« 20111012Ton'体重その他 | トップページ | 「実弾」炸裂(^_^;) »

2011年10月15日 (土)

コテコテ大阪弁訳「マタイ受難曲」

これ、爆笑した。いきなりマタイ受難曲が、関西ド演歌に聞こえる(^_^)。それとイエスが威厳を持った存在ってーより、隣に寄り添う感じになる。大阪弁ってすげーなぁ。

そうそう、この曲の1分33秒辺りから聞いたら、
下のYouTubeもどうぞ(^^)

|

« 20111012Ton'体重その他 | トップページ | 「実弾」炸裂(^_^;) »

コメント

なるほどそう来ましたか。ベートーベンの「悲愴」を聴いてからビリージョエルの「This Night」を聴くようなものだな。やられました。

あ、大阪弁ね。実はいわゆる標準語とは、アクセントにかなりの差異があって、同じ言語体系なのかと疑いを持つほど。また、標準語の閉音節に対して大阪弁(関西弁か)の開音節。不思議ですね。でも古の標準語は大阪(もとい京都)弁だったのか????

ついでながら、学生時代聖歌隊に入っていて、日本語バージョンを歌ってました。(笑)

投稿: スンギ | 2011年10月15日 (土) 17時57分

スンギさん>
ピアノソナタ「悲愴」と「This night」もそういう関係があるんだ。

閉音節と開音節、wikiで調べて、母音で終わるのが「開」で、子音で終わるのが「閉」。標準語的な文章の終わり方「~ですっ」の「っ」の部分の「t」のこと言うの? いまいちニュアンスがつかみづらい。教えてっ!

日本語バージョンのマタイってあるの?
ドイツ語版聞き慣れてると、それでもオカシイだろうね(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2011年10月15日 (土) 22時22分

ありますよ。動画見つけたので見てみてね。

http://www.youtube.com/watch?v=kxZCJ7B08eI&feature=youtube_gdata_player

あ、それと開音節と閉音節の理解はそれでOKです。基本的に日本語は開音節言語なんですが、特に標準語では文末で閉音節化するんですね。関西は全くなし。不思議です、ホント。

投稿: スンギ | 2011年10月16日 (日) 09時23分

スンギさん>
へぇ、カトリック聖歌で使われてるんだ。ってーか、これが原曲であって、バッハが取り込んだの? どういうときに歌われるんだろう。僕ね、物心つく前から母にカトリック教会のミサにつれていかれてて、聖歌はいろいろ聞いたけど、記憶にはないんだわ。これ。たぶん、言ったのが、日曜のミサばっかりだったからかもしれないけど。復活祭のミサかなんかでやるのかなぁ。

開音節と閉音節についての返答もありがとう。実はマイミクさんに、バリッバリの言語学者もいてね。お二人からは実に言葉をどうとらえるかに関する刺激は受ける。ありがとう。

投稿: さかた(Ton) | 2011年10月16日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コテコテ大阪弁訳「マタイ受難曲」:

« 20111012Ton'体重その他 | トップページ | 「実弾」炸裂(^_^;) »