« 子供だなんて、ばかには出来ない | トップページ | 雨ふりナイトジョグ »

2013年8月 1日 (木)

カテゴリー超級の80歳峠

おばあちゃん(母)のかみさんへのイヤミが、最近ひどいらしい。
手術した腎臓のためには、低たんぱく・低塩分の料理が必要。しかし肉なども小さくなるし、味も薄くなる。食べた満足感も薄くなる。多少貧血気味にもなる。

かみさんは気をつけて料理を作ってくれているが、それで出された料理を見て、母が怒りだす。「○子さんの料理食べてたら、栄養失調になる!」 で、コンビニにツナマヨのおにぎりを2つくらい買いに行って食べる。先日のおろし豆腐ハンバーグの時は自分でデミグラスソース風に変えて食べてた。するともたれてお腹が痛む→先日の突然病院付き添い、といった具合。

かみさんも頭に来て、昨日か、1日一切口を聞くのやめようとしたらしい。そしたら、母の短歌ノートに「ハンバーグが悪いのか、私の老いが悪いのか」と書き付けてあったのを見てしまった。母が老いと戦ってるのを感じて、「口聞かない!まではやめよう」と心を変えたそうだ(ほんとかみさんに感謝m(_ _)m)。

いままでは気をつければ身体は快方に向かった。しかし治らないんだよね。努力が通じない。食べてストレス解消しようとしても身体が受け付けない。いままでとは本当に違う「80歳の峠」で、母は必死に戦っているようだ。
かみさんも「身体に良かれ」と思ってやっていることに、腹を立てられてしまう。本当にたまらない。

|

« 子供だなんて、ばかには出来ない | トップページ | 雨ふりナイトジョグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カテゴリー超級の80歳峠:

« 子供だなんて、ばかには出来ない | トップページ | 雨ふりナイトジョグ »