« またプチトレラン | トップページ | 関西に行きます »

2013年5月 9日 (木)

耳を使わないチューニング

押尾コータローさんがNHK教育でやってるギター講座のテキストで、「チューニングの方法」での時代の変化を感じた。

コラムで「チューナーを使わないチューニングの仕方」が、その1・その2と2つに分けて紹介されてる。このコラムで紹介されているのは、僕らから上の世代が慣れ親しんだ、音叉と各弦をハーモニクスやらで合わせていく方法。しかしつまりは「チューナーを使わない方法『も』あります」って編集方針。もう今は、チューナーを使うことが一般的なんだね。

前も書いたけど、チューナーだけ使ったギターのチューニングは、そういいこととは思わない。

チューナーの表示の見方も、弾き手が几帳面なやつはきっちり表示のセンターを取るけど、いいかげんな奴はちょっと傾いてもOKにしちゃう。弦一本一本をチューナーの表示で合わせていっても、和音鳴らしてみたら、ハーモニーのイントネーションが絶対おかしいのがギターって楽器。チューナーで合わせた後、各弦間でハーモニクスやオクターブで合わせ、和音鳴らして気持ちいいハーモニーが出ることを確認しないかぎり、ギターは「音楽ができる状態」にはならない、と僕は思う。チューナーチューニングのままだと「依然、雑音発生器」でしかない、んじゃないか。

楽器って耳で弾くものじゃないのかなぁ。
数値や針の動きの目視確認でなく最終的に耳で確認しないと、音楽にはならんと思うんだが。

|

« またプチトレラン | トップページ | 関西に行きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳を使わないチューニング:

« またプチトレラン | トップページ | 関西に行きます »