« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

虹、長男沖縄

虹、長男沖縄
虹の写真撮ったんだけど、見えるかなぁ。
今朝は早出、ふと西の空を見ると素晴らしい虹が見えた。こんなきれいなアーチになったの見たの久しぶりだわ。

今日から長男はサッカーチームの合宿で沖縄なんぞに行きやがる。5:00am過ぎにはウチを出た。親二人が行きてぇ場所に先に行きやがってぇ。飛行機は7:45発のANA、機種は747-400。この強風が離陸に若干心配だが、この虹を幸先よいしるしと、勝手にとることにする。 とにかく精一杯サッカーやって、沖縄の空気やサッカー野郎たちを、身体で感じて来てくれればそれでいいわい(^O^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

40代が聞けるラブソングってなんだろう

巷で耳に入ってくるポップスだと「恋に恋した10代ソング」ばっかに感じるのね。別に「ラブ=恋」ではないよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

二俣川カトリック教会にて

二俣川カトリック教会にて
聖体訪問、祈る母
これから県立がんセンターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

死にたくなるね

福島第一原発事故の、海洋放射能汚染拡散図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

先日の献血、血液検査結果

201203kenketu_2 

先日の献血の、血液検査の結果が来ました。飲んだくれてるだけあってγ-GTPとコレステロールの値がちょい高いかな。まだ標準値内に入るけどね。このままでいたら悪化まではあっという間かもな。

日本赤十字社の「複数回献血クラブ」ってのに入ってまして、今回で会員特典で献血カードが変わりました(下の写真)。裏は普通の献血情報なんだけど、表面の柄がちょっと特別なんです。けんけつちゃんってキャラのやつと、グード図法の世界地図のものの二種類。地理屋としては迷わず世界地図デザインのものを選びました。

Card1

1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

20120321駐輪場契約更改、今日から

20120321駐輪場契約更改、今日から

これは、駐輪場契約更改備忘のための記事です。
契約更改次第、削除しますm(_ _)m

|

2012年3月19日 (月)

足立区島根の家の証拠写真

Shimane_2012

Shimane_house_b

僕以外にはどうでもいい話だけど、先日訪れた足立区島根の祖父母の住んでた家、証拠写真です。上は現在(2012年3月)。下が祖父の葬儀の時の証拠写真(1976年8月)。

これに写った3軒、ホント同じでしょ。手前の切妻造のトタン張りの家(祖父母はこの家に住んでいたんです)、そしてその左隣の軒の低い家。庇の付き方を見て欲しい。道は舗装され、電柱が立って、左隣の家の物干しとかはなくなってるけど。スゴイと思ったのは突き当たりの家。2階の窓の位置がホント同じ。ベランダの柵は替えているけどほんとそのままリフォームしつつ住んでいらっしゃる。このお家に住んでらっしゃる方の「住まうことへの愛」をたまらなく感じました。36年も前なのよこれ。なのにそのまま残ってるなんて。
この家の玄関先の2畳ほどの空間で、従兄とトランプしたのも覚えてる。母は自立する前のごく短い期間住んだだけらしいけど、この2畳の空間で妹(僕にとっては叔母)と寝ていたとか。

残して欲しいなどとは思いません。いまの人が建て直して、その土地を活かして欲しいです。ただ再会できた幸せに、ほんと感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

おばあちゃん、検査疲れ

母(おばあちゃん)が検査続きで疲れている。

2月末に初診後、3/7にMRI、明後日3/19には腎シンチ、それを踏まえた診察が3/26。ほぼ毎週。もう少し散らしてあげたいのだが、僕も4月に入ったらおいそれと休めないの。では、かみさんに代わりに付き添ってもらえるか。かみさんは料理と歌うこと、文学的才能はあるけど、検査の意味を理解して医者とやりあうのは不得手。息子たちにもしわ寄せがいく。それならルーチンの家事に専念してもらったほうがいい。ルーチンを守ってくれるって、大変なこと。ありがたいこと。

病院が変わると同じような検査をやり直すことになる。医学は科学。一度で全て見える検査などないこと、自分たちのやり方で見た検査でないと診断を下しにくいのは承知している。でも八十路目前の母にはキツいよ。僕も耳の遠い母の耳になり、医師の言葉が母にわかるよう翻訳したり、診察室はじめ病院内ではそれなりにテンションあげてる。行き帰りの車の運転もある。待合室に仕事持ち込んでやってもいる。正直心が休まらん。僕も疲れた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

山崎大地『宇宙主夫日記』

先日の山崎直子さんの著者に引き続いて旦那さんの山崎大地さんの本『宇宙主夫日記』も読んだ。壮絶だった。直子さんのミッションスペシャリスト訓練が大変になった頃に発生したご両親の介護問題、育児。その中でのうつ病、離婚危機。
夢を追及するってやはり犠牲も大きいのだと、改めて感じた。そして今日、『週刊新潮』には2月に離婚したとの記事。次女が生まれたばかりなのにね。真相は家族にしかわからないから、これ以上は書かない。目立たず普通に家族を守って生きるだけでとても大変なことであり、尊いことだと身に沁みて思う。僕も亡父が家庭をかえりみるのが下手で両親が別居になった。だからやはり意気地無しにも、仕事より家族の笑顔のほうを優先してしまうことが多い。そちらのほうが暖かいし、楽だし。
社会の役に立つことと、いいお父さんお母さんであること、このバランスは、ひどく難しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

I'm here

I'm here
I'm so tired that I want to see and touch MARCO's spirit.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

雑誌買わなくなった

本屋に寄ったけど音楽雑誌・ギター雑誌にはほ~んと惹かれなくなった(^_^;)。買っても無駄だもん。その分立ち飲み屋で飲んだくれたほうがいい(^_^;)。

練習法とか載ってても、やりきれなければ全く意味ない。買った瞬間の「上手くなる夢想」だけで終わる。僕がそうやって買った音楽関係本、いったいウチにどれくらいあるのやら(笑)。音楽は耳がやるもの。耳コピでプレイするものしか、自分のモノにはならない。自分の耳に、頭に聞こえてる音を超える音は決して出せない。どんな高価な楽器持っても、な~んの解決にならない。雑誌買うぐらいなら、ラジオ聞いていい音楽に出会うほうがいいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

Time after Time

このTime after Time、すごくいい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山崎直子『夢をつなぐ 山崎直子の四〇八八日』

読んでいるうちに泣いてしまった宇宙飛行士の本なんて初めてでした。

うちの奥さんは勝間和代の成功談を聞くといつも不満を感じている。「お子さんたちの食事を、超多忙な仕事の中でどう用意したのか、子育てはどうしたのかが全然伝えられていない」と。1日24時間は誰にも平等、そのなかには人間である以上一定の「食う・寝る」のリズムは入れないと死んでしまう。ましてや子どもたちは、親がそのリズムを作ってやらなければマジで死ぬ。親がバカでクズの中、運良く生き残っても、グレるか心に傷を残すと思う。職業的な成功の「光の部分」だけでなく、その光を支えた「裏方の部分」がなければ、リアリティなぞかみさんも僕も全く感じはしないし、賞賛なぞ決してしません。世の中にカリスマなんぞ「決しておらん」のです。

山崎直子さんのミッションスペシャリストとしての訓練・仕事の背後での、旦那さんの主夫子育てや国際宇宙ステーション日本モジュール「きぼう」の開発にも携わっていた仕事の挫折、離婚直前まで行ってしまった危機。この本の中で綴られている。僕ら夫婦だって仕事と家庭の中の綱渡りで一生懸命生きているから痛い程わかる。バックアップの長かった土井隆雄宇宙飛行士のフライトミッションの時の山崎夫妻へのメッセージの一節で、僕ぁ山崎直子さんのフライト前の、クルークォータースでの家族の映像を思い出し、ついに泣いてしまったのでした。

実はこれ、図書館で借りた本なのね(^_^;)。
でもこれ、帰ったらすぐAmazonで注文しちゃおう(^O^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バスが来ない(T_T)

雨なのでバスにしようと思い、バス停へ。そしたら30m手前で行かれてしまった。時刻表みたら10分待たずに次のバス、ひとバス停歩いて、バスを待つことにした。

この判断、大ハズレだった。その後、バスが遅れて来ない。時刻表に書いてある7:55、8:05、8:15のバス、全部来ない。バス停離れた瞬間に来る時あるので、待ってたのに(T_T)。これ以上遅れたら遅刻する。別路線のバス停との中間の交差点に立ち、どちらか来たバスに乗る作戦に変更。そしたら待ってた方のバスが来た。あわててさっきまでいたバス停に戻り、乗車した。時間は8:20、もう遅刻ギリギリ(ToT)。
バス運転席の時刻表見たら、これ、さっき待ってたバス停の7:45のバス(^_^;)。めちゃくちゃ遅れてやがる。やられました。
このバス会社にはリアルタイム運行状況の携帯サイトがあり、見ようとしてたのだが、皆がアクセスするからかこの時間全く繋がらず、役に立たなかった。

来ない時は「間引いたろ?」ってくらい来ない。時刻表は無意味、携帯サイトも役に立たない、じゃたまらんわぁ。携帯サイトのサーバーパワーやらを上げてくれぇぇぇ(T_T)(T_T)(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

嬉しい拍手(ももさんの「遠い空」)

丸山ももたろうさん(ももさん)の「遠い空」って
ほんと素晴らしい曲なんだな。

仕事関係の討論会→飲み会が国分寺であった関係で、その後ちょろっとギターライブバー「クラスタ」に寄った。店のギターで鼻歌的に、「丸山ももたろう/遠い空」を、僕なりの歌い回しでかなりラフに弾いていたにもかかわらず、拍手をいただいてしまった。しかもそれまでされてたおしゃべりが止まった上で。 いちばんエライのはももさんの「遠い空」だけど(笑)、すっごい気持ちよかったな〜(^O^)。ははは、あまりに嬉しくて書いちゃった(^_^;)。

アマチュアライブによくあるような「お気遣いの白〜〜い拍手」じゃなかっただけにね(^O^)。改めてももさんの「遠い空」っていい曲です(^O^)

ももさんの「遠い空」
ご本人の演奏はYouTubeになかったんだけど、
こんな曲です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

This is 「MY TUNING」

今朝、ちょろっとギター(サンタクルーズ)で遊んでた。チューニングはレギュラー(6弦→1弦でミ・ラ・レ・ソ・シ・ミ)ではなく、オープンD6(6弦→1弦でレ・ラ・レ・ファ♯・シ・レ)。そしたらとても気持ちいいフレーズが、自分の指から生まれてきた。

僕が大学時代に作った「SORA」(→現在はソロギター曲『かけら』)って曲のチューニングもこれ。僕が一番遊べる「マイ・チューニング」なんだろうな。

改めてアコースティックギターの音色って好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

久々の焙煎

久々の焙煎
ガテマラSHBヘクターレアル、フルシティローストのつもりっす。
コーヒー切らしてたんだけど、最近集中できなくて、焙煎できなかった。久しぶりに朝、コーヒーが飲めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯ぎしり

結婚してしばらくの間まで、僕は歯ぎしりがひどかった。
でも結婚してしばらく経ったら一切それがなくなった。
今朝起きてかみさんとそんな話になった。
なんでだろうね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

15回目の結婚記念日

15回目の結婚記念日
なにせうちのかみさん、1回目の記念日すら、僕がワイン買って帰ったら「わぁ嬉しい。ところで今日なんかあったっけ(^O^)?」ってヒト(^_^;)。なので、こんなもん買って帰っても果たして意味あるかわからんけど(笑)。でも僕ら、結婚してからは15年だけど知り合ってからは27年だからなぁ。ちなみに今日はかみさんが、近くのOKストアでワイン買ったそうです(^O^)。

同居だけでなくこの数年、僕にもかみさんにも生きる上での大変さが増してきてる気がする。もう40代も半ばだしね。今年の結婚記念日はいつにもまして心に重荷を抱えて迎えてる。そういう時こそ、家族のぬくもりをありがたいです。僕ぁ甘えん坊だし。最近帰りが遅く、朝もできるだけ寝ていたいから、次男坊とのふれあいが欠けてるようにも思う。今晩はいったん忘れて、いろいろ荷をおろしておはなししようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満中陰志

1月に亡くなった宝塚の叔母の四十九日が終わった。従兄からその挨拶状と、後れ馳せながらウチの母が送った香典に対する御礼のお米券が2月29日に届いた。

熨斗紙には「満中陰志(まんちゅういんし、って読むのかな)」となっていた。

「中陰(ちゅういん)が満ちました。その志です」、四十九日の挨拶をこうも言うのね。中陰って「肉体は死んでも魂はまだこの世に残った状態」のこと。だけど思いを残してるのは死んだ人間じゃなく、遺族のほうなんだよね。死を認めて思い切るまでかかる時間が四十九日。だからこの時に踏ん切って納骨なんだし。だけどいまはそうした心の自然なリズムで生きられず、神経をマヒさせて、なんとか日を過ごしているのが、現代人の日常なんだろうけど。

単に「御挨拶状」でなく「満中陰志」。死を日本人がどう捉えてきたかがわかる、いい言葉だな、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

スコップ使い

ウチの前に建設会社の事務所がある。見た感じ、怖そうな人(笑)が社員さんなのだけど(^_^;)。しかし昨日みたいに雪が降った日はめちゃめちゃヒーローっす。事務所の前だけじゃなく、少し広い範囲の歩道を雪かきしてくれたそう。

建設業に携わる職人たちの、きれいに大量の土を短時間で処理する能力は本当に素晴らしい。昨年いわき市小名浜の永崎海岸に溝さらいボランティアに行った時にそれ感じた。この人たち5人いれば、単なるボランティア10人分くらいね仕事をしちゃうんだもん。比べて自分は本当に役にたたんかったなぁ。自分の人生の薄っぺらさをひどく感じましたわ。非常時にこそ役に立てる人たち、素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »