« 館林の居酒屋で | トップページ | 寅さん »

2013年7月16日 (火)

「Leave me alone」のシンクロ(^O^)

心がパンクして自宅のある南関東にいたくなかった。
なので、北関東に逃げ出しました。
館林に行って久々に「をーつきさん」と飲もうと思い、Facebookのメッセージでアポを取り合った。さて館林をゴールにどこから走ろう。で、10kmほど手前の埼玉県の羽生駅からジョグしてきました。
130715map

Googleマップで見た羽生・館林の位置関係を頭に叩き込んで地図は持たない。「東武線橋梁の西隣に利根川を渡れる橋があり、北に走ればたどり着ける」だけで、あとは方向感覚だけで走った。
北関東と南関東では民俗も違うから、走ってて見られる景色も新鮮で楽しい。ジョグだと自転車で見落としちゃうものも見つけられるからね。
利根川を渡るR122の昭和橋のたもとでは、期せずして日光脇往還の川俣宿跡を通り、足尾銅山鉱毒問題で衝突のあった「川俣事件跡地」なんてのも見つけた。調べていかない楽しさはこれ。調べたとおりに走るなんて、つまんないんだわ。
130715_145202
館林でもゴールは当然「銭湯」です。
「梅乃湯」さん(館林市仲町)ですが、文化財級の古さでしたね。
130715_162601
開店直後に入ったけど、ひっきりなしにお客さんがくるの。脱衣場もロッカーなんかなくて乱れ籠(^O^)。とってもレトロ。ゆっくり入ろうと思ったけど、あまりにお客さんがひきも切らずに来るので、湯船&水浴び2セットで出ましたよ

その後、久々にをーつきさんと飲みました。この人は、ポール・サイモンが好きでマイケル・ヘッジスが好きでアコースティックギターが好きで自転車が好きでヒコーキが好きで。とても他人とは思えない人なのだ。

をーつきさんが仕事で住んでた、イギリス(マンチェスター)とフランス(グルノーブル)の土地の人の気質の話から、英語・フランス語から朝鮮語まで広がる言語論。
つつけばいくらも出てくるわぁ(^O^)
そして互いに同じ曲を耳コピ&採譜しあった、丸山ももたろう論は、その音楽を耳で採って譜面に起こし視覚化するという行為をしたもの同士だからこそ感じるシンクロ感が、最高に幸せだった。ももさんを起点にヘッジスや岸部眞明さんへも話題は飛ぶが、お互い全て自分で弾いてみて身体化したものが話題、言葉にならない部分が感じられる幸せな時間でした。

をーつきさんも僕も、お互い社会生活に不器用な「Leave me alone」なスピリットをもつ、一人っ子なんだよね(^_^;)。だから近寄り過ぎたらお互い変人同士できっとウザったいだろう(^_^;)。しかしこうしてたまに会って話すと、すごい元気をもらえましたわ。

またしばらくしたら飲もうね(^O^)

|

« 館林の居酒屋で | トップページ | 寅さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Leave me alone」のシンクロ(^O^):

« 館林の居酒屋で | トップページ | 寅さん »