« 50歳でフルマラソン! | トップページ | しばさんち・伝説のむろちゃんさんち・つらいよJOG »

2013年5月 2日 (木)

自転車って、肩身狭い

こないだの平塚ポタの帰りのこと、長男と、ある交差点の歩道に自転車を乗り入れて止め(ガードレールに寄せて)、ちょっと話をしていた。その交差点にいい石仏があったので。
長男は歴史・地理が好き。こうして一緒に出られた時は格好のフィールドワークの機会。江戸時代の交通についてとか、結構楽しい議論になる。歴史や地理は暗記のお勉強じゃない。こうやってフィールドに出て考え、議論を膨らませるのが最高に楽しいの(^O^)。例え数百年前のことでも、きっちり「モノとして」、あるものはそこにあるんだから(^O^)。

でもね、こんなことしてたらその前の店のおじいちゃんが出てきて、親子して叱られてしまった。

「いいかい! 自転車は車道を通るものなんだよ。
歩道を通るんじゃない!」って。

「僕らは止まってるだけです!」とは喧嘩せず、「すみません。恐れ入ります」と僕がひたすら謝ってその場所を離れた。

つくづく自転車って肩身の狭い乗り物だと思う。
車道にも歩道にも、中途半端に居場所がない。ましてや僕らロードバイクに乗っている人間は、スピード出るだけに周りからはかなり怖い存在のはず。TPOを神経質に感じないと、いつ走れなくされるかわからない。

だけど、この直後、
長男が僕につぶやいた言葉は最っ高に嬉しかった。
「あのおじいちゃん、前にきっとすごく嫌な思い、したんだろうね」
って。
叱られたことに腹を立てるのでなく、相手の立場に立てる言葉を口にできたのは、もう最高に素晴らしい!

このブログでは僕に叱られるシチュエーションで登場することの多い長男(だから次男坊より記事数は多い^_^;)。いい心に育ってます。親ばか通り越して馬鹿親で結構。こいつ素敵です!

どっちにせよ、僕は父親として長男にも次男坊にも、いつ殺されてもいい覚悟でぶつかってます。「許す」といういちばん深い愛は、かみさんが担当してくれてるからね(^_^)v。

|

« 50歳でフルマラソン! | トップページ | しばさんち・伝説のむろちゃんさんち・つらいよJOG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車って、肩身狭い:

« 50歳でフルマラソン! | トップページ | しばさんち・伝説のむろちゃんさんち・つらいよJOG »