2014年1月 3日 (金)

おねんが

おねんが
どうせあのヒトしかわからんシャレだけど(^_^;)。
今朝のジョグで撮影。
距離9.93km、平均ペース6分44秒/km でした。
RunKeeperがバグったのか、
昨日のジョグが何故かFacebookにUPされません(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

イルミネーション

イルミネーション
2011.3.11を忘れたの? と思ってしまう、ひねくれた自分がいます。アーティストたちが愛を叫ぼうが、人間はソドム・ゴモラな生活は、自分からはやめられない。早晩滅びるんだから、飽食した奴の勝ちかとは思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

Facebookで見た記事、拡散します。

 

Facebookで見た鎌田博さんという方の記事、拡散します。
とう言う僕は電気を使って、情報を拡散しているんですよね。。
 
----------------------------------------------------
 
みなさんにお願いがあります。この情報をみなさんの力で拡散願います。

本日、今も福島原発で働く東電社員と懇談してきました。驚愕の事実が分かりました。

東電社員及び家族の補償の打ち切りが決まったそうです。昨日説明会があったそうです。
説明会は紛糾し、会社からは異議があれば裁判を起こせばいいだろうと言われたそうです。
また、説明会の資料は外部に絶対に公表しないように言われたそうです。福島原発で働く社員の多くは警戒区域に住まいがありました。いわば町の人間なのです。
補償の打ち切りの理由は、借り上げ住宅が借りられたのだから精神的苦痛はないとのことでした。彼らは住まいを奪われ、家族を失いながらも、あの震災当日に命を削りながら働いた人間達です。そして、これからの福島原発の収束を支えていく人間でもあります。

10月に家族分については補償すると約束したのは東京電力です。しかし、2ヵ月もしないで反故にしたのです。彼らも被災者であることは明白です。いうなれば被災者への侮辱になるのです。

私の友人は本気で会社を辞めると言っていました。怒りよりも悲しいと・・・・
何の為に今まで頑張ってきたのか分からないと。
自分はまだしも家族まで補償されないことがつらいそうで、離婚をしてなんとか家族だけでも救えないかとも考えていました。
彼らは原発設備のプロです。彼らの尽力なくして原発の収束はありません。
想像してください。やる気もなく、会社に恨みのある人間が原発を扱うことを。彼らは原発をメルトダウンさせることもできてしまうくらいの知識はあります。

私が恐れていた事態が起きてしまいました。
東京電力に断固抗議します。

また、広野独身寮(通称Jビレッジ寮)を東京電力は仮設住宅並みの設備を整えていると言っています。うそです。スーパーハウスを安っぽくしたプレハブ寮です。風呂もシャワーしかありません。トイレは仮設トイレです。車の持ち込みも禁止。人間が暮らす最低限度しか整っていません。
そこに友人が何十人といます。今日あった友人は顔つきが依然の顔とはかけ離れていました。そして皆が命を張った結果がこれかと、なかば頭がおかしくなっています。
東京電力社員で高給与なのは、上の人間だけです。原発は地方採用の人間(高校卒)がおもです。30代で400万ほどの年収です。命を削り、人間的生活ができず、会社の上層部の判断により起きた原発事故で生活を失しなった人達が、これしかもらえてないのです。

こういった人間が何百人もあの福島原発にいるのです。彼らが辞めたら、原発の知識も薄い人間が福島原発を収束していくことになります。改めて、東京電力という会社の暗部を知ったしだいです。彼らは給与という足かせにより、強制労働させられているといっても過言ではないでしょう。

私は今までの投稿で拡散希望など書いたことはありません。しかし、今回の件については怒りを禁じえません。お願いです。彼らを救うきっかけになる可能性を信じ拡散願います。
断言します。近い将来このままでは福島原発は最悪の結果が訪れます。社員を守らない会社に未来はありません。会社が社員をかえりみず、会社の存続だけを考え、最低責任である補償すら果たさないのであれば、それは破滅を加速するだけです。

もう一度言います。
東京電力は命をかけた人間に、いやなら裁判を起こせと言いました。これ脅しですよね。

友人はそれでも「頑張る」と言いました。私は悲しくなりました。「頑張らなくていいよ」と言いました。とても切ないです。

たった2年でこれです。あと東電試算でも廃炉までに35年かかります。どうかよろしくお願いいたします。みなさんのお力を貸してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

たしかにすげえぜ

たしかにすげえぜ
クレーンにたしかに萌えます(^O^)
母の検査終了。北里大学病院8階レストランに、僕も母といます。
2回の腎シンチ検査、納得しました。県立がんセンターのが静態シンチ、今度のが動態シンチですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

鉄塔見学会後…

鉄塔見学会後…

立川でこんなんなってます(^O^)

あ、そうだ…。

明日、ボク、休み、なんです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

谷村線廃棄鉄塔見学会

Dscn0741

2/25(土)に写真の鉄塔(谷村線廃棄鉄塔)の見学会が行われます。案内者は僕^^;;、多摩地域史研究会第77回例会の見学会です。集合は13:30に京王高尾線狭間駅です。お知らせまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

丸に四つ鐶に四つ目

丸に鐶四つ目
これがウチの紋「丸に鐶四つ目」です。うちの墓についてます。墓は八王子の高尾にあります。朝から高尾で谷村線鉄塔探訪をしたので、せっかくだから墓参りしました。この墓からは新宿高層ビル群やスカイツリー、遠くは筑波山まで望めます。今朝もきれいでした(^O^)。

鉄塔探訪は大収穫がありました。山林の麓に行って谷村線廃棄鉄塔を眺めてると、その鉄塔へのアプローチルートにあるお宅のご主人が出ていらした。気さくな方で、その鉄塔の来歴や見学会で麓まで登りたい旨を説明。さらに話すとこのご主人がなんと「アマチュア無線家」であったことも判明。144MHz・FMでのEスポDX通信の面白さの話なども伺い、こうした産業遺産への興味もツーカーで伝わってくれました。こういう時もあるんですね〜。おまけに電線がついていた時代の証言までいただけた。感動の大収穫ですわ。いい見学会にしたいもんです(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

久々の谷村線鉄塔探訪

2007年頃に探訪しまくった谷村線。仕事関係の方に話したら「産業遺産としてオモシロイよ。見学会やろう」ってことになっちゃって、昨日、下見に行ってきた。で、歩いたコースは下記。13kmほどかな。

Map_yamura

以前中沢林道では345番鉄塔までは調査したが、今回はその先まで行った。そしてこの地図の中にある、1・2・3のカメラアイコンのポイントで下の3つの谷村線廃棄鉄塔に出会った。これはいままで未調査だったもの。写真左から1、2、3です。

Dscn0545 Dscn0546 Dscn0550







この谷村線廃棄鉄塔の調査には素晴らしい労作がある。Google Mapに、地図調査や実踏調査の成果をプロットした「旧谷村線原型鉄塔地図」。昨日はこの成果を元に見に行ってきたものです。しかしやっぱりこういうモノ調べるってヘンな人なんだろうね。双眼鏡持って鉄塔番号などをつぶさに見ていたら、「何してんだ」と訝しげに尋ねられたもん。

大正2年に桂川電力が建設した、日本初の77000V高圧送電線である谷村線。この鉄塔の発注を受け製作したのは石川島造船所とのこと(『関東の電気事業と東京電力』2002年より)。昭和30年代末に役目を終えた後、電線は外されたが何故か鉄塔は、場所によって廃棄されずに残っている。いったい何故なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

停電区域をミクロにプロットしたら…

今晩(18:20〜22:00)自宅付近が、第4グループで計画停電予定。昨日は同じ時間帯で国立の職場付近や、八王子駅周辺が停電していた。ついに本気できたな。経済の血流たる鉄道を動かしてるしなぁ。

同じ町でも停電するとことしないとこがあったりする。東京電力も行政区画ごとに電線敷設してったわけじゃない。そして「町・丁目」単位の行政区画も、明治以来ずいぶん線を引き直してるところもある。ひょっとしたら、この停電区域をミクロに地図上にプロットしてみたら、東京電燈(東京電力の前身)以前のたくさん電力会社があったころの敷設エリアが見えたりするんじゃないかとか、思ったりもする。以前、大正期敷設の谷村線鉄塔を追いかけた時、現在の送電網に踏襲されてるのか確かめたくて、送電系統図を見られないか調べてみた。でもテロ対策で無理なのね。

同じことは電話の市外局番区域の変遷にも感じちゃう。現在の市町村域ではなく敷設の歴史が見えるようだ(^_^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

改めて、霊峰

Dscf0159_3 写真の富士山&大山は、海老名市社家辺りの田んぼから撮ったもの。改めて霊峰だなと思う。ここではこんな感じに見えるけど、JR埼京線の戸田公園駅あたりからだと、足下にかすかに大山を従えた、遠景ながらも悠然とした富士山が見られる。関東平野の各地からこれだけしっかり見えるんだもの。信仰の対象にもなるわな。
最近、輪行を多用するようになって、また自転車に興味が振っている。トロトロ走っても散歩より距離が稼げる(いろいろ見られる)。今日は15時頃まで、カミさんと協力して家事やったあと、3時間ほどださせてもらった。新昭和橋で相模川右岸に渡って猿ヶ島を通り、戸沢橋まで堤防に近い場所を走った。そして戸沢橋で左岸に渡って海老名駅まで戻る28kmほどのポタリング。で、海老名駅から輪行した。

Dscf0148_2 久々に電極観測鉄塔隊もした。これは相模川左岸の渡河点に立っている4導体の秦浜線の鉄塔。渡河するために送電線の高さを稼がなくてはならないので、ひときわ高い。20ウン年前に一度これ、台風か何かで倒れたことがあったんじゃなかったっけ。近寄ってみると現在は鋼管製のかなり頑丈な鉄塔になっている。

さて、今度はどっち方面に輪行しようか。
数時間しかなくても知らない道へのアクセスがとても楽になって、ワクワクできるようになった。それが嬉しい。
Dscf0158

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧