« シロメダカはすべてバケツ水槽へ | トップページ | FOLIOスポーツサングラス »

2014年10月 8日 (水)

話聞いてあげりゃいいだけのことなんだよね

話聞いてあげりゃいいだけのことなんだよね
昨晩おばあちゃんと口論した。だけど単に真剣味のない相槌打って、話聞けばいいだけなんだよ。おばあちゃんには不満だけあって、毒ガスさえ抜けば具体的解決なんかいらないんだから。だけど僕も疲れてると、「何して欲しいのか」が先に来ないと、腹立っちゃうんだよなぁ(^_^;)。

後でかみさんに聞いてやっとわかった。介護保険関係の申請で、ウチ担当の地域ケアマネさんからの電話が原因だった。前回の申請で書類書いてくれた、おばあちゃんの腎ガン手術の執刀医、K大学病院のF先生が「5月の検査結果で今の書類は書けない。かかりつけのN先生に書いてもらって欲しい」と拒否したことが発端。それで自分の思い込みから
「全く大病院の先生は冷たい」と腹立ててただけだった。
確かにぶっきらぼうな先生だが、これはF先生の判断が正しい。もうおばあちゃんは腎ガンはとうに脱しているし(あとは死んでも寿命です(^_^;))、いまの検査も経過観察。介護保険の書類にコメントするなら、かかりつけ医が正しい。それに5月の検査データでいま書け、ってのも無理な話だ。確かに老人へのF先生の話し方はヘタクソ。診察のときあんなに早くしゃべったら、ジジババは5%も聞き取れない。だけどあの病院だと、さっさと次々回してかないと仕事にならんとも思う。「まず不満のダラダラぶちまけが先にあって結論が後」の、サンデー毎日な老人の話になんか付き合ってる時間なんかない。

さぁ今晩はオレ、話を聞けるだろうか?(^_^;)
飲まなきゃやってられません(^_^;)。

|

« シロメダカはすべてバケツ水槽へ | トップページ | FOLIOスポーツサングラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話聞いてあげりゃいいだけのことなんだよね:

« シロメダカはすべてバケツ水槽へ | トップページ | FOLIOスポーツサングラス »