« 自爆の追い討ち(^_^;) | トップページ | ここ数日のJOG再開で… »

2012年11月19日 (月)

アマチュア無線の思い出

小学校5・6年時の担任の先生が僕は大好きで、その先生の影響で興味を持ったアマチュア無線。いまは第4級・第3級と呼ばれる資格は、当時は「電話級」「電信級」と言った。
で、まず電話級に挑戦した。

僕はつくづく要領の悪い馬鹿なので、5年生のくせに正攻法の勉強をした。無線法規は教科書をノートに丸写し。無線工学も丸写ししつつ、いちいち理解しようと徒労をした。並列接続抵抗器の総抵抗値の計算は、通分ができないと解けない。その担任の先生に直談判して、学校の授業より早めに教わった。共振回路の共振周波数の計算式には、平方根が出てくるんだけど、当然5年生に平方根など???(^_^;)。でもなんたるかだけは「覚え」た。
6年生の4月期に電話級を初受験。見事不合格(^_^;)。もう一度猛勉強して、10月期に再受験(当時は年に二回しか試験がなかったの)。こちらで合格した。本当に飛び上がって喜んだ。あれほど「合格」が嬉しかった経験はそれからしてないなぁ。ほんと。

「どうせ試験に合格するわけない」とたかをくくって、両親は「合格したら無線機買ってやる」と約束しちまった。エライことにちゃんと約束守って買ってくれた。50MHz帯単バンド機のRJX-610でした。周波数変動の大きいじゃじゃ馬機だったけど、あるバリオームをいじると8wまで出た(笑)。自転車も無線機も80年代くらいまでのアナログなものは、こういうルーズさがあって好きですわ。この無線機はまだ押し入れのどこかにあります。親に買ってもらったファーストギター同様、やはり一生捨てられないかもね。また始めてみたい気もあるけど、経済的にも時間的にも無理だなぁ。

恥ずかしい写真、再公開^^;;

電話級アマチュア無線技士免許証(小学校6年生)です。
Denwa

電信級アマチュア無線技士免許証(高校2年生)です。
Denshin

両方とも無線局免許状申請にまだ使えるんだな、これが^^;;;

|

« 自爆の追い討ち(^_^;) | トップページ | ここ数日のJOG再開で… »

コメント

電話級の免許なつかしー。黄緑色で二つ折りのやつだよね。自分も丸刈りの写真で写っています(笑)

投稿: Real Man | 2012年11月19日 (月) 23時14分

Real Manさん>
僕らが免許取った当時で考えると、JA1コールの人たちみたいな免許証なのかね(笑)。
家にまだリグはあるんだっけ? ウチは次男坊がいろいろな工作に興味持ち出してるから、その関係で再開もアリかな、とは思ってます。アンテナ工作の再開なら2mも小さく作れていいかな、とかも思います。

投稿: さかた(Ton) | 2012年11月20日 (火) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア無線の思い出:

« 自爆の追い討ち(^_^;) | トップページ | ここ数日のJOG再開で… »