« 今日は16回目の結婚記念日 | トップページ | やっぱり今日も… »

2013年3月 3日 (日)

仕事の出来る男は…

仕事の出来る男は…
女房とはヤバい、は
嵐山光三郎さんの本のタイトルであったような(^_^;)。

人間の力量など人によってそうかわるもんでもない。その人の「業」で、不随意的にどこかに力が偏っちゃうだけにも思う。仕事に打ち込んで自然に四六時中考えちゃうようになれば、家庭になんか心が回らなくて当たり前。悲しいかな、そう自然になっちゃう人が、はじめて世の中の役に立つんでないかいな。
例えばまともな医師の家族など、こうしたことを覚悟できてないと、つとまらないだろうな。きっとどんなに稼げても、割には合わんと思う。だからこそたくさんの人々の命の窮地を救える。

上の写真は、1日遅れでの、かみさんへの「結婚16年ありがとう」の花です。こんな気遣いしちまう僕は、「かみさん大好き」が「業」ですわ(キッパリ(^_^;))。家庭ぐらいにしか役に立ちません(笑)。

あ、そのかみさんは「自分自身こそが大好き!」な
アーティスト気質ですね(^_^;)

|

« 今日は16回目の結婚記念日 | トップページ | やっぱり今日も… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の出来る男は…:

« 今日は16回目の結婚記念日 | トップページ | やっぱり今日も… »