« 頼りになる息子たち(^_^) | トップページ | 「てぶくろを買いに」ぢゃなくて(^_^;) »

2015年9月25日 (金)

東京物語

僕が同居の実母(おばあちゃん)のことを書くと、「まるで小津安二郎『東京物語』の、長男・長女夫婦だな」と感じる。とにかく冷たい。「老人の長生きは罪だ」とまで、僕は書いたりする。

『東京物語』を見たのはもう25年以上前。見た後味はよくなかった。だけどいま、この長男・長女夫婦を、僕は批判できない。尾道から出てきた親への冷たいあしらいもいま守っている生活があるからこそ。ひとつの愛を守ろうとしたら、なにかは必ず手に余る。相手は悲しい思いをする。哀しいかな。
守るものがなくなって余裕があるから、原節子演じる、戦死した次男の嫁さんは優しくなれる。

いまはかみさんも僕も、家でTVの前に座ってゆっくりDVDとか見る時間、全くない。子育てや家事、自宅仕事をできるだけ両立しようとするとね。まぁ家庭などという矮小で面倒なことは全てかみさんに押し付けて、僕だけは仕事を盾に優雅に文化を味わえばいいのだが。単なるいい子で、ケツの穴が小さく、意気地も追究の業も少ない僕はそれができなくてね。

「二兎を追うものは一兎をも得ず」 家庭か仕事のどちらかを手放さないでいると、こうなりそうだけど、ま、仕方ない(^_^;)。その程度の人間っすから。
口汚く、しかし家族の手は離さない、で、これからも続けようと思います。

|

« 頼りになる息子たち(^_^) | トップページ | 「てぶくろを買いに」ぢゃなくて(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京物語:

« 頼りになる息子たち(^_^) | トップページ | 「てぶくろを買いに」ぢゃなくて(^_^;) »