« 次男坊、ダウン | トップページ | ウチに金魚がやってきた »

2014年8月 1日 (金)

「食わしてやってる」「なにして食っていくんだ」

これ亡父の言葉。僕のコンプレックスの元凶である。
とにかくこの言葉が嫌で、さっさと家を出たかった。
だから就職して1年金貯めて、一銭も経済的援助を受けずに家を出た。「子は鎹(かすがい)」で、僕が出たら、両親まで別居しちまったけど(^_^;)。亡父は自分の女房(僕の母、ウチのおばあちゃん)にまで「食わしてやってる」を言ってたからね。女房は後方支援してくれるパートナーなのに。
いい反面教師にはなった。「食わしてやってる」「なにして食っていくんだ」、僕はかみさんや息子らには言わない。それよりも素直に好きなことを、一生懸命やってごらん、と言っている。そうすれば何か食べる方法(他人様のお役に立てること)は見つかると思う。
そんなふうに、自分に対しても考えてやってもいいんだよね。「原点に戻って勉強しなおしてみてるよ」と言ったら、長男にも「凄くいいね」と言われてしまった。かみさんから聞いたところによると長男は、「お父さんはギターをちゃんと弾くべき。『走ったりなんかする』より100倍いい」とも言ってるんだって(^_^;)。うるさいわい(^O^)。

走るのはやめんぞ(笑)。「心の消しゴム」に最高だし、自分の足でいろいろ見に行く楽しみが拡がった(^O^)。7月のジョグ距離はこないだアップした写真の通りで打ち止め。次男坊の発熱が落ち着くまで火水木と走れなかったので、104.6km でした。このくらいで無理せず走り続けたいものです。

1406846594270

|

« 次男坊、ダウン | トップページ | ウチに金魚がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「食わしてやってる」「なにして食っていくんだ」:

« 次男坊、ダウン | トップページ | ウチに金魚がやってきた »