« 次男坊のお手伝い | トップページ | 立ち飲み屋にガキ連れてくるんじゃねえよ »

2012年4月 8日 (日)

脱力

以前、ギターは「触れるようなタッチで弾いた方がいい音が出るのに気づいた」って書いた。さらなる気づき。「クラシックのフォームの方が、少ない力でもで大きな音も出せる」「リラックスできる」ってこと。ギターを若干立て気味にして、弦を弾く指の運動が弦に対して斜めの角度にならず、直角に近いスタイル。

いままでも何度か試行錯誤して、クラシックのフォームを試してみたこともあったけど、今回は「力まぬことに気づいた」分、階段を1段登ったかな、って感じがある。
4/7の晩、そんなフォームでリビングでギター弾いてたら(また「遠い空」だけど)、カミさんから「上手くなったね」って。おかしい。ほとんど練習してないんだぜ。脱力して「メロディ歌う」ことが少ぅし出来るようになったのかもしれない。もう宴会ではギター弾いても(せいぜいオープンマイク的イベントまで)、ライブではやらない。だからこのギターって「道具」と無理せずじっくりと付き合ってやりたい。

クラシックのレパートリーはやりたいとは思わない。僕は音感が悪い。仕事なんざやめて、一つ一つの音に対する分析を何度も聞き直して徹底的にやらないと、自分が聞いてですら悲しくなる演奏しかできないもん。クラシックはひとつひとつの動きに、時間の中で淘汰されて残った意味があり、そして深い。努力積んだ天才の演奏は、本当に素晴らしいもんね。クラシックは「聞くだけ」にします。その方が身のためっす(笑)。

|

« 次男坊のお手伝い | トップページ | 立ち飲み屋にガキ連れてくるんじゃねえよ »

コメント

ご無沙汰してます。

そういえばヘッジスも、座って弾くときは全くクラシックスタイルですね。実を言うと、私もライブ初めてしばらくはクラシックスタイルで弾いていました。ご指摘のことに加えて、腰への負担が圧倒的に軽くなります。やはりリカンベント乗りとしては、腰の負担は放って置けませんから。

そういえば、ライブもまた遠ざかってしまいました。そろそろ場所を探しましょうかね。

投稿: スンギ | 2012年4月 9日 (月) 17時13分

スンギさん>
うん、ヘッジスのクラシックスタイル、僕もビデオでみた。またクラシックスタイルのほうがスタンディングプレイにも親和性があるように思う。クラシックのメソッドってやっぱりすごいね。
創造は天才にまかせます。まずスタイルを体現しようとし続けるだけで、文化の土なんだな、と思う。

投稿: さかた(Ton) | 2012年4月10日 (火) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱力:

« 次男坊のお手伝い | トップページ | 立ち飲み屋にガキ連れてくるんじゃねえよ »