« ハトの寝姿 | トップページ | 20111012Ton'体重その他 »

2011年10月15日 (土)

やる気、続けること、よい師

昨晩、久々に、クラスタで生のライブを聴いた。フルートとガットギターのジャズライブ。いきなりやってきた、仲間のベーシストに入ってもらってのスタンダードジャズセッションもあった。練り上げられた、スタンダードジャズのスタイルを身につけた人たちの、とても会話感のある、いいパフォーマンスだった。

お客様で来ていた、クラスタイベント「高橋正樹ギター道場」のホスト・高橋さんとも久々にお会いできていろいろお話しできた。この方とは僕の仕事のご縁の方とのつながりがあって、つくづく縁ってオモシロイと思う。高橋さん曰く、趣味でも仕事でも大切なのは「やる気、続けること、よい師」だって。いい言葉だなと思った。

音楽分野で「自分がプレイする」という意味では、いまどちらに進みたいか、全くわからない。やれるなら全ジャンルを会話楽しむように楽しみたい。けど、そんな力がないことはちゃんとわかったし。また、わざわざ歌にして伝えなければならないこともない。だけど、まず音楽では遊び「続けて」いようと思う。大きな意味で「舞台からは離れたくない」自分には、この10年で気づいたしね。

|

« ハトの寝姿 | トップページ | 20111012Ton'体重その他 »

コメント

なるほど。私は今年からまたライブ再チャレンジです。今までは人にくっついていっておんぶに抱っこでしたから。ちょっといろいろと頭使って考えてみたいと思ってます。

まあ、続かないと話にならないから、続けるためにいろいろ工夫してるというのが正直なところですね。

投稿: スンギ | 2011年10月15日 (土) 16時40分

スンギさん>
まず自分が楽しくなくちゃ伝わらない、これは間違いないと思うんだよね。ただその段階に至るまで、詰められないのが何とも歯がゆい。
クラシックみたいに、一本道を通る形も僕には合わない。いいかげんだから(笑)。フレキシブルに、お客さんとも、パートナープレイヤーとも会話を楽しむ形で音楽できたら、楽しいな、と思う。ただギターでそれをやるには、僕の音感もフレーズの引き出しもたりなすぎ。かといってコピーして採譜して練習して、蓄積していくだけの時間、もう作り出せないしね(仕事と家族を犠牲にすりゃできるけど、したくない)。
まずは聴きますよ。いろいろ。それも長い目で見て、「音楽する」ってことだものね(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2011年10月15日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やる気、続けること、よい師:

« ハトの寝姿 | トップページ | 20111012Ton'体重その他 »