« 11月23日・八王子車人形&説経節公演の模様 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年12月31日 (土)

今日で長男、13歳【追記あり】

Dscn0615

かみさんと僕の間に宿った命の記録ファイルは三冊あり、リビングの本棚に置いてある。僕はありがたくも、長男・次男ともに出産には立ち会えている。次男坊の誕生時の記録は記事にしてあるが、1998年生まれの長男のほうはまだしていない。今日は長男の誕生日。これを機会に、長男の妊娠・誕生記録ファイルから、誕生時の様子をブログに記しておこうと思う。奴が生まれた病院はもう今はない、都立築地産院(都立墨東病院に統合)。古い病院ではあったけどNICU(新生児集中治療)の設備・スタッフはいいと評判の産院だった。

12月30日16:30、散歩中に破水。諸準備持ってタクシーで築地産院へ。羊水が緑濁しており(予定日を10日遅れたので)、産院のスタッフに少々心配されたが、赤ちゃんの心音は正常。17:00頃、7~10分おきの陣痛が始まる。
12月31日2:00過ぎで子宮口の開きが6cm。便がなかなか出ず苦しむ。Tonが腰の骨盤の辺りを押し、さする(この時、僕(Ton)は全然ツボがわからず全く効き目がなかった。でも助産師さんが押すとイッパツでツボに。さすがプロ)。息を吐いて、いきもうとする力をひたすら抜こうと努める。
7:00朝食となるがきんぴらゴボウしか食べられない。8:30子宮口全開で分娩台へ。徹夜での陣痛との戦いのためか、1回の陣痛時間が短く、陣痛促進剤のお世話になる。9:35、助産師さんが2人がかりで、まるでなくなりかけた歯磨き粉のチューブを押し出すようにお腹を押して手助けし、誕生。男の子。体重3326g。元気!!
妊娠の最終期には、出産が遅れたこともあって、ごく軽い妊娠中毒症(高血圧、むくみ、たんぱく尿)になっていたが、出産後3時間ほどで血圧も安定した。赤ちゃんにも影響はなさそう。早期破水による感染も今のところ心配なし。子宮収縮も順調、子宮内残存物もなしとのこと。

これは当時、カミさんに聞いた出産時の感想を元に、カミさんの立場からの形で僕が書いています。( )内の文章は今回の加筆です。
長男が生まれた時は、「俺、本当に父親になんかなれるのだろうか」、とても不安だった。母性・父性なんぞは本能じゃない。いままで生きて受けてきた愛をベースに、日々の子育ての中で育まれていくもの。何度も書くけど、長男は僕ら夫婦を親にしてくれた先生だと思ってる。

ほぼ毎日その先生を「怒鳴り付け」ちゃいるけどね(^_^;)。

下の写真は、長男が最近、学校の習字の時間に書いた字。ホントは「青い地球」と奴は書いたんだけど、あまりにもこの字が美しかったのでこれだけ掲載^^;;。字は長男、センスあると思います。そして、さすがに奴、サッカープレイヤーです(笑)。
追記…近藤へ、いただいたワイン、フルボディの赤ですっごい美味かった。世辞は言いません。申し訳ないぐらい。ありがとうっ!!!

Tama_2 

|

« 11月23日・八王子車人形&説経節公演の模様 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

それじゃ年末年始に大変だったわけですね。そういう日にジャストミートさせた技はある意味すごいですね。(笑)私なんぞ「下手な鉄砲」式でやっと当たりましたからね。面目ない。

年が明けるたびにそうした思い出を振り返れるって羨ましいですね。まあ私も、娘の誕生日にはいつもとは違う特別の気持ちを持ってすごそうと努力はしていますが・・・・。

投稿: スンギ | 2011年12月31日 (土) 20時30分

とーちゃんが生まれたときは「出産立会」なんてなかったようで、親から出産時の感想は「2か月早く生まれてきた未熟児だった。」「人一倍お乳は飲んだから、この子は生きると思った。」というものだった。

いい時代になって、次男も長男も出産立会を経験。
奥さんの凄さと、命の力強さを感じた、とのこと。

尚且つ、今は「おなかの中の写真(エコー)」もアルバムにしている。記憶のない期間の「生まれいずるまでの記録」も子供に見せられる時代。

ともあれ、この健やかな成長を願うのみだけどね。

投稿: 弾きたがりS | 2012年1月 1日 (日) 09時55分

スンギさん>
あけましておめでとうございます。
大晦日、休みに当たってくれたからこそ立ち会えてよかったっす。しかし前にも話したと思うけど、奇しくもマイケル・ヘッジスと誕生日が同じなんだよね。変わり者にしかならん気がする。親もヘンだし^^;;。

弾きたがりおとーちゃん>
あけましておめでとうございます。
僕の頃もまだエコーはないですね。だから母子手帳片手に母が語ってくれますね。「とにかく横位体で寝てばっかりいて、なかなか出てこなかった^^;;」って。

>奥さんの凄さと、命の力強さを感じた、とのこと。
これですね。やはり僕も立ち会ってよかったと、心から思います。ラマーズ法なヒッヒッフーをしっかりやると、カミさんの安心感が全く違うらしいです。次男坊の誕生記事に書きましたけど、傍観者に過ぎない旦那も、自転車ロードレースの山岳アシスト選手のごとく、ペースメーカーにならなれるんですわ。
あと赤ちゃんはお母さんの骨盤広げつつ出てくるから、腰の辺りが当然痛む。それをマッサージすることでもすこしは奥さんを楽に出来る。極度に血を見るのが怖い男以外は、絶対立ち会うべきですね(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2012年1月 1日 (日) 18時09分

あけましておめでとうございます!
素敵なブログですね。愛情が込められてます。。

出会いに感謝です。どうぞ、良いお年を!
素晴らしい一年となりますやうに☆

Mizuki

投稿: Mizuki | 2012年1月 3日 (火) 10時51分

Mizukiさん>
いらっしゃいませ(^^)。
友人たちがつけてくれるコメントも含めて(特にそこにこそ)、愛には溢れているブログだと思います(^^)。愛って、善悪(殺さない、奪わないという原則以外は曖昧な概念ですが)含めて自分のありのままで全身全霊ぶつかり合うことですしね。
今年も淡々とひとつひとつ、
ずぼらながらも誠実に生きようとしていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿: さかた(Ton) | 2012年1月 3日 (火) 12時40分

おめでとうございます。
早いですねー・・・
ちょうど息子と10歳ちがうわけですねー。
命の記録は息子さんひいては将来のお嫁さんへのプレゼントになりますね
我が家は立ち会えませんでした・・というより急きょ帝王切開で出産でしたしそのごもいろいろありで母が私を命がけで産んでくれたように私も同じような道を辿ったかんじです。
子供の数だけ出産にはドラマがありますよね、
でもその先の方がよほど大変だなのですが・・・

素敵な青年に成長される様子たのしみだな。しかと見守らせてくださいねー。

投稿: ねも | 2012年1月 4日 (水) 02時09分

ねもさん>
ありがとうございます。
おっしゃるとおり、人生そのもののほうがよっぽどドラマ。だからテレビでも歌でも、生の実感に根差して、さらにその先に光るものを見せてくれるものでないと、味わおうとするだけ時間の無駄な気がしてしょうがなくなりました。そういう意味だと古典のほうが凄みを感じますね。
ほんとまず生きるだけで、美しいです。

投稿: さかた(Ton) | 2012年1月 5日 (木) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日で長男、13歳【追記あり】:

« 11月23日・八王子車人形&説経節公演の模様 | トップページ | あけましておめでとうございます »