« 今晩、おばあちゃん、大丈夫だといいが | トップページ | とりあえずエアコン室外機は掘り出した »

2014年2月14日 (金)

女にそれほど「情」はない

安珍・清姫伝説に思う。これは清姫が安珍に許嫁と騙された嫉妬のあまりに、安珍の逃げ込んだ紀州道成寺の鐘に蛇に化身して巻き付いて、口から吐き出す業火で焼き殺す話。
最近仕事でこの物語に付き合ってて思うけど、女ならこんな無駄な力、絶対使わない(^_^;)!と思う。女にそんな「情」はない。女にとって我が子は自分自身だし、未来に向けた分身だから守るが、現時点もしくは未来に向けた心地よさや充実感以外は不必要と考えるのが女だと思う。清姫のように過去に拘った怨恨を持つのは、たいてい男(笑)。復縁を断られて、相手を殺す事件も、たいていは男が犯人でしょ♪  女なら、さっさと次に行くもん(^○^)。「女々しい」って言葉も、男の嘘だよなぁ。正しく書くなら「男々しい」(^_^;)、もしくは「男らしい」と書いて、現行の「女々しい」の意味に当てるのが、正しいと思う。

|

« 今晩、おばあちゃん、大丈夫だといいが | トップページ | とりあえずエアコン室外機は掘り出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女にそれほど「情」はない:

« 今晩、おばあちゃん、大丈夫だといいが | トップページ | とりあえずエアコン室外機は掘り出した »