« あざみと奥武蔵の日程 | トップページ | 阪神淡路大震災の日 »

2013年1月17日 (木)

腰が悪いって

腰が悪いって
最寄りのスポーツ整形外科に行ってきました。
膝で医者にかかったのに、診断は「腰が悪く、立ち方、走りのフォームにも前よりに体重がかかって、その負担から右膝を壊した」とのこと。なので受けた治療は腰の牽引(30kg)でした。投薬は上の写真のとおり、漢方の「疼痛緩和・筋肉ケイレンを抑える」薬である「芍薬甘草湯」。

診察では、まず身体全体の関節の動きのチェックを、「立って」と「診察台に横になって」行った。足はくるぶし、膝、股関節など入念に。可動範囲をチェックしてカルテに書き込んでいく。ここで右足付け根部分の可動範囲が若干小さいのが見つかった。そして腰から下、問題起きてる膝は当然だが、足底部までレントゲンを撮った。

その結果が背骨との結合部付近の骨盤の傷みだそう。前傾的に体重がかかってるようで、だからこそ、膝の前の方が炎症起こしたんでしょ、だって。この前傾気味の体重のかかりかたで、足のアーチも潰れ気味。立つ時も踵にもっと乗るように心がけ、ジョグの時も踵から着地するよう言われました。デスクワーク中も軽く腰を動かして固まらないようにしといてね、って。運動はまずはウォーキングからにしましょう、って。

次の診察が2週間後。その分の薬が出た。その間、二、三日にいっぺん牽引に来い、といわれたけど無理だわ。腰の牽引受けてたら、公園のウンテイ使って似たようなことできそうなので(脇で身体支えてブラサガル)、薬を毎日しっかり飲みつつ、それをやってみようかと思いました。

さて、どうなることやら。

|

« あざみと奥武蔵の日程 | トップページ | 阪神淡路大震災の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰が悪いって:

« あざみと奥武蔵の日程 | トップページ | 阪神淡路大震災の日 »