« 花村萬月『自由に至る旅』より | トップページ | 聞いていただく意味 »

2012年4月15日 (日)

つたわらない

「わたし、ガンのステージが、ⅠからⅢにあがっちゃってるのね」

???

今朝、出勤前の忙しない時に、僕がワープロでタイプアップして渡したペーパーを読み直して、おばあちゃんが話しかけてきた。こないだ説明したのにもう忘れてる(-_-#)。

「あのなぁ、こっちのステージⅠの方は見つかった充実性の膿疱が万が一ガンだった場合考えられる『ガンの進行ステージ』、こっちに書いたステージⅢはクレアチニンなどの値から見た『腎機能値』だって。こないだ説明したじゃないか!(-"-;)」

「ステージ」と書いてあれば、みんな同じとしか思わない。かくも言葉は伝わらない。誤解を生むからこそ、文芸は存在する、とも思うけど。だけど、タイプアップしといてよかった。これ口で伝えてたら、さらに何度も言わなくちゃならなくなる。

明日は職場は休みだが、僕一人で県立がんセンターに紹介状をもらいにいく。午後は研究会。休みたいよお(T_T)

|

« 花村萬月『自由に至る旅』より | トップページ | 聞いていただく意味 »

コメント

推理小説で言うところの、叙述トリックってやつだね^^;

投稿: 近藤 | 2012年4月16日 (月) 23時28分

近藤>
言葉も音楽も、放った瞬間に受け手のものかもね。

投稿: さかた(Ton) | 2012年4月17日 (火) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つたわらない:

« 花村萬月『自由に至る旅』より | トップページ | 聞いていただく意味 »