« この完走をまず爺!殿に捧ぐ! | トップページ | もっと焼き鳥はつらいよ さくら並木店 »

2012年12月 3日 (月)

箱根ターンパイクヒルクラ2012参加記

Kansousyou_2


ほんと下記の通り、つくづく仲間たちのおかげさまで、初ヒルクライムレース、愉しませていただきました。リザルトは、タイム1時間13分15秒、順位は305位(男子C・601名中)。たぶん100名くらいはDNSの人がいると思うから、中の下ってところなのかな。

前日、JINさんの2年前の参加記を読んだ。「爺!殿から「ず~っと9%が10km続く感じ」って教わっていた」「10.5kmポストぐらいで一旦ピーク」「残り3kmが変化の大きいアップダウンで面白い」「下りブラインドコーナーの先、100~200mガッツリ登り返してゴール!」これ、すごく参考になった。

ちなみにいちばん役に立たなかった笑えたアドバイスは
「砂のところ使ってそこで勢いつけて登ればええやん」
(byみ○ょ子さん→あなたからはその笑顔で元気をたくさんもらえました^_^

とにかく初のヒルクライム。この練習度で戦うなんておこがましい。ただ愉しんでやろうと思ってた。だから緊張感ゼロ^^;;。さすがに誰かさんみたいにレース中に写真撮るような余裕はない。コースも知らないし、ただひたすら6、7割のイーブンぺースで気持ちだけは切らさずに登り続けました。

爺!殿のスーパー整備、ハマりましたよ。愉しませてもらったいちばんの感謝は、まず爺!殿にですね(^^)。9速デオーレに変わって、ばっちりリア32Tに入る。これ、僕のようなお楽しみ参加者にはアタリです。34×28で登りつつ、疲れたら34×32に。そのままシッティングで行くと腰にくるので、時折34×26あたりかもう一枚重いギアに入れて、ダンシングで登る。5km以降は「34×32シッティング&34×26ダンシング」併用で、売り切れずに楽しく登れました。

僕なりのコース感想といえば「あざみの鳥の絵までの直登の雰囲気がほぼ延々と続く感じ」「道が広いから、抜かれるときの気遣いもしないですむ」でした。そういう意味ではすごくビギナー向けの大会なのかなと思った。

なんでも体験してやろうと思ったから、給水所はすべて利用しました^^;;。最初の給水所(4.5kmあたり)では梅ジュースもらって、2番目の給水所(9kmあたり)では、アミノなんとかをもらった。勝つためでなく愉しむために登るなら、ここボトルいらんわ。一口も飲まなかったもん^^;;。オールスポーツの撮影にも笑顔で「(^^)b」しまくってきました^^;;。紅葉を楽しむ余裕もなかったけど、途中左側に見える相模湾がきれいだったなぁ。それと「pirata」って別のチームが茅ヶ崎にもあるのね(^^)。別のpirataジャージを見つけて(^^)(^^)(^^)になりました。
写真であげた完走証は、誘ってくださった職場建物別組織の副ボスにとってきていただいてしまい^^;;、ほんとうは目下の僕が行かなければならないところを申し訳ないことになってしまいました。


さて下り、この大会でいちばんつらかったこと、
「とにかく寒い」(笑)。

下山開始時には粉雪舞ってましたから^^;;。かなり着込んだから身体はOKだったけど、指先がとても痛かったっす。それと普通にサドルに腰掛けたクラウチングの姿勢で下ると、首が痛い^^;;。だからコースの半分くらいからは、トップチューブに腰掛けて下ってました^^;;。ケツ痛かった。次出るヒルクライムからトップチューブに巻く座布団が欲しい^^;;、と思いました。

また下山に関しては、スタート直前に某坂バカどヘンタイさんから、メールでアドバイスが。

「登りより下山に注意。下り番長やら蛇行する輩がいるから」

なので僕は「誰一人下りでは抜かない。ひたすらキープレフト」を課してくだってきました。たしかにびゅーんとすっ飛んでく人、いたなぁ。ただ下手に事故起こしたら、大会自体がなくなっちゃうじゃん。マイナースポーツな頃から自転車乗ってるから、こういう機会、大切にしたいですねぇ。

改めて、愉しませてもらって、
皆様ありがとうございました! です(^^)。

|

« この完走をまず爺!殿に捧ぐ! | トップページ | もっと焼き鳥はつらいよ さくら並木店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根ターンパイクヒルクラ2012参加記:

« この完走をまず爺!殿に捧ぐ! | トップページ | もっと焼き鳥はつらいよ さくら並木店 »