« 全日空機のHard Landing | トップページ | 震災被災者支援音楽会in茅ヶ崎 »

2012年6月23日 (土)

手向け花

mixiで「10代の子4人乗りの大型スクーターが、転倒して3人死亡」のニュースに関する、友人のつぶやき読んで、ふと思い出した。

前に住んでたマンションの前で、この家に越してくるたった1週間前に死亡事故があった。高校生・飲酒・原チャリ二人乗り・メット無しが、一時停止なしで交差点に突っ込んだ。そこにやってきたタクシーにはねられ、さらにその対向車にもはねられた。で、一人死亡。飛ばされて歩道に倒れて、鼻血を出し、意識もなく動かない女の子の名を叫ぶ、一緒につるんでた友達の声が耳に残ってる。
けど、全く同情できん。ぶつかるハメになったタクシーの運転手さんが可哀想に思えた。下手をするとあれで仕事を失ったかもしれないのだから。そして、亡くなった女の子の親御さんを思うと本当にたまらない。

現場にはまだ手向け花がある。きっとその友達が供えてるのだと思う。だが、あれも近所からしたら迷惑な話だと思う。ずっとその場所に「死亡事故の記憶」が刷り込まれてしまう。地域にとっては忘れたい記憶だ。これは仲間内のマスターベーションでしかない。自分勝手な事故で迷惑かけた上に、死後も仲間内で地域に迷惑かけるんじゃない、と思う。月命日にずっと墓参するとか、迷惑をかけない方法はあるじゃないか。

僕も自転車に乗っている。気を抜いて人とぶつかれば自転車でだって簡単に人は殺せる。ほんと気をつけて乗らないとね。

|

« 全日空機のHard Landing | トップページ | 震災被災者支援音楽会in茅ヶ崎 »

コメント

おはようございます。今日はなぜかいい天気。梅雨の中休みにしては上出来です。

さて、全く私も同意見ですね。以前教員をやっていた頃ですが、同じように原チャリで事故って死んだ女の子の両親が記念文庫を作ってくれということで実際に作ったことがありましたけど、学校としてもちょっと迷惑な話ですね。本を寄付してくれるのはいいですけど、何も粗相をした生徒の名前をつけろっていうのはどうでしょうか。

ブログでもことあるごとに書いている話ですが、助手席のお子さんにシートベルトさせずに事故、お子さんがなくなった話を書いたのですが、これはさらに酷いですね。親が子供を殺したも同然ですから。霊媒師云々の番組で見たのですが、あまりの怒りにテレビの画面に向かって吼えていました。

投稿: スンギ | 2012年6月23日 (土) 09時41分

まあ、俺らは社会の中で生きて行かざる得ない訳だから、
社会のモラルやルールには従わないといかん訳だ。

個人の責任で全てが済む訳ではない…それもまた社会
なのよね。

投稿: italica | 2012年6月23日 (土) 21時43分

スンギさん>
気持ちはわかるけど「忘れないでほしい」も度が過ぎちゃうとね。自分にとってはかけがえない我が子でも、他からしたら「他人」なんだしね。
まだシートベルト忘れのお母さんの方が理解できる。お母さんって徹底的に子供から愛を要求されるから、信じられないものがふっと抜けたりするからね。きっとものすごく自分を責めることになるとは思うけど。

投稿: さかた(Ton) | 2012年6月24日 (日) 08時37分

itaちゃん>
自分こそだけど、10代って周りの動き・利害があまりに見えてなくて、多かれ少なかれ迷惑な存在でしょ。この子も死なないで、事故の責任とって学んで欲しかったっす。

投稿: さかた(Ton) | 2012年6月24日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手向け花:

« 全日空機のHard Landing | トップページ | 震災被災者支援音楽会in茅ヶ崎 »