« 4ing バイクジャージ | トップページ | 祖師ヶ谷大蔵通過 »

2011年7月30日 (土)

福島県いわき市の震災被災者を支援する音楽会 Part.2

明日へのラテンな音楽会(2)
  
in 阿佐ヶ谷。

7月30日(土)18:00~21:00
7月31日(日)11:00~21:00
ミュール・キッズハウス
03-6915-1737
JR中央線・阿佐ヶ谷駅南口すぐそば
YSデッセンダンツビル3F

参加料:一般1000円 学生500円
小学生以下は無料
※30日の参加料で31日も参加できます。

○会場へは靴を脱いで入ります。上履き不要。会場は3階。エレベーターも広い階段もあります。
○飲食物持ち込み自由。飲酒もOKです。お食事・おつまみ料理等も場内で販売します。
○会場にはラテン打楽器がいっぱいあります。演奏のあいまにみんなで叩いて楽しみましょう。
○子供向けの施設ですので、絵本等もたくさん。別室もあります。お子さま連れでぜひ。
○のんびりと長居大歓迎。寝転がってもよいですよ。出入りも自由。あいまに阿佐ヶ谷の街へどうぞ。

※入場時にお名前とひとこと(被災者への言葉など)記入をおねがいします。 webで公開するため、お名前は本人のみが本人とわかる愛称でOKです。

【出演】
山本亜美  東京
  
ジャンルフリーな箏奏者。25絃の箏も自在に操る。
柏原はねみ 東京
  四谷コタンで定期的に演奏するギター弾き語り。
たなかまさひと 東京
  ピアノ弾き語り。自作曲多数、都内や山梨でも活動。
仁   東京
  20代のシンガーソングライター。各地で演奏多数。
パン大好き組 東京
  トリニダードの打楽器、美しい音色を存分にどうぞ。
辻井貴子 
神奈川
  カントリーデュオ「やぎたこ」メンバー、ソロ参加。
弦3本 神奈川
  エレキベース弾き語り。この楽しい音世界は必見。
RIKO 静岡
  とにかくブラジル命!のボサノバ歌姫。いわき出身。
高木満理子 福島
  口笛奏者。口笛ユニット「はろうず」創立メンバー。
In The Wind 福島
  夫婦フォーク。音楽事務所を立ち上げ演奏活動中。
HANA  福島
   
障害者のサンバチーム。結成11年、郡山で大人気。
YUKARI   いわき
  
ジャズピアニスト菅野邦彦氏も絶賛したシンガー。
伊藤直子  いわき
  あらゆる演奏にひっぱりだこのうれっこピアニスト。
村重光敏  いわき
  どんな音楽も自分の色で表現する凄腕ギタリスト。
サリナ    いわき
  フラメンコダンサー。ラテン歌手としても実力大。
きょう    いわき
  ハスキーな声がとてもせくすぃなピアノシンガー。

2回目の開催への思い。  加藤ちゃぼ

震災から4カ月、まだまだ支援が必要…この催しの収益は、金銭的にも緊急を要する被災者にとって真の「生き金」として有効に利用していただく目的から、1回目の音楽会同様、公的機関等への募金にはせず、いわき周辺の震災被災者に直接、全額を配分していきます。

1回目の音楽会は5月15日に同じ会場で開催し、たくさんの演奏者・参加者・協力者に善意を寄せていただき、36万円を超える募金が集まりました。開催後すぐに、28名の被災者に届けることができました。配分先の被災者からは「すごく助かった」「力になった」「有効に利用できた」といった声をたくさんいただきました。

今回は、津波被災者に限定せず、広く震災被災者を支援する活動としました。前回の活動を行なっていくうちに、津波被災者以外でも深刻な被災状況となっている方が多数存在する事実が見えてきました。それらの被災者へも、支援の手を広げていきたいと考えています。

集まった収益の総額・配分先と配分額等の詳細につきましては、1回目と同様、音楽祭終了後速やかにちゃぼwebで報告を載せていきます。参加したみなさんは、報告欄に貴方の名前(愛称・暗号)・募金額と被災者向けメッセージが載ることを楽しみにしていてください。

|

« 4ing バイクジャージ | トップページ | 祖師ヶ谷大蔵通過 »

コメント

フラメンコってなんでこんなに哀しいんだろ。哀切と官能だった。

投稿: さかた(Ton) | 2011年7月31日 (日) 13時56分

ご来場ありがとうでした。

フラメンコの時、じっと眼を閉じて何かを聴き入るようなさかた氏の姿が印象的でありました。
ギターの音を聴いているのかなーと思ったら、哀しさを感じていたとは。

感性はほんと人によっていろいろ。

投稿: ちゃぼ | 2011年8月 1日 (月) 00時14分

ちゃぼさん>
短い時間しかいられなくても、いいものを聞ける、感じられるのでありがたいです。
フラメンコってジプシーたちの叫びにも感じますね。セックスに近い緩急も感じますが、なにより「それでも俺たちは生きている」の叫びが大きく感じます。

投稿: さかた(Ton) | 2011年8月 2日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県いわき市の震災被災者を支援する音楽会 Part.2:

« 4ing バイクジャージ | トップページ | 祖師ヶ谷大蔵通過 »