査してその結果次第ですわ。どちらにしてもいつものとおり「one at a time」「Let's not make things worse by guessin'.」の姿勢で臨むだけっす〜(^_^)v。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

打楽器が好き(^O^)

打楽器が好き(^O^)
6/25に行われる説経節の会定期公演、いつもの柝(き)と口上だけでなく、写真の通り鳴り物も担当っす。ツケ板も銅鑼も打ちます。

この銅鑼は弱く打つとお寺の鐘になるけど、ちょっと強く打つと「中国四千年の味」になっちゃう(((^_^;)。注意が必要(笑)。またこの銅鑼から、神社の鰐口の音も、撥の使い方を工夫して(銅鑼本体を布でミュートして、撥の柄の方で叩く(((^_^;))創り出します。こういう原始的な工夫が出来るのが、打楽器の楽しさかもね(^O^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

吉祥寺・弁天湯の富士山がぁぁぁぁぁぁ(T_T)

吉祥寺・弁天湯の背景ペンキ絵の富士山は素晴らしかった。男湯と女湯の仕切りの上に山頂を描き男湯・女湯の端に向かって裾野を広げる巨大な富士山。これは絶景だった。ところがそれが漫画『テルマエ・ロマエ』の影響を受けて、ベスビオス火山なんぞに変えられちまった(T_T)。サイテーだ。日本人じゃねぇ。よりによって弁天湯でやるなんて(T_T)(T_T)(T_T)。

記事リンクはしません。弁天湯のベスビオス火山なんかみなさんに紹介したくありません。

ちなみに僕、結婚前に一人暮らし時代、部屋に風呂がなかったので、中古で買ったポンコツミラターボで多摩の銭湯行脚してました。それからも行った先では入れるときは入ってます。行った銭湯列挙してみようか。

北多摩
【武蔵野市】清水湯(なくなっちゃった)、元の湯、虎の湯、武蔵野浴場、恵比寿湯、武蔵野湯、弁天湯、よろず湯、【三鷹市】のぼり湯、アサヒトレンド21、春の湯、千代乃湯、神明湯、北野湯、【東久留米市】第二喜多の湯、岩の湯、【保谷市(現・西東京市)】みどり湯、妙法湯、【清瀬市】新盛湯、伸光湯、宝湯、喜多の湯、清の湯、峰の湯、【小平市】福の湯、小平浴場、百々の湯、ほまれ湯、上水湯、薬師湯、【東村山市】白山湯、久米川湯、桜湯、ニュー双葉、【田無市(現・西東京市)】桐の湯、田無浴場、庚申湯、【立川市】砂川湯、みはる湯、千歳湯、高砂湯(母の行きつけの銭湯でした)、梅の湯、江の島湯、羽衣湯、美保湯、【武蔵村山市】第二砂川湯、第二梅の湯、世界湯、友の湯、富士見湯、神明湯
【府中市】福の湯(ここの背景絵はタイル絵で横浜ベイブリッジと横浜港でした)、美吉湯、曙湯、松ノ湯、朝日湯、桜湯、よし乃湯、紅葉湯、藤の湯、玉の湯、【調布市】深大湯、梅の湯、薬師湯、宮の湯、富士見湯、第二富士見湯、亀の湯、朝の湯、日の出湯、神代湯、日の出湯、【小金井市】ぬくい湯、久の湯、小金井浴場、ニュートキワ湯21、新明湯、みどり湯、松みどり湯、【国分寺市】えのき湯、孫の湯、福の湯、花沢湯(もうない銭湯だけど、ロッカーがいちばんレトロだった)、桃の湯、【狛江市】富の湯、【昭島市】富士見湯、昭和湯、三光湯(ピーターラビットの洗面器だった)、【国立市】大泉浴場、松の湯、鳩の湯

南多摩
【町田市】大蔵湯 【八王子市】あづま湯、松の湯、福の湯、菊の湯、玉乃湯、【日野市】ひの湯、【稲城市】稲城浴場、玉城湯、【多摩市】立花浴泉

西多摩
あ、行ってなかったんだ、西多摩には。。

23区
【中央区】月島温泉 【江東区】ニュー松の湯(新婚時代の大家さんでした)、金春湯、第一弁天湯(このエピソードの銭湯)、辰巳湯(清澄庭園近く)、【足立区】明美湯、【葛飾区】北野浴場、【杉並区】小金湯、【品川区】三好湯、宮城湯(露天風呂アリ)、福の湯、高砂湯、大盛湯、東京浴場、緑湯、【大田区】久が原湯、【世田谷区】宇田川湯、そしがや温泉21(ここの冷凍サウナはスゴイ)、【練馬区】貫井浴場、岩の湯

これだけは見た中で、弁天湯の富士山は、最高だったのっ!! あれはなくしちゃいけないよぉ。でもそうして話題作ってでも銭湯に来てもらわなくちゃ、なんだよなぁ。

【追記】
僕の好きな弁天湯の富士山の写真のある記事、見つけた。中央線車内ディスプレイでも取り上げられてる「風呂ロック」のブログです。ほんと銭湯の経営って大変なんだよね。その中で少しでも盛り上げようとなさった風呂ロックの方々、必死にがんばってる弁天湯様に敬意を表します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

くるり、いいわぁ(^O^)

「くるり」のファーストアルバム、聞いてる。とてもいい。詩がすごくいい。象徴的で深い。しっかり面と向かった味わいたくなる。
ところで「オールドタイマー」って曲、サビの「マイオールドタイマー♪」が「迷った〜今〜♪」に聞こえる(*^_^*)。きっと狙ってんな、これ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

Song for the asking

久々にサイモン&ガーファンクルにアルバム「LIVE1969」でハマってる。台所仕事の手伝いのBGMはずっとコレ。つくづくポール・サイモンってギターが歌うなぁ。脱力も素晴らしい。
いちばん気に入った曲が「Song for the asking」。ギターも二人のコーラスも、たまらなく自由で、いい。久々にやりたくなった。けど、

仕事(職場・説経・英文史料)や家庭の傍ら、まずフィンガリングを採譜して、練習するだけの時間がとれるのか、すぐに自問した。無理。音感には欠けるが、パフォーマンスの善し悪しの、僕なりの基準だけは肥えてしまった。中途半端にやると、録音したとき愕然とするのが関の山。考え方が「おっさん化」してるな。

左手指先のタコもほぼ消滅。毎日練習してない証拠。だけど鼻歌的にはぽろぽろ弾いてる。いまはそれだけ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

小出裕章先生のコメント要約ブログ

Twitterで見つけたので、ここでもリンクしておきます。

小出裕章(非公式)まとめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

指切りグローブ、僕ぁコレで十分!

指切りグローブ、僕ぁコレで十分!
写真は、八王子みなみ野のホームセンター「Homac」で見つけた指切りグローブ。1280円(^_^)v。サイクルベースあさひで買った専門品をひとつ持ってて使ってるけど、洗い替えが欲しかったの。こういうの、自転車屋で専門品買うと安いのでも3000円くらいするのね。だけど道具としての僕の体感だと、どちらもほとんど変わりゃしません(笑)。コレで十分っす!。
都留のほうへグローブしないで140kmばかりサイクリング行った時に改めて感じたけど、やはりグローブはあると楽。距離が長ければ特にそう。落車した時の怪我防止にも意味あるし。

しっかしなんで自転車専用グッズってこんなに高いんだろ。ジャージもあると、背中のポケットとかすごく便利は便利だけど、10000円以上する。高過ぎだぁ。安いのも出てきてるけど、自転車屋であまり売ってなくて手にいれづらい。

僕は、自転車を「ファッショナブルに『着る』」気はまったくないし、自転車もパーツも、道具として僕の役に立ってくれれば、いい。
そんな僕にはホームセンターは心強い味方です瑫。店内のどこ眺めてても、癒されるんだよなぁ(*^_^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

Jack Swigert

この科学技術時代に、科学技術の知識がなければ、世の中をどうしていけばよいなんてことは、まるでわからないはずだ。ところが、アメリカの議会では、535人の上院議員のうち、科学技術のバックグラウンドがある議員は、たった5人しかいないんだよ。(中略) アメリカの議員は、もっぱら弁護士でできあがっているのだ。そりゃ、彼らは頭のいい連中だ。しかし、どんなに頭がよくても、現代の技術はテクニカルバックグラウンドなしには理解できない。議会にはもっともっとたくさんのエンジニアが必要だ。エンジニアだけではない。医者も必要だし、農民も必要だ。医者抜きで医療政策を論じられないし、農民抜きで農業政策を論じられない。いや、論じるだけならできるし現にやっているが、それは本質的な理解が欠如した議論だ。アメリカの議会は、弁護士の集団から、もっと職業的にバラエティに富み、もっと専門的知識、もっとテクニカルな知識を持った人間の集まりにならねばならない。
 (中略)
テクノロジーの理解は政治家の充分条件ではない。しかし必要条件ではある。問題は、この必要条件を欠く政治家が多すぎることだ。なぜ、テクノロジーの理解が政治家の必要条件かというと、現代社会が解決を迫られている問題のすべてが、テクノロジカルな解決を必要としている状況にあるからだ。
 (中略)
産業革命以前の農業社会にいますぐ世界中で戻ってしまおうというのなら、エネルギー問題も消えてなくなるのかもしれない。しかしそんなことはできない。いま農業社会に戻るとしたら何十億人という人が死ななければならない。いまの農業生産力は様々のテクノロジーによって支えられているのだから、農業社会に戻ったら、農業生産力はガタ落ちになり、餓死する人が続出する。テクノロジーのもたらした弊害を批判するあまり、テクノロジーの発展に後ろ向きの姿勢をとる人々が最近多くなってきたが、冷静に考えれば、結局のところ、前向きにテクノロジーを利用していく以外、人類が生きのびる道はない。

アポロ13号の司令船パイロット、ジャック・スワイガート(現在は故人)へのインタビュー(出典:立花隆『宇宙からの帰還』文庫版、1985年より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

YouTube小出裕章さん『隠される原子力』

K藤に紹介された、このYouTube、やっと今晩ぐらいから見始められた。これから少しずつ見ていきます。ご存じかと思いますが、ご紹介だけはしておきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

GIANTのロゴ付きTシャツ

ユニクロで売ってるのを見つけた。
これ着て自分のクロスバイク乗ってるだけで、
かなりのブラックジョークだろうなと思った(((^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

神奈川県立平沼高校吹奏楽部、上手い! いい!

神奈川県立平沼高校吹奏楽部、上手い! いい!
桜木町駅前のクロスゲート前にて
実にいい演奏でした。
リズムも音色もバランスもいい。ノッた!

震災義援金募金箱出してたので、1000円入れちゃった(恥ずかしながらこの時の僕にはそれが精一杯)。十分それ以上の音楽的価値あり! 音楽をナメテない、しっかり練習積んだ生のアンサンブルはいい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秀望台とはエラい違いだ^_^;;

秀望台とはエラい違いだ^_^;;
写真は新ジテツー路(尾根緑道=戦車道路)途中の風景っす。
今日はお休みですが、6時頃から往復路距離だけ測りに相原駅までいってきました。尾根緑道使った往路は12.7km、平坦で帰る復路は8.3km、計21kmです。復路はホームセンター寄ったり、寄り道ガンガン楽しもうと思います。
走行中の雑念防止のため、出来るだけ自転車に集中する。なので尾根緑道走行中はスムーズペダリング&フォーム研究でもしようかと思ってます。本や雑誌で勉強なんかしない。ひたすら自分の身体の言うこと(痛いとこや苦しいところ)聞いて、あれこれ考えようと思ってます。

コースマップと往路のプロファイルマップは下です。往路は全体的に登り基調(^_^)。多摩丘陵は隆起扇状地なんだなぁ、ってのがわかりますね。

File0001

Profile_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

部分的ジテツー、はじめてみた

部分的ジテツー、はじめてみた
常磐あたりで尾根緑道(戦車道路)上がって相原駅まで。駅着いての着替えの時間、パンク時修理余裕考えて、1時間はみておいた方がいいな。
着替えぬまま電車乗ってって職場近くで着替えようかと思ったけど、それなりに汗かくから周りの通勤者に迷惑。やっぱり駅トイレで着替えんと駄目だわ。

Garminも着けない。準備がめんどくさくなるから。身体の言うこと聞いて無心でこぐ。事故りませんように(^人^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

部分ジテツー検討中

酒量が増えてます。身体に良くないです。そして先日、ツール・ド・奥武蔵で、余裕もってきょろきょろポタリングを楽しむにも、毎日少しずつは乗ってないとダメなのは感じた。
だけど、所詮遊びに過ぎない自転車。たかが通勤に命かけるなんてのはバカ。そして速く走ることに本気になりきれるほど、僕というお父さんには時間がない。だけど酒に変わるストレス解消はほしい。じゃあどうする。なので、

通勤のどこかの区間を、できるだけ自転車歩行者専用道路使ってジテツーしてはどうか、と考えた。結論としては、町田市尾根緑道(戦車道路)使用で相原まで。

電車通勤の魅力も捨てがたいんです。趣味ブログだけでなく説経節の会ブログなどの管理やコメント管理、メール処理なども、この時間使って出来る。本も読める。身体は電車が運んでくれるから、時間がマルチタスクに使える。
ただ、今度から自転車乗ってるときだけは、つとめて交通安全とペダリングだけ意識して真っ白になろうかと。そのほうが酒に紛らわせるより、身体&財布に優しかろう。僕は飽きっぽいから調子いいときは、八王子や八王子みなみ野まで足伸ばしてもいいしな。いいかげんにやろっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

未登録のおじさん(笑)―ツール・ド・奥武蔵冷やかし記―

かねて記事にしていた「ツール・ド・奥武蔵」体験観戦、いってきました。皆が1stステージを走る直前に、2ndステージをショートカットする形(芦ヶ久保駅前へ下る)で走り始め、正丸峠・虚空蔵峠・刈場坂峠・大野峠と通って11:40頃にゴール地点到着。ゴール200mほど手前でトランシーバー持ってチェックされてたスタッフの方(お名前お聞きせずにすみません)は、ゴールチェックをされていた爺には素晴らしすぎる姫君と北政所様(奥様)に無線で、

未登録のおじさん通過~(^_^)!!

と報告したそう(笑)。
はい、僕は昨日「未登録のおじさん」でしたぁ(^_^)。

それでも昨日出場した人はスゴイよ。僕ぁ自分で走ってみただけにそのすごさ、日頃の修練、正しく言えばヘンタイさ^_^;;が身体の底からわかる。僕は40分以上早めに2ndステージ堪能にスタートしたのに(しかもコースショートカット)、トップのJINさんは12:00前後には飛び込んできた。ほんとすごいな~。

* 爺!の陰謀 *

前日まで、僕はスタート地点には行かず、芦ヶ久保駅まで輪行してそこから2ndステージをユルユル走ろうと思ってた。そしたら幸せに寝ていた僕に朝4:30am、奥武蔵くそぢぢぃ!から携帯メール。

起きろ~!!

だって^_^;;。
寝らんなくなっちゃったよ。だから電車一本早めた。そしたら「ひょっとしたらみんなの1stステージスタート前に、鈍亀な僕でも集合地点に行けるかも…(^_^)」なんて、色気がでちまった。
これ、失敗でした(笑)。芦ヶ久保から集合地点の県民の森駐車場にあがる坂、最初の2kmくらいの勾配は「あ、あざみか?」と思ったもの。まんまと爺!の陰謀にはまりました。これじゃ2ndステージを味わいに行く前に軽いヤビツ越えを一本やったようなもん。だけどおかげでスタート前に早速しばさんやpapaさんにも会えました(^_^)。

* 凶悪な刈場坂峠アプローチ *

2ndステージコースで笑えたのは、正丸峠を下り終えてからの刈場坂峠への登り、これも『凶悪』でした。鈍亀で登ってた僕も、日常的にまったく乗ってないので、28T×34Tの軟弱ギアで登ったにもかかわらず膝がやられ、刈場坂峠に上がってからの尾根道は一切重いギアが踏めなくなった。こんなのはじめて。あざみでもなかった。芦ヶ久保―県民の森の激坂も効いちゃったみたいです。
この刈場坂峠、papaさんが言うには「最初の1kmくらいが10%で後はダラダラだから(^_^)」って爺!に言われたそう^_^;;。「ウ・ソ・ば・っ・か」、ほとんどそんな坂ばっか(笑)。2ndステージを鬼の形相&スゴイスピードでトップゴールしたJINさんが言うには「爺!が『14kmくらいだよ』言うから、そうセットしておいたら、ずーっと登りの終わりがやってこないやん。5kmくらいちがってるわ」って(笑)。さらに「ああ、疲れた。もう3rdステージはええわぁ。みんなでボイコットしよ(^_^)」だって。皆で大爆笑。でもこんな冗談言い合いながら、実に楽しいゴール地点でしたよ。ほんと愉快な人たちが揃ってましたねぇ。

僕はこの2ndステージのゴール観て仕事へ(T_T)。
そちらもつつがなく済みました。

* 音楽もスポーツもライブはいいなぁ *

JINさんの2ndステージ全開トップゴール観て、かなり自分の男の子の部分が揺さぶられました。「まじで乗ってみたいかも」って、ふと思った。でもそのためにはどれほどの時間や精神力をかけなきゃならないか、この10年音楽を本気にやったから、わかる。アマチュアは才能的にはみな五十歩百歩。いかに自分の実力をありのままとらえて練習法を考え、実践し続けたかが全て。ゴールした皆さんから、それぞれの自転車への思いがしっかり伝わってきました。元気をもらいました。直後に仕事でがんばれたのも、そのおかげです

来年も遊びに行きたいな。僕のこの状態じゃ、レースとしては走るべきじゃない。また同じ仕事が重なる可能性も十分あるから、スタッフもおいそれと引き受けられない。駐車場は火気厳禁だから、コーヒーも淹れられないし(^_^)。ジレンマです。
主催の爺!はじめスタッフの皆様。冷やかしですみませんでした。でも、メチャメチャに楽しかった。安全に細心の配慮をされた運営、お疲れ様でした。走らせていただいたからこそそれがわかります。ずっとずっとつつがなく、大過なくこのイベントが続けていけるといいですね。

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまに音楽って重たい

特に歌。メッセージに溢れすぎてて。

ただでさえメッセージ伝達能力の高い言葉にメロディが着いてるってのも、味の濃い素材に、これまた濃厚なソースがかかっているようなものかも。

気にならず聞き流せる音楽。
その境地ってすごいと思う。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

いわき市の津波被災者を支援する音楽会

明日へのラテンな音楽会 in 阿佐ヶ谷
2011年5月15日(日) 11:00~21:00
参加料
  
一般1000円 学生500円
  小学生以下は無料
於 ミュール・キッズハウス
  
03-6915-1737
JR阿佐ヶ谷駅すぐそば 南口の西側

スマイルホテルとなり
YSデッセンダンツビル3F


○会場へは靴を脱いで入ります。上履き不要。エレベーターも階段もあります。車椅子入場OK。
○ソフトドリンクフリー。飲食物持ち込み自由。飲酒もOKです。のんびりと長居大歓迎。
○会場にはラテン打楽器がいっぱいあります。自由に叩いて演奏に参加してください。
○子供向けの施設ですので、絵本等もたくさん。お子さま連れでぜひ。
○場内出入り自由。あいまに阿佐ヶ谷の街へどうぞ

僕が、柏原はねみさんの自主制作アルバムレコーディングでお世話になった、福島県いわき市在住のパーカッショニスト(プロです。打楽器の楽しさを、子供たちを中心にたくさんの人たちに教えています)、加藤ちゃぼさんが、地元直接支援を強く思って企画したライブです。下記にちゃぼさんの思いをそのまま転記します。

開催に向けた思い  加藤ちゃぼ
この催しの収益は、公的機関等への募金にはせず、いわき在住の津波被災者に直接、全額を配分していきます。まずそこをご確認いただきたいと思います。
今回の震災では、津波被害は桁違いの被災状況となっています。地震や原発被害に加えての津波被害ということで、真っ先に、しかも早急に救済の手を差し伸べていかなければならない存在であることを切に実感します。
一瞬にして、家・家財・車・田畑・職場・そして愛する家族が失われた、その計り知れない損害に対して、ほんのわずかでも力になることができたら!との思いで、今の自分にできることとしてこの音楽会を企画しました。
公的機関での大規模な募金活動に協力することももちろん大切なことですが、それよりもまず、困っている身近な仲間を一刻も早く救済する金銭的支援行動をどんどん行なっていきたいと、ずっと考えていました。その方が金銭的にも緊急を要する被災者にとって、真の「生き金」となってより有効に利用されていくことと確信しています。それを今回、音楽会というかたちで実現させていきます。
ですので、今回の催しによって、いわき在住の一部の被災者のみがその恩恵を受けるという、あまりにも広大な今回の震災被害全体から見るとものすごく限定的・局所的な規模の小さい支援となります。取り扱う額が少ないこと、そしてまずは身近な被災者の真の生き金としていきたいという思いから、多くの協力者や出演者と相談し、そして被災者本人たちの切実な要望や意見を聞いた結果、この方法で行なっていくことを決めました。それぞれご意見はいろいろあるかとは思いますが、趣旨をご理解いただき、賛同してもらえたら喜んで参加して存分に楽しんでいただきたいと思います。
集まった収益の総額、配分先と配分額等の詳細につきましては、音楽祭終了後速やかに、ちゃぼwebで報告していきます。少額とはいえ金銭に関することですので、不透明さや不誠実さが少しでも感じられるようでは、開催する意味がないと考えます。参加してくれたみなさんの善意が確実に被災者に届けられたことが明確に見えるようにしていきます。お問い合わせにも都度応じます。
首都圏・茨城・いわき・福島…さまざまな場所から、たくさんの音楽仲間が集まってくれます。ラテン・ジャズ・ゴスペル・アコースティック・邦楽・カントリー・ボサノバ・口笛など、さまざまな音楽を楽しむことができます。演奏経験豊富な者ばかりですので、純粋に音楽を聴いて楽しむ目的でも、充分満足できる催しであると自負しています。開催の日を楽しみに待っていてください。
それでは、当日の貴方のご来場を心からお待ちしています。

出演者は下記です。

1100~1300:
  ①チームくじら号(柏原はねみ)
  ②菅原悦子&NAOKO
  ③たなかまさひと

1300~1500:
  ④水野あつこ&しげっち
  ⑤YUKARI&NAOKO
  ⑥TONE&しげっち・ゆうき

1500~1700:
  ⑦村重・miwa
  ⑧芦田ちえみ
  ⑨レッドベコーズ(高木満理子)

1700~1900:
  ⑩山本亜美・柴田晶子・宮本由利子
  ⑪辻井貴子

1900~2100:
  ⑫ほんごさとこ&村重
  ⑬鈴康寛
  ⑭Hisayo&Michiquita Duo(奥村尚代・大田みちこ)


それぞれ30分くらいづつの演奏。
遠方からの移動者もあることから、順番や時間が前後することもあり。
空き時間ができたら、飛び入りや再度の演奏なんかも設定するそうです。


それぞれのプロフィールは下記です。

奥村 尚代 
 
東京 ラテン音楽界で幅広く活躍するピアニスト。
太田 みちこ
 東京 サルサバンド「チカ・ブーン」等で活躍の打楽器奏者。 
山本 亜美
 東京 ジャンルフリーな箏奏者。26絃の箏も自在に操る。

柏原 はねみ
 
東京 四谷コタンで定期的に演奏するギター弾き語り。

たなかまさひと
 
東京 ピアノ弾き語り。自作曲多数、都内や山梨でも活動。

鈴  康寛
 
東 京 ドラマやCMに数多く出演する俳優。音楽活動も活発。

辻井 貴子
 
神奈川 カントリーデュオ「やぎたこ」メンバー。ソロで参加。

芦田 ちえみ
 
茨城 ほんわかしたムードがたまらないウクレレ弾き語り。
高木 満理子
 福 島 口笛ユニット「はろうず」メンバーの口笛奏者。

YUKARI
 
いわき ジャズピアニスト菅野邦彦氏も絶賛したシンガー。

水野 あつこ
 
いわき ジャズボーカリスト。まだまだ成長中の旬の歌声。

tone
 
いわき 女性3人組ボーカルユニット。美しいハーモニー。

大高 茂功
 
いわき ホットにクールに、力強いプレイのピアニスト。

伊藤 直子
 
いわき あらゆる演奏にひっぱりだこのうれっこピアニスト。
ほんごさとこ
 東京 ジャズシンガー。東京や横浜を中心に活動。
村重 光敏
 いわき どんな音楽も自分の色で表現する凄腕ギタリスト。
miwa
 いわき ボーカリスト、むらしげとのデュオで活動中。
ゆうき
 いわき 雑食系?若手ギタリスト。toneと共に活動。
宮本 由利子
 東京 手回しオルゴール「オルガニート」奏者。
柴田 晶子
 埼玉 口笛奏者。高木さん同様「はろうず」メンバー。
菅原 悦子
 神奈川 湘南地区を中心に活動するジャズシンガー。



悲しいかな、僕はこの日、埼玉県秩父での伝統芸能調査が入っており、参加は出来ない。ですが、行けなくとも参加費は『必ず』出したい。いわきにはちゃぼさんはじめ、縁のある音楽好きがいる。僕も柏原はねみさんのバックで演奏させてもらったこともある。日本赤十字社の義援金は、公平性と後の説明責任のためにか、初動が「あ・ま・り・に・も」遅すぎる。自分の縁のある所から何かしていくことが大切に感じてます。だから演奏しなくとも協力します。




※さかた(Ton)にとっての東北関東大震災の被災地支援情報および福島第一原発事故関連の情報は、このカテゴリーにまとめてあります。当分各記事にこの文章を付加します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ツール・ド・奥武蔵、体験観戦(^_^)(体験方法変更、改稿!)

ツール・ド・奥武蔵、体験観戦準備中(^_^)v
上の写真は国土地理院の5万分の1「秩父」図幅です。さっき購入して、奥武蔵爺!作成のルートラボをみて、ツール・ド・奥武蔵のコース(第2ステージ)や第1ステージのスタート地点を書き入れました。これで明日は、事故にさえ気を付ければ、しっかり到達できます。そして、爺!に気を遣わせずに(レース回収車にはとっとと先行ってもらって)第2ステージをユルユルと走れます。鈍亀なので決して無理はしないつもりですが。

明日はツール・ド・奥武蔵に参加しようと思ってたんだけど、なんと同じ日に、しかもこのレース沿道にある横瀬町民会館で、秩父ふくさ人形の定期公演(←はったリンクは昨年の公演です)があり、仕事の関係でマジに活動に関わっている説経節の会での記録調査があり、参加できなくなってしまったんす。でも僕は「自転車にコンペティティブに乗る人間」じゃない。わざわざ遠くからやってくる素敵な自転車の友人たちに会えればそれでいい。しかもそれと仕事が両立できるんだから、ある意味明日は「最高の機会」かもしれません。

当初、第1ステージスタート地点に顔出そうと思ったけど、変更っ!!。
芦ヶ久保駅で輪行した自転車を組み立てた後、すぐにトロトロと第2ステージのコースを走りはじめようと思う(^0^)。恐らく丸峠か刈場坂峠あたりで、速い皆さんが気持ちよく僕をぶち抜いていってくれるだろう。そうすれば僕もじっくり第2ステージの坂や道をを堪能できる。で、第2ステージ終わったあたりでだべれるし(みんなぶっ倒れてるかもしれんけど^_^;;)。そして第3ステージに向けて一緒に林道を下って、僕は横瀬町民会館に行こう。それがいちばん時間が有効に使えるように思う。
いちばん大切なのは「安全」っす。それ踏まえた上で、明日いろいろな人に会えることを楽しみにしています(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

内田裕也の事件に際して、カミさんは語った

かみさん「まったく復縁迫るなんて男よね〜。
 次に次にといけばいいじゃない(^O^)。
 私なら、相手に非があれば、とっとと記憶から抹消するわよ〜(^O^)」

怖〜っ(°д°;;)

Ton「じゃあ君に非があった時は?(((^_^;)」

かみさん「そしたら、自分の罪を記憶から抹消する〜。あはは〜(^O^)」

やっぱりこいつ『神』です(ノ-o-)ノ ┫

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さだまさし/前夜

わかってる そんなことは
たぶん ちいさな出来事
それより 僕らはむしろ
この狭い部屋の 平和で手一杯だもの
I'm alright,I'm alright.
そうとも それだけで 十分に
僕らは 忙しすぎる

         「さだまさし/前夜」より

先日、これを口ずさんでとても心痛かった
ほんとに手一杯なのか、俺

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

長男、初の中学中間試験

今日から長男(中1)は中間試験。昨晩は漢字の部首やつくりの問題集をやって午前零時を回った。それに付き合ってしまった(笑)。
この問題集の狙いは「漢和辞典の使い方に慣れること」だと思った。だから答えは教えない。漢和辞典の部首索引の使い方を教えて、ひたすら辞書をひかせた。

こういう単元なら、漢和辞典持ち込み自由の試験があってもいいんじゃないかと思った。そのかわり満点以外は許さない、って形にして。
世の中だと、どれほど覚えてるかより、調べる能力、どういう人に聞くのがベストかがわかる能力のほうが大切だもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

都立木場公園

Tyonan

マイミクさんの日記で、都立木場公園でこのGWに開催されたアマチュア野外ライブ「木場ストック」の映像を見た。その映像を頭の中でいま反芻してたら、この公園をよちよち歩く、一歳頃の長男の姿が思い出されて(上の写真です。追加しました。中央が長男です)、いま通勤中にも関わらず、じわっと泣けそうになってしまった。笑顔がほんと素敵ないい子。0歳の頃、朝起きるとニコッと笑う。素晴らしい笑顔(やべぇ、書いててほんと電車内落涙しそう(((^_^;))。

さて長男、まぁいまは言うこと聞かないねぇ(笑)。昨晩、風邪で口うるさい僕が早寝したら、布団は敷かない、食器洗い機のセッティングもしない、勉強もしない。きっちり「ガキの反抗」してたようです。それでもかみさん(奴にとっては口うるさいお母さん)には、いろいろ話してるみたいだし、「よし」かな。甘えられるのもお母さんだから、だしね。

アマチュア野外ライブには否定的な僕だが、それは「オーディションがないライブ」の場合。そんなライブだと、音楽以前の唯自己性器摩擦的本人忘我周囲大迷惑演奏ばかりを聞かされるハメになる。木場ストックはしっかりオーディションがあるから、当時もだいたい普通に聞けた。一度、ジャーニー/セパレイトウェイズのヒデェ演奏を聞かされたこともあったけど((^_^;)。コピー演奏って怖いね。好きな曲こそ、思い出までまとわりついた完成形以上のものが、誰しも頭の中で鳴ってる。それを越えるコピー演奏などまずないもの。

先日、仕事の帰りに江東区東陽に寄ることができ、お世話になった床屋のご主人ともご挨拶してきた。木場公園、そしてその周辺の街・人々は、一生僕にとって忘れられない場所であり続けると思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

五月人形

五月人形
こんな感じで今年は飾りました。
4日におばあちゃんに「飾らないの?」と言われて(((^_^;)。長男のサッカー練習試合やら持ち帰りの仕事(本職&説経節の会)やらでと〜んと忘れてました(笑)。下の馬の人形はカホンを横にして台にしてます(((^_^;)。打楽器ってこういう気安さもいい(((^_^;)。自転車も家の中に入れておかなきゃならないような高級車は好きじゃないかも。自分より完璧にエライんだもん(笑)。外にシートかけて置けないようなのは僕にはアウトです。

仕事や家事で3〜5日は結構忙しく過ごしました。家具(カラーボックス)も2つ作って整理したし。4月忙しかったまま休みに入って忙しくて。やはり休みで少し気が抜けたのか、風邪をひきました。咳がひどくて昨晩は何回かセキこんで目を覚ました。週末も説経節関連の調査&撮影で休みは埋まってます。なので医者で診察・薬をもらってからの出勤中です。頑張らんとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

タンポポと次男坊

タンポポと次男坊
朝、自宅仕事の合間に近くの100円ショップに散歩。次男坊(小1)も連れていった。途中で次男坊が「タンポポ(^O^)」と言って足を止めたのが、上の写真のタンポポ。二人でしゃがみこんでしばし眺めた。以下はその時の会話

Ton「左のタンポポと右のタンポポ、どっちが大きい?」
次男坊「右っ!」
Ton「なんで?」
次男坊「ん〜、わかんない(^O^)!」
Ton「タンポポはどういうところに生えてる?」
次男坊「(しばし考えたがどう答えるべきかに窮して)…わかんない。」
Ton「歩道のコンクリートの間から生えてる左のタンポポと右のタンポポ、どっちが土のたくさんあるところに生えてる?」
次男坊「右っ(^O^)!」
Ton「タンポポは土から食べ物ってまぁ栄養だな、それを得て大きくなるんだな。お前もご飯食べて大きくなったろ。栄養たくさんある方がこうして大きくなるんだわ。タンポポってな、こないだも話したけど、もっと栄養上げたらこのくらい(直径70cmくらいの円を手で示して)まで葉っぱが大きくなるんだぞ」
次男坊「すげー!」

つい先日、次男坊から「学校でおおきなタンポポ見つけた〜」っておはなしがあって、田中修『雑草のはなし』(中公新書)を繙きながら、話したばっかり。違いがでることを実際のタンポポでおはなしできてよかった。

長男の方がアホ度が高く(笑)、手ぇかかってネタ提供が多いので(((^_^;)、このブログでも記事が多い(笑)。次男坊は気の利く子なだけに(かみさんが買い物一緒に連れてって、次男坊のアドバイス通りに買うとその通りのことがかなりある)、ネタになりづらかった。次男坊の得意なゴレンジャー系戦隊ものやウルトラマンは、こっちが不得手で相づち打つぐらいしかできない。だから、夕飯時とかも、会話量が長男に傾いて次男坊が眠そうな顔しだした時は、努めて僕ぁ次男坊と風呂入るようにしてます。

これからはこんなタンポポの話題みたいな会話も、だんだんできるようになる。たくさん一緒に歩いて、見たもので一緒に話して考えられそう。楽しみだ(^O^)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

長男のサッカー観戦

前記事のとおり、秦野に長男のサッカー練習試合を観に行った。

黙って見てた。たまたま到着した時が長男の出番試合だった。いまのところチームメンバーでそれほど差はない。これからの練習姿勢で差が出てくるんだろうね。ただそれなりに本当にサッカー好きな奴が揃ってるから動きは悪くない。これなら長男、楽しいだろう。
試合終えて少ししたら、長男の野郎、僕の存在に気付きやがった(笑)。こちらも「武士の情け^_^;」で一瞥して知らん顔し、視野の端で奴の仕草を見ていた。そしたら奴、2秒程動きが固まった(笑)あと、知らん顔してやがった。『男』だね。

長男の所属チームのハーフタイムの過ごし方、気に入った。とにかくそれぞれの局面でのプレイや判断、そこで組み合わされるテクニックの意味を感じ考えさせる。幸運なことに例として取り上げられたのは、ハーフ終了直前に長男が見せた「拙いプレイ」だった(笑)。でも長男の責任や拙さの追及ではない。それを通して全体への課題喚起になってた。

コーチの言葉
「よく見て何をするか判断して。」

これ、家でも長男に言ってることだよなぁ(笑)。だがいざ社会において、完璧に僕の判断が組織のチームワークに貢献しているか(((^_^;)?。努力はしてるが、答えは「否」っす。
チームスポーツが好きになった長男。いい人生勉強してるぞ。華やかに活躍するより、こうした局面で奴が何を得るか、その中でどういう人間関係を作るかの方に、僕は期待している。そのほうが「フツーのヒト」として生きる上でよっぽど役に立つものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のクロスバイクポタ(^_^)v

久々のクロスバイクポタ(^_^)v

ひさびさのクロスバイク、輪行中です(^O^)。

長男のサッカー練習試合が秦野であり、その観戦を『口実に^_^;』ポタリングに出ることにしました。秦野盆地は甲府盆地とならんで扇状地地形で有名な場所。いつもヤビツ行きなどで「通過地」にしかしないようなもったいないことしてたので、今日はユルユル・ウロウロと「秦野盆地を味わうポタリング」にしようと思ってます。秦野までの道はどれももう「飽きはてて」疲れるだけなので輪行します。

サッカー観戦をセットにしたので足代が家計から出してもらえるのだ〜\(◎o◎)/。ま、この途中も神社や電器屋で用を済ませつつのポタリングでもあるのだが。僕の場合、速くなるためのトレーニングでなく散歩ポタだから、いろいろ用を済ませつつでも何ら問題ない。むしろそのほうが家で家事しつつ出してくれたかみさんに、心おきなくなれる。そして今日は、かみさんも次男坊連れて厚木の実家に夕飯まで骨休めに行った。さらに心おきない(^_^)v。なんだかんだ自分の母親の料理がいちばん美味しくて身体の栄養になるよね。「娘に戻って」あれこれ話してね。

乗った小田急線はそろそろ伊勢原に到着です。ひさびさのクロスバイクポタリング、ユルユル気をつけて楽しんできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

「僕の給料」雑感

厚生年金やら引かれた手取りだが、僕の月給は27万弱、賞与は50万前後ってとこっす。
これ、43歳の人間の給料としては、低い部類に入るだろう(それも『か・な・り』(笑))。残業がつかない。そして住宅手当はない。同居のおばあちゃんの年金からの補填があるから、かみさんが専業主婦で生活なりたっている状況。それがなくなったらかみさんが働きに出ないことにはアウトだ。

よく息子を二人もこさえたもんだ(僕ぁキモチよかった(^_^;))。「同居生活の『道具』」として「必要だ!」と決心したからこそなのだけど、この程度の甲斐性で、よく身の程知らずに家など買ったもんだ。ギター?、自転車?、全くふざけんな!、『死ね!、自粛しろ!(笑)』っす。

かみさんも、一時期生保に勤めてたから、自分の亭主がいかに薄給取りかもちゃ〜んと知っている。でも奴は、服もいいものを大事に長く着る、文学的創作、食い気以外はあまり興味のない人間なので、これでやりくりしてくれている。こういう人間でなけりゃ僕のかみさんなんかできん。ほんと頭があがらない(亀頭は上がるが(爆))。

ただ『僕だけは』好きな商売はできている。伝統芸能だ、地域の散歩やポタリングだで飛び回ってる。充実してるのは自分だけ(笑)。かみさんや息子に「甲斐性なし!」と愛想つかされ出ていかれたら、素直に「すみませんでした。ご自由にもっといいところに行ってください」と言うほかない。

女性方!、夢の通りに生きるこうした馬鹿者と結婚するなぞ、絶対にしてはいけません(と書きつつ思い切りかみさんのことノロケてんですが…)。苦労します。いちばん避けた方がいいのは、学者、芸術家、人前で芸をやろうなんていう芸人ですね。こういう連中は「自己の好奇心の解決快楽しか尊重したくない、人間のクズ」です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

TonにはTonを(^_^;)―高校同期生BBQ―

TonにはTonを(^_^;)―高校同期生BBQ―
写真は昨日のバーベキュー。高校以来の友人たちが年二回、5月と11月に集ってやってる。この野菜炒めを作ってる鉄板奉行・M町の家族が世話好きだからこそ続いてる(集う夫婦ほとんどが神奈川県立海老名高校6期同期生ってのも驚異)。もう二人写ってるのは彼の娘さんの上二人(顔はだしません)。お父さんに似てでっかくなりました。集うお母さんたちより背ぇ高いです(((^_^;)。M町家族が用意してくれたお肉、んまかったぁ。

海老名某公園のバーベキュー広場でいつもやってますが、隣の炉のおじさんたちになんとTon汁をいただいてしまいました。「目には目を、TonにはTonを」と言います(言ワナイッテ^_^;)。お返しに手挽きミルまで持ち込んでた僕の自家焙煎コーヒー「Cafe d'O-Ton」をお見舞いさせていただきました。タンザニアAAアデラとウルトラマンデリンで200gほど用意してった実弾(焙煎豆・笑)を乱射(((^_^;)、残りはM町家に押し付けて(恩ヲ仇デ返シテカラニ^_^;)、全て撃ち尽くしました。あのおじさんたち下痢してなけりゃいいけど。友人たちは大丈夫だったようです。ほんと始めたてのアマチュアって迷惑だなぁ(^_^)v(反省シテナイジャン)。当然この場にいた音楽相棒&焙煎同志のK藤は、節度あるので持ち込まず。マトモです。

まずは何より飲んでくれた友人たちに感謝。
またこうして集える幸せに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »