« 歴史見っけ | トップページ | 爺!sTONさんを室内置きに »

2013年5月13日 (月)

母を手術室に「いってらっしゃい」しました

母を手術室に「いってらっしゃい」しました
今回は正装(バイクジャージ^_^;)ではありません(笑)。

難しい術式じゃないから心配はないっす。最も僕ぁ、こないだの腎臓ガン手術も、かみさんとクレーンランチしてて、執刀の先生の術後説明を待たせたフザケた野郎ですが(ナースステーションには居場所伝えといたんだけどね)。
ところで今回は再々手術。ヘルニアを防ぐパッチがもうはずれないといいが。トシだし、固定先の筋膜も弱くなってんだよね。医師は頑張ってくれてるんだけど。

45年前、兄(死産)と僕を産んでくれた帝王切開創部分が弱くなってのヘルニアだからなぁ。こりゃあ、付き添いわずばなるまい。
出て来るまでの時間、
まさか飲みにいくわけにいかんしなぁ(((^_^;)

上の写真は母の日に、
かみさんがおばあちゃんに持ってきてくれた花です(^O^)

|

« 歴史見っけ | トップページ | 爺!sTONさんを室内置きに »

コメント

いま出てきました。ふたまわり大きめのパッチで蓋をして、まずこれで再々々発はないのでは。しかし身体が相手なので「絶対」はない。それは仕方ないです。
まだ全身麻酔のリカバリーでまどろんでるので、言葉を少々交わせるようになってから、無理させないためにも、帰るつもりです。
今夜は長男も修学旅行から帰ってきます。だから帰って飲みます(^_^)v

投稿: さかた(Ton) | 2013年5月13日 (月) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母を手術室に「いってらっしゃい」しました:

« 歴史見っけ | トップページ | 爺!sTONさんを室内置きに »