« 20110830Ton's体重その他 | トップページ | 20110831Ton's体重その他 »

2011年8月30日 (火)

読書感想文

長男が読書感想文の宿題で苦しんでいる(((^_^;)。本はロナウジーニョの半生記を選んだのだが、サッカーやってる長男に言わせれば「ロナウジーニョはすごい」で終わってしまうのだ(笑)。確かにそう。どんなに言葉かさねたってそれは言葉好きな人間のオナニープレイみたいなもんだもん。プレイヤーだからこそ中学生の文章力(ハッタリ力(笑))では書けないのかも。

とにかく書き始める核が必要。なので「ロナウジーニョがお前のチームのコーチだったら、チームに、そしてお前に、何をアドバイスするかウソでいいから、空想しまくって書いてみろ」と言ってみた。

さてそれが、吉と出るか凶と出るか。奴は徹夜だろうけど、俺は寝る。チキショーなんで家帰ってまで、息子に編集の仕事してんだろ(ToT)。

|

« 20110830Ton's体重その他 | トップページ | 20110831Ton's体重その他 »

コメント

毎度です。

読書感想文っていうものですが、私は「本の紹介文」という風に解釈しています。読んでみて「どうだ買いたくなったか?」と思わせる構成にするのが一番だと思っているので、どうしても商売っ気が抜けない文になってしまう。(笑)変な話、ダヴィンチに乗せてやる、くらいの気合が入ってしまうんです。

まあ、半分冗談ですが、その本を読みたくなる気分にさせるのがやはり「読書感想文」の本質だと思うのですがいかがでしょうか。

投稿: スンギ | 2011年8月30日 (火) 23時18分

スンギさん>
そりゃあなたレベル高過ぎ(笑)。
書けない奴にどう核を提供するかのレベルだから。
でも長男、幸せよ。僕は小学生の頃、物語の「あらすじ」の意味が感覚的にわからなくて、母に聞いた。そしたら「あらすじはあらすじよ」でオワリ(((^_^;)。「何がどうしてどうなった?」を問うて僕が言い終わったときに、「これがあらすじだよ」って言えばわかったのに。
教育学部卒は子育てにはちょっぴり生きてますね。

投稿: さかた(Ton) | 2011年9月 1日 (木) 07時31分

うちも9年間読書感想文が31日の夜を見事に支配しておりました。
息子はとにかく苦手。
今でこそ本は読むものの。感想文も、おもしろかった。
もしくはいまひとつだったでおわり。
なぜ?どうして?どこがぴんとこなかったの?
改行に次ぐ改行でお茶濁してました。
友達に入れ知恵されて”あらすじ”なるもの書いて
最後におもしろかったです。で仕上げるようになたのは中学年
になってからだったか。。。

私も感想文は苦手でした。というか。。感想文を前提とした読書がですぅ。

でも社会人になって文章力がないと本当に苦労するというのを
今身をもって実感してるんだそうです、息子は。

投稿: ねも | 2011年9月 1日 (木) 18時36分

ねもさん>
別に文章にできなくても、いいものはなんらかの形で身体に残ってるんですけどね。アポロ11号で、ニール・アームストロングと共に月面に降り立った、バズ・オルドリンも、文章はめちゃくちゃ下手だったそうです。だけどコンピュータープログラムの作成や2つの宇宙船のドッキングに向けた軌道解析とかしたら天才。文章はハッタリと誤解の世界だからなぁ(笑)。そういう感覚がないと、きついっすよね~。

投稿: さかた(Ton) | 2011年9月 2日 (金) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文:

« 20110830Ton's体重その他 | トップページ | 20110831Ton's体重その他 »