« 里へ帰らせていただきます(((^_^;) | トップページ | トロトロジテツー »

2011年8月15日 (月)

「44ひく22」は?(次男坊の場合)

先日の修善寺家族旅行で、修善寺サイクルスポーツセンター(CSC)に行った際、小学1年生の次男坊はアトラクション「森の迷路」で迷い、生命の危険(笑)にさらされた。だが彼は、ワープ航法(迷路の壁の下を潜る・笑)などの必殺技を使い^_^;;、みごと『生還』を果たした(笑)。生還までにかかった時間は?

迷路に入ったのが12時22分、
出てきたのは12時44分。

次男坊は「44-22の答えが自分のかかった時間だ」っていうのは考え出した。で、「おとうさん、何分?」とか聞いてきやがった。僕はワルい人なので「自分で考えな〜!」とつっぱねた。
ちなみに僕にこの「44-22」の答えを聞いてきたのは、夕食中の20時15分頃。僕が突っぱねたら奴、20時22分から、23、24、25と1分ずつ時計の動きを見つめて数えつづけて、22分かけて『22分だ!!』って答えをはじき出しやがった。

小学1年生の終わりか小学2年生で習う「2桁の引き算」の方法から考えたら、極めて愚かな方法かもしれん。けど、実験的に根気よくこの答えを導き出した次男坊!! もう最大限ほめまくりましたよ。無論「その答えを簡単に出す方法はこれから習う。けどおまえの方法も間違ってない!!」とは言った。でも、エラいっ!!

やー、こんないいことがあったら、酒が美味いぞ。
(↑オヤジのほうはサイテーじゃん^^;;)

|

« 里へ帰らせていただきます(((^_^;) | トップページ | トロトロジテツー »

コメント

22分間も生死の間を彷徨ったのね。。。/(^o^)\怖かったろうなぁ。

投稿: 近藤 | 2011年8月16日 (火) 21時15分

近藤>
でも奴、自分で最近、ネタにしてるよ^^;;。
なかなかしたたかよ、次男坊は(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2011年8月16日 (火) 22時04分

私も感心しましたー。
大人じゃ思いつかないですよね。
習ってないならどうやって答えを出すか・・
えぇえい、面倒くさいで終わっちゃいます
こういう原始的というか一個一個積み重ねる。。
子育てが教えてくれる楽しみでもありますねー。

投稿: ねも | 2011年8月22日 (月) 20時12分

ねもさん>
大人は「何か早い方法がある」って知ってますからね~。
たどり着こうとする気概は大切にしてあげたいです。
それができるのは親くらいでしょうしね

投稿: さかた(Ton) | 2011年8月23日 (火) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「44ひく22」は?(次男坊の場合):

« 里へ帰らせていただきます(((^_^;) | トップページ | トロトロジテツー »