« メダカ稚魚を本水槽へ | トップページ | 日本語の歌の歌詞ってウザイ(^_^; »

2015年6月10日 (水)

John Lobbに行ってみた(笑)

John Lobbに行ってみた(笑)
高級どころぢゃない最高級の紳士靴「John Lobb」。
僕の紳士靴師匠に「一度味わっておくべき(^_^)」と
アドバイスを受け、丸ノ内の同店に行ってみた。
しかし自らの田舎者コンプレックスに負け(笑)、
スタンダードモデルの「city Ⅱ」だけは
じっくり眺めただけで、帰りました(T_T)。

千葉出張帰りに丸ノ内へ。
Facebookに「John Lobbの前に来ました」と、
書いたはいいが、ココロがフリーズした(^_^;)。
他にお客さんがいないんだもの(笑)。
まわりも超高級店ばっかり(^_^;)。
おまけに昨日着てたのはクールビズに、
雨対策&出張先で歩いていろいろ見るための
ウォーキングシューズ(^_^;)。完全に田吾作(笑)。
さっきあげたFacebookの記事コメントに
「入れないよぅ(T_T)」と泣きを入れました(笑)。

そしたら師匠が「もったいない!」とコメントくれて
背中を押してくれて、何とか入って、眺めることは出来た(笑)。
city Ⅱを「どうぞ、お手にとってご覧ください(^_^)」と、
綺麗な女性店員さんに言われたけど。怖くて触れない。
だって靴が「じゅうななまんえん(税抜)」ですよ、奥さん(^_^;)。
完全敗北でした。でも店に入れただけ、俺を褒めるわ(笑)。

帰りに思い出したのは、親友K藤とお茶の水で、
初めて高級アコースティックギターの
マーティンD-45を弾かせてもらったときのことでした。
それまで何本か別の店で
ヤマハの15万円クラスを弾かせてもらって、
「いいなぁ」とか言ってて入ったのは、
シモクラセカンドハンズ。
ダメもとで「あの壁にかかったD-45を弾かせて」
と言ったら、「いいよ(^_^)」と言われてしまった。
音色も音量もタッチへの反応の繊細さも、
それまでのすべての10万円クラスの
ギターの印象が吹き飛びました。

靴は履いてみないとわからないは、
弾いてみないとわからないギターと一緒だと思う。
きっと履けばこんな出会いがあるんだろうなぁ。

昨日は下見でいいです(^_^)。
これから先、スコッチグレインを履いて
1年経ったぐらいの頃に、もう一度行きたい。
その時は、きっと試し履きさせてもらいます(^_^)。

|

« メダカ稚魚を本水槽へ | トップページ | 日本語の歌の歌詞ってウザイ(^_^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: John Lobbに行ってみた(笑):

« メダカ稚魚を本水槽へ | トップページ | 日本語の歌の歌詞ってウザイ(^_^; »